--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/04/16

パット・ブキャナン「ニクソン大統領生誕100年を祝う(続き)」

Now, consider the city he came to, and the hostility he found.
The nation had been torn apart by a half decade of assassinations and riots, crime and campus anarchy. Thirty thousand American were dead in Vietnam, and half a million U.S. soldiers were tied down in an endless war. America was coming apart.
さて、ニクソンのやってきた街と、かれに対する敵意の様子を思い浮かべてみてください。
国家は、暗殺と暴動、犯罪と大学キャンパス騒動に明け暮れた5年ほどを経てすっかり分裂していました。ベトナムでは3万のアメリカ人が死に、50万の兵士が行く末定まらない戦争に駆り出されていました。アメリカはずたずたになっていました。

Richard Nixon was the first president since Zachary Taylor to take the oath with both houses of Congress against him. The bureaucracy was deep-dyed Democratic. The press corps was 90 percent hostile. The Warren Court was at the peak of its power. And the Best and Brightest who had led us into Vietnam were deserting to join their children in protests against what they suddenly discovered was “Nixon’s War.”
リチャード・ニクソンは、ザカリー・テイラー以来初めての上下両院の多数が反対党である議会と向き合う大統領となりました。官界には民主党支持者が深く根をおろしていました。報道陣は90%が敵方でした。ウォーレン法廷[訳注、リベラルなアール・ウォーレンが長官を務めた1953-69年の連邦最高裁判所のこと]華やかなりしころのことです。国民をベトナム戦争に引きずり込んだエリートたちは、とつぜんこの戦争が「ニクソンの戦争」となることを発見して、息子たちの抗議行動に合流するために戦争を見限りはじめました。

As the presidential limousine came up Pennsylvania Avenue after the inaugural, it was showered with debris. As Shelley and I were entering the White House reviewing stand for the inaugural parade, the Secret Service asked us to step off the planks onto the muddy lawn, as the president was right behind us. As he passed by me, he looked over, and in the first words I ever heard from Richard Nixon as president of the United States, words I shall always remember, the president said,
就任式が終わった大統領のリムジーンは、ペンシルベニア・アベニューでがらくたのシャワーを浴びせられました。就任のパレードを見物するためホワイトハウスのスタンドにわたしとシェリーが入ろうとすると、板の上に上がらないで湿った芝生の方へ降りるようシークレット・サービスに促されました。すぐうしろに大統領がいたからです。通りすぎるとき、かれはわたしをちらと見ました。合衆国大統領としてのかれからわたしが聞いた最初の言葉、わたしは一生忘れません。大統領はこう言ったのです。

“Buchanan, was that you throwing the eggs?”
Yet consider what he accomplished.
By the end of his first term, all U.S. troops were out of Vietnam, our POWs were on the way home, every provincial capital was in Saigon’s hands. He had ended the war with honor, as he promised.
「ブキャナン、卵を投げたのはきみかい?」
とにかく、かれの成果を挙げてみましょう。
第1期が終わったとき、全米軍はベトナムから撤退していました。戦時捕虜たちは帰還の途次にありました。地方の主要都市はすべてサイゴン政権の支配下にありました。約束どおり、かれは光栄ある終戦を行いました。

He had negotiated and signed the greatest arms limitation treaty since the Washington Naval Agreement of 1922: SALT I and the ABM Treaty.
He had ended the implacable hostility between the United States and People’s Republic of China that had endured since Mao’s Revolution and the Korean War.
かれは、1922年のワシントン海軍協定以来最大の軍縮条約の交渉と調印を済ませました。SALT I とABM協定です。
かれは、毛沢東革命と朝鮮戦争以来の合衆国と中華人民共和国とのどうしようもない不和を終わらせました。

In his second term, he would order the strategic airlift that saved Israel in the Yom Kippur War. Israel never had a better friend, said Golda Meir.
In November 1972, Richard Nixon was rewarded with the most sweeping landslide in history — 49 states and 60 percent of the vote.
大統領第2期、ヨムキプル戦争[訳注、第四次中東戦争]で、かれは空輸を行ってイスラエルを救いました。イスラエルはこれほどの友人を持ったことはない、とゴルダ・メアが述べました。
1972年11月、リチャード・ニクソンは史上最大となる地滑り勝利を獲得しました―49州と、60%の得票率です。

Because of the campaigns he had conducted in ’66, ’68, ’70 and ’72, a party on its deathbed in 1964 was on its way to becoming The New Majority Party, America’s Party, which would capture the presidency and carry 40 or more states in four of the next five presidential elections.
66年、68年、70年、72年の、ニクソンの指導したキャンペーンによって、1964年にはご臨終の状況になっていた政党が、新しいアメリカの政党となる道を歩んでいました。その党は大統領の座を射止め、それに続く5回の大統領選挙で4回、40以上の州を獲得したのです。

The president’s memoirs begin, “I was born in a house my father built.” Well, the Republican Party in the last third of the 20th century was the house that Nixon built.
In domestic policy, he was the first environmental president, creating the Council on Environmental Quality and EPA.
大統領の回顧録は「わたしは父親が建てた家で生まれた」という言葉で始まっています。そうです。共和党は、20世紀の最後の三分の一世紀、ニクソンの建てた家に住んでいました。
国内政策で、ニクソンは、環境評価会議とEPA(環境保護庁)を立ち上げ、最初の環境問題重視の大統領となりました。

To battle the scourge of cancer, he created the National Cancer Institute.
To close the widening chasm between the generations and professionalize our military, he ended the draft.
He made six nominations to the Supreme Court. Four made it. Not a bad average, when you consider the Senate he had to deal with.
がん撲滅のために、かれは国立がん研究所を創設しました。
拡大する世代間の亀裂を埋めるため、そして軍隊の職業化を図るため、かれは徴兵制を廃止しました。
かれは最高裁判事の指名に6回携わりましたが、うち4回、成功をおさめました。上院の扱いにかれが苦労したことを思えば、このことは概して悪くない結果と言えます。

As for our Southern strategy, when Richard Nixon first took the oath of office, 10 percent of Southern schools were desegregated. When he left, it was 70 percent.
As Bob Dole said in his eulogy at Yorba Linda, it was the Age of Nixon. While Nixon was a dominant figure on the national stage in the ’40s, ’50s, ’60s, and ’70s, his influence lived on through the 20th century and into the 21st
南部戦略について言えば、最初にリチャード・ニクソンが大統領となったとき、南部の学校で人種差別を廃止していたところは10%でした。かれが降りたとき、それは70%となっていました。
ボブ・ドール[アメリカの政治家、1996年大統領選の共和党指名候補、1923~]がヨブ・リンダ[カリフォルニアの地名]で著した賛辞にある通り、それはニクソンの時代でした。40年代、50年代、60年代、70年代を通じて、国家という舞台で傑出した人物であるとともに、ニクソンの影響は20世紀を通じて、21世紀にまで及びます。

Would there be a Gerald R. Ford presidential library, had it not been for Richard Nixon selecting this honorable and good man as vice president?
Would there be a George H.W. Bush presidential library, if Richard Nixon had not recognized the talent of this man who had just lost his second statewide race in Texas in 1970 and made him chairman of the Republican National Committee, then ambassador to the United Nations?
リチャード・ニクソンが、高潔で善良なその人物を副大統領に選んでいなければ、ジェラルド・R・フォード大統領図書館は出来ていなかったでしょう?
リチャード・ニクソンが、1970年、テキサスで二度目の州選挙戦で敗れたあと、共和党全国委員会の委員長に選ばれ、そして国連大使に任命されたその人物の才能を認めていなければ、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領図書館は出来ていなかったでしょう?

When Ronald Reagan came out of the West to launch his revolution, his first national security adviser and first domestic policy chief, Dick Allen and Marty Anderson, both came out of our ’68 campaign and White House staff.
ロナルド・レーガンが西部からやってきて自らの革命を実行し始めたとき、かれの初代の国家安全アドヴァイサー、そして初代の国内政策のチーフ、ディック・アレンとマーティ・アンダーソンは二人とも、共和党の68年のキャンペーンで頭角を現し、ホワイトハウスにスタッフになったのでした。

Both of Reagan’s secretaries of state and his secretary of defense — Al Haig, George Shultz and Cap Weinberger — came out of the Nixon National Security Council or Nixon Cabinet.
The man Reagan chose as chief justice, William Rehnquist, had been put on the court by Richard Nixon.
レーガン政権の二人の国務長官と国防長官―アル・ヘイグとジョージ・シュルツ、そしてキャップ・ワインバーガー―はニクソンの国家安全会議ないしニクソンの閣僚出身です。
最高裁判所長官としてレーガンが選んだウィリアム・レンキストは、リチャード・ニクソンが最高裁判事として選んだ人でした。

Reagan’s choice as chairman of the Federal Reserve, Alan Greenspan, was the domestic policy research coordinator in Nixon’s ’68 campaign.
In 1996, when Bob Dole was the leading candidate for the Republican nomination, he was being most closely pursued by two former members of Richard Nixon’s White House staff.
Lamar Alexander was one. And I forget the other guy.
連邦準備委員会議長としてレーガンが任命したアラン・グリーンスパンは、ニクソンの68年キャンペーンで、国内政策リサーチの担当者でした。
1996年、共和党大統領候補として指名されたとき、リチャード・ニクソンのホワイトハウスの旧スタッフ二名によって急追されました。
一人はレイマー・アレクサンダーでした。もう一人の名前は忘れました。

That brings back a memory of the 1992 election, after I had lost 10 straight primaries to President Bush. I called the Old Man in Saddle River. When he came on the line, I said: “Ten for ten. Not bad, eh, sir?” President Nixon paused and said: “Buchanan, you’re the only extremist I know with a sense of humor. Come on up, and bring Shelley with you.”
このことはわたしに1992年のことを思いださせます。その年わたしは10州連続でブッシュ大統領に予備選で敗れました。わたしはサドル・リバーの親父に電話をしました。かれが電話に出ました、わたしは言いました。「10州まるごとですよ。悪くなかったでしょう、ね?」。ニクソン大統領は一呼吸おいてから言いました。「ブキャナン、きみはただ一人、ぼくの知っているユーモアのわかる過激派だよ。今度家においで、シェリーを連れて」。

In 2001, George W. Bush chose as secretary of defense the man that Richard Nixon had picked to head up LBJ’s poverty agency, OEO, and to monitor wage and price controls, two plum assignments for a rising young Republican star, Donald Rumsfeld, before President Nixon named him the ambassador to NATO.
2001年、ジョージ・W・ブッシュが国防長官として選んだのは、リチャード・ニクソンが、LBJの創った貧民対策機関、OEO[経済機会局]の長官を務めさせ、賃金・物価を管理させるための二つのおいしいポストを用意し、その後NATOの大使に任命した、共和党の希望の星、ドナルド・ラムズフェルドでした。

Oliver Wendell Holmes once observed that “it is required of a man that he share the action and passion of his time at peril of being judged not to have lived.”
Richard Nixon shared the action and passion of his time. Again and again, he came back from woundings, he came back from defeats. After he left the White House, he would write nine books on foreign policy and the great men he had known. There were many. For only Franklin Roosevelt equaled Richard Nixon in having been on five presidential tickets.
オリバー・ウェンデル・ホームズはかつて、「人は、生きていなかった、と評価されるリスクを賭けてでも、自分の時代の行動精神と熱気を分かち合うことが必要とされる」、と述べました。
リチャード・ニクソンは、かれの時代の行動精神と熱気を分かち合いました。二度も三度も、かれは向う傷から立ち直りました。敗北からカムバックしました。ホワイトハウスを去ったのち、かれは外交政策と、自らの知る偉人たちについて9冊の本を著しました。大勢の人がいました。5回の大統領指名選に臨んだことにおいては、フランクリン・ルーズベルトのみがリチャード・ニクソンに匹敵します。

As this centennial approached, the phone calls started coming in from the offspring of the old jackal pack, asking my thoughts on Watergate. My great regret is the Old Man is not here tonight so I can tell him my thoughts on his old tormenters. In the words of Nick Carraway to Gatsby:
“They were a rotten crowd,” sir. “You’re worth the whole damn bunch put together.”
Nixon now more than ever!
この生誕100年記念日が近づくにしたがい、ジャッカルの群の子孫たち[メディアのこと?]からの電話があちこちから舞い込んできました。ウォーターゲート事件についてのわたしの考えを聞きたがるのです。今夜、ここに親父がいないことは本当に残念なことです。だからわたしは、むかしかれをいじめた連中にわたしの考えをつたえましょう。それは、ニック・キャラウェイがギャツビイに言った言葉[アメリカの作家、F・スコット・フェッツジェラルドの小説『グレート・ギャツビイ』からの引用]です。
「かれらは腐りきった群衆なのです」よ。「みんなまとめて始末すれば良いのです」。
ニクソンはいま、もうそれ以上の存在なのです!
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/04/13

パット・ブキャナン「ニクソン大統領の生誕100年を祝う」

ニクソン大統領の生誕100年を祝う
Wednesday - March 6, 2013 at 12:41 am

The following is from a speech given by Patrick J. Buchanan during the Richard M. Nixon Centennial celebration in Washington, D.C., on January 9, 2013 – Source: NixonFoundation.org
以下は、2013年1月9日、ワシントンDCで行われた、リチャード・M・ニクソンの生誕100年記念集会でパトリック・J・ブキャナンが行ったスピーチである。

We are here tonight to celebrate the centennial of a statesman, a profile in courage and an extraordinary man we are all proud to have served: the 37th president of the United States, Richard Milhouse Nixon.
わたしたちは今晩、わたしたち皆が誇りを以て仕えた一人の政治家、勇気ある、素晴らしい人の生誕百年をお祝いするためここに集いました。その人とは合衆国第37代大統領、リチャード・ミルハウス・ニクソンです。

Years ago, Meg Greenfield of The Washington Post wrote that she belonged to what she called “the Nixon generation.”
“What distinguishes us as a group,” she said, is that “we are too young to remember a time when Richard Nixon was not on the political scene, and too old reasonably to expect that we shall see one.” Greenfield was distressed about this.
何年か前、ワシントン・ポストのメグ・グリ-ンフィールドは、彼女自身が「ニクソン世代」に属する」、と書きました。
「一つのグループとしてのこの世代の特徴は」、「わたしたちは、政治の場面に登場していないリチャード・ニクソンを想い起こすには若すぎ、もう一人同じような人の登場を期待するには年をとりすぎている、という点にあります」と彼女は言いました。グリーンフィールドはこのことに悲嘆を感じていました。

Yet her thesis rings true. We are the Nixon Generation. We were born into and lived through what Bole Dole called “the Age of Nixon.”
And what a time it was — and what a man he was.
彼女の問題意識は的を衝いています。私たちはニクソン世代です。私たちは生まれながらにして、ボール・ドールのいう「ニクソン時代」を生き抜いてきました。

Home from the war in 1946, Richard Nixon was elected to the 80th Congress and swiftly became its most famous member. For he would exhibit early on an attribute that would mark his whole life: perseverance.
1946年、戦争から帰還したニクソンは第80回議会に選出され、またたく間にもっとも著名な議員となりました。かれは生涯を通じて自己の特徴となった、「堅忍不抜」を早いころから実践していたからです。

Because he believed a disheveled ex-communist named Whittaker Chambers, and because he distrusted an establishment icon, Alger Hiss, Rep. Nixon persevered to expose the wartime treason of Hiss.
ニクソン議員は、ウィテカー・チェンバースというぼさぼさ頭の元共産党員を信用し、エリートたちの偶像だったアルジャー・ヒスに疑念を抱き、戦時中のヒスの売国行為を暴くことに努力しました。

By 1948, he was an American hero, so popular the Democratic Party did not field a candidate against him. In 1950, he captured a Senate seat with the largest majority in the history of California.
1948年までに、かれはアメリカのヒーローとなりました。その人気の高さに民主党は対立候補を樹てることも出来ませんでした。1950年、かれはカリフォルニアの歴史に前例のない圧倒的多数票で上院議席を射止めました。

Yet the same people who just loved Harry Truman’s “Give ‘Em Hell” campaign of 1948 whined that Nixon played too rough.
しかし当時1948年、ハリー・トルーマンの「やつら[共和党員]を地獄へ落せ」のキャンペーンに夢中だった連中は、ニクソンは荒っぽすぎる、と文句を言っていました。

In the Taft-Eisenhower battle of 1952, an internationalist, the Boss stood with Ike and, at 39, was the vice presidential nominee — and a man of destiny.
1952年のタフト[ロバート]=アイクの予備選の激戦で、国際派のボス(ニクソン)は39歳でしたが、アイク支持にまわり、副大統領候補指名を獲得しました。運命の転換点でした。

Then it was that the establishment first moved to bring him down. They hyped a phony story about a political fund, alleged it was for Sen. Nixon’s personal benefit, and instigated a hue and cry for Gen. Eisenhower to drop him from the ticket.
そしてかれを追い落とす最初の機会が訪れました。反対派は、ニクソン上院議員が政治資金を私的に流用している、という話を捏造し、アイゼンハワー将軍がかれを引きずり落とすよう猛烈な運動を仕かけました。

Nixon’s decision to defend his record and integrity in the “Checkers” speech, though mocked by his enemies, remains the most brilliant use of television by a political figure in the 20th century.
「チェッカーズ」演説で、身の潔白を証明し、自己の履歴を擁護したニクソンの決断は、敵方は嘲笑ったものの、20世紀に入って政治家がテレビを華々しく利用した最高の事例となっています。

In the 1950s, he redefined the vice presidency as a force in foreign policy, braved a lynch mob in Caracas, became the first vice president to travel behind the Iron Curtain and confronted Nikita Khrushchev’s bluster in the “Kitchen Debate.”
1950年代、かれは、副大統領職が外交にも力を発揮できることを証明しました。かれはカラカスのリンチを求める暴徒にも怯まず、また鉄のカーテンの向こう側を旅行した最初の副大統領となりました。そしてニキタ・フルシチョフと「台所論争」で対決しました。

By 1960, he had no serious challenger for the nomination.
After the closest election in a century, about which there hung the aroma of vote fraud in Texas and Illinois, he went home to California to run for governor. After a brutal primary, he was gaining on Gov. Brown when the Cuban missile crisis broke his momentum, and the Boss went down to his second defeat — and looked to be out for the count.
1960年までに、共和党の大統領指名候補としてのニクソンに対するこれといった挑戦者はいなくなりました。
テキサス州とイリノイ州では不正選挙の香りが漂った[ケネディとの]世紀の大接戦のあと、ニクソンは知事の座をめざして故郷のカリフォルニアに戻りました。予備選は激甚でしたが、ニクソンはブラウン知事に勝てそうでした。そのときキューバのミサイル危機が勃発してかれの勢いを奪いました。ボスは二度目の敗北を喫しー政治生命は失われたものと思われました。

Believing he had nothing to lose, he came down from his suite the morning after that defeat to deliver to the press words that will live in infamy. As Cactus Jack Garner said, “He gave it to ‘em with the bark on.”
失うものは何もないと信じたかれは、敗北の翌朝ホテルから現れて、記者団に悪態をつきました。カクタス・ジャック・ガーナ―が語るように、「ニクソンは自らを粗野に扱った」のです。

He was now thought to be finished. ABC put together an instant documentary titled, “The Political Obituary of Richard M. Nixon.” The featured interview in the obituary was political analyst Alger Hiss.
かれの政治生命は終ったかのように考えられていました。ABCは「リチャード・M・ニクソンの政治的墓碑銘」というタイトルの即席のドキュメンタリー番組をまとめました。呼びもののインタビューアーをつとめたのは政治評論家のアルジャー・ヒスでした。

But, as Mark Twain said, reports of his death were premature.
Moving his family to New York to practice law, Richard Nixon entered what he would call his wilderness years.
しかしマーク・トウェインの言うように、かれの死を告げるのは早すぎました。
弁護士業を続けるため、家族をニューヨークに移したあと、リチャード・ニクソンは自らが名づける波乱の日々を迎えることとなりました。

But after the Goldwater-Rockefeller bloodbath in 1964, with the party bitterly divided, the Boss volunteered to introduce the nominee at the Cow Palace and did so in one of the finest addresses he ever delivered.
1964年、ゴールドウォーターとロックフェラーが血で血を洗う指名戦を繰り広げたあと、共和党は悲しくも分裂状態に陥りました。ボスはカウパレスで指名候補の紹介を買って出て、かれの生涯における最高のスピーチをしました。

But after he brought that contentious convention together with his introduction, Sen. Goldwater proceeded to tear it apart again, declaring, “Extremism in the defense of liberty is no vice.”
波乱一杯の大会でのかれの紹介にもかかわらず、ゴールドウォーター上院議員は、またも党の分裂に動きました。「自由の擁護のための過激主義は悪徳ではない」。

Dwight Chapin was in the limo that carried the Boss away from the Cow Palace. He has told me what the Boss said about Sen. Goldwater’s speech. But there is no need to repeat those discouraging words here.
ドワイト・チェイピンはカウパレスから戻るリムジンにボスと同乗していました。かれはボスがゴールドウォーター議員の演説について語ったことを聞かせてくれました。その気の滅入るような言葉をここで繰り返す必要はないでしょう。

Almost all the other name Republicans abandoned Goldwater. The Old Man stood by him. He traveled the nation, working longer and harder for Goldwater and the party than the senator himself.
これという共和党員は、みながみな、ゴールドウォーターを見限りました。ボスはゴールドウォーターの味方でした。ゴールドウォーターのためというより、共和党のため、かれは全国を飛び回り、猛烈に仕事をしました。

After the crushing defeat that fall, the Republican Party was reduced to one-half of the Democratic Party’s strength: 140 House seats, 32 senate seats, 17 governors. The Republican Party was a house divided and a house in ruins. It was an open question whether it would survive
その秋、壊滅的な敗北を喫して、共和党は、民主党の勢力の半分になってしまいました。下院では140議席、上院では32議席、知事は17州にとどまってしました。共和党は分断され、滅びゆく政党となりました。共和党が生き延びてゆけるかは大っぴらな論議の的となりました。

And now began the greatest comeback in American political history.
When I arrived in New York to join the Boss in January 1966, his staff consisted of three people: I occupied one desk in the office outside his own. A second occupant was Rose Woods, and the third, a “Miss Ryan” — more exactly Patricia Ryan Nixon, the future first lady of the United States, from whom I used to bum cigarettes.
そして、アメリカの政治史のなかで最高の復活が始まりました。
1966年1月、わたしがボスに仕えるためニューヨークにやってきたとき、かれのスタッフは三人でした。事務所ではかれ自身の机のほか、もう一つの机にわたしは席を与えられました。二番目のスタッフはローズ・ウッズでした。そして三番目は「ミス・ライアン」―もっと正確に言えばパトリシア・ライアン・ニクソン、未来の合衆国のファースト・レディでした。わたしはちょくちょく彼女に煙草をおねだりしていました。

The altarpiece of that year was Richard Nixon’s six-weeks war against what LBJ called “My Congress.” Alone of the national Republicans, the Boss campaigned across the country — in 35 states and 80 congressional districts. In November, his bold prediction of a 40-seat Republican gain in the House proved conservative. We won 47.
その年のハイライトは、LBJが「わたしの議会」と呼ぶものを相手としたリチャード・ニクソンの6週間の戦争でした。国家の共和党員としてただ一人、ボスは国中―35州と下院選挙区80区を駆け巡って運動を展開しました。11月、下院共和党の議席増加をかれは大胆に40と予測しました。結果、われわれは47議席を獲りました。

After a year off, traveling the world, came the campaign of 1968, the most divisive year in American history since the Civil War.
Consider all that happened that year.
1年が経ち、ニクソンは世界を飛び回り、そして1968年の大統領選挙戦がやってきました。南北戦争以来の米国史で最大の運命的な年でした。

As we flew to New Hampshire the last day of January, the siege of Khe Sanh was at its height, and the Tet Offensive had just begun. Four weeks later, Gov. Romney quit the race. Sen. Eugene McCarthy then stunned the nation by capturing 42 percent of the vote against Lyndon Johnson. And Robert Kennedy declared for president.
1月の末日、ニューハンプシャーにわれわれが飛んだ日は、ケサンの包囲戦が頂点に達した日です。そしてテト攻勢が始まったばかりでした。4週間後、ロムニー知事[ジョージ・ロムニーミシガン州知事]が選挙戦を降りました。ユージン・マッカーシー上院議員がリンドン・ジョンソンに対する反対票を42%獲得し、世間は驚きました。そしてロバート・ケネディが大統領選立候補宣言をしました。

On March 31, the Boss asked me to monitor the president’s speech on Vietnam on a car radio at LaGuardia — to brief him when he arrived back from visiting Julie at Smith. At the end of the speech, President Johnson announced he would not run again.
3月31日、ラガ-ディア空港でボスはわたしに、カーラジオで大統領のベトナムに関する演説を聴いておくように指示されました。娘ジュリーをスミス大学に訪ねて戻ってきたときに報告するように、ということでした。スピーチの終わりでジョンソン大統領は、次回の大統領選には出馬しないと宣言しました。

Four days after this political earthquake, Dr. Martin Luther King was assassinated in Memphis. Washington and 100 other cities exploded in riots that lasted days and required tens of thousands of troops.
この政治の激震の4日後、マーチン・ルーサー・キング博士がメンフィスで暗殺されました。ワシントンとほかの百にのぼる都市が何日も続く暴動に襲われ、数万の兵士が必要となりました。

In early June, a week after our Oregon primary victory, I got a 3 a.m. call from our Bible Building headquarters. Robert Kennedy had been shot in a Los Angeles hotel kitchen. I called the Boss. Julie and David had been watching TV and already awakened him.
6月の初め、オレゴン州で最初の予備選の勝利を勝ちとった1週間後、わたしは午前3時に、本部のあるバイブル・ビルディングからの電話でたたき起こされました。ロサンゼルスのホテルの調理場でロバート・ケネディが射殺されたのです。わたしはボスに電話をしました。ジュリーとデヴィッドがテレビを見ていて、かれもすでに起きていました。

That August, the Democratic Party came apart in a bloody brawl between police and protesters in the streets of Chicago. And so it went in that dramatic and divisive year. But at its end, Richard Nixon was president of the United States.
その秋、シカゴの街での警察と抗議デモの流血沙汰をめぐって民主党は分裂していました。そういった具合に、その年はドラマティックで分断をもたらした年でした。しかしその結果、リチャード・ニクソンが合衆国大統領に選ばれたのです。(続く)
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/04/09

パット・ブキャナン「北朝鮮との戦争は不可避だろうか?」

Is War With North Korea Inevitable?
北朝鮮との戦争は不可避だろうか?
Friday - April 5, 2013 at 4:36 pm

inShare0
By Patrick J. Buchanan
“If you see 10 troubles coming down the road, you can be sure that nine will run into the ditch before they reach you,” said Calvin Coolidge, who ever counseled patience over the rash response.
Unfortunately, the troubles presented by North Korea’s Kim Jong Un seem unlikely to run into a ditch before they reach us.
「道を走っていて、向こうからトラブルが10件やって来そうだったら、うち9件まではトラブルになる前にきみは脇に逃れられると確信しているだろう」、と言ったのはカルビン・クーリッジである。かれは拙速な対応をいましめて忍耐を説いていた。
不幸にして、北朝鮮の金正恩の持ちだすトラブルは、こちらに届く前に逃れられそうにはない。

For Kim has crawled out on a limb. He has threatened to attack U.S. forces in Korea and bases in Asia, even U.S. cities. He has declared the truce that ended the Korean War dead and that “a state of war” exists with the South. All ties to the South have been cut.
なぜなら金正恩はのっぴきならない方向に進んでいるからだ。かれは在韓米軍とアジアの基地、合衆国の都市すら攻撃すると脅迫している。かれは朝鮮戦争の休戦協定の破棄と、韓国との「戦争状態」が継続している、と宣言した。すべての韓国との関係を打ち切った。

The United States has sent B-52s and stealth fighters to Korea and anti-missile warships to the Sea of Japan. Two B-2 bombers flew from Missouri to Korea and back in a provocative fly-by of the Hermit Kingdom. And both South Korea and we have warned that, should the North attack, swift retribution will follow.
合衆国はB52とステルス戦闘機を韓国に送り、対ミサイル戦艦を日本海に配置した。B2爆撃機二機がミズーリから韓国に飛来し、ハーミット・キングダム[隠者の王国、陸の孤島=韓国]上空で挑発的な低空飛行を行った。韓国とわが国は、北朝鮮が攻撃を開始すれば速やかな報復が行われるだろう、と警告した。

Kim Jong Un is in a box. If he launches an attack, he risks escalation into war. But if his bluster about battling the United States turns out to be all bluff, he risks becoming an object of ridicule in Asia and at home.
Why is he playing with fire? Because his father and grandfather did, and got away with murder.
金正恩は袋小路にはまっている。攻撃開始すれば、戦争へのエスカレーションのリスクを負う。しかし合衆国と戦うという自らの狂気が虚仮おどしとわかると、アジアと自国で嘲笑の対象となる覚悟をしなければならない。
どうして火遊びをするのだろうか?なぜなら、祖父と父親が同じことをしており、人殺しでもうまく行ったからである。

In 1968, Kim Il Sung hijacked the U.S. intelligence ship Pueblo and held its crew hostage. America, tied down in Vietnam, did nothing. In 1976, North Koreans ax-murdered two U.S. officers in the DMZ. In 1983, Pyongyang tried to assassinate South Korea’s president in Burma and blew up three members of his cabinet. In 1987, North Koreans blew up a South Korean airliner.
1968年、金日成はアメリカの情報艦、プエブロ号をハイジャックして乗員を人質にとった。ベトナムに縛りつけられていたアメリカは何もしなかった。1976年、北朝鮮は非武装地帯でアメリカ士官二名を斧で斬殺した。1983年、平壌は韓国大統領をビルマで殺害しようとし、閣僚三名を爆弾で吹き飛ばした。1987年、北朝鮮は、韓国の定期航空便を爆破した。

These unpunished atrocities all occurred during the rule of Kim Il Sung.
Under Kim Jong Il, Pyongyang torpedoed a South Korean patrol boat, killing 47, and shelled a South Korean island, killing four. Neither Washington nor Seoul retaliated.
The danger is that Kim Jong Un believes he, too, can get away with murder and he, too, will be appeased with aid and investments.
これらの罰を受けない虐殺はすべて金日成の治世に起こった。
金正日の時代、平壌は韓国の警備艇を雷撃し、47人を殺害し、韓国の島嶼を砲撃して4人を殺した。ワシントンもソウルも仕返しをしなかった。
金正恩の危険は、かれも人殺しでうまく行くと信じていることである。そしてかれも、援助と投資で宥和されるかもしれないと考えているのだ。

Yet neither President Obama nor President Park Geun Hye—whose father, President Park Chung Hee, was the target of assassination attempts and whose mother died in one—can be seen as tolerating another North Korean outrage.
To avoid a collision, a diplomatic path will have to be opened for Kim to back away from the confrontation he has provoked. But, in the longer term, America has to ask herself:
とはいえ、オバマ大統領も朴槿恵大統領―父親の朴正煕大統領が暗殺の対象となり、母親が暗殺された―も、繰り返される北朝鮮の凶行に寛大であるとは思えない。
衝突を回避するためには、金正恩に、自ら挑発する対決姿勢を取り下げさせる外交ルートが開かれなければならない。しかしより長期的観点からは、アメリカが反省すべきであろう。

What are we doing, 20 years after the end of the Cold War, with 28,000 troops in Korea and thousands on the DMZ facing the North?
What are we doing there that South Korean soldiers could not do for themselves? Why is South Korea’s defense our responsibility, 60 years after President Eisenhower ended the Korean War?
冷戦終結後20年でわれわれは何をやってきたか、韓国に2万8千の駐留軍をおき、北朝鮮と対峙する非武装地帯に数千の兵士を配置しているではないか?
韓国の兵士が自分たちのために出来ないことをわれわれがそこでやっている、ということなの?アイゼンハワー大統領が朝鮮戦争を終わらせてから60年経って、なぜ韓国の防衛をわが国の責任となるのか?

For over a decade, some of us have urged the United States to pull all U.S. troops off the peninsula.
Had we done so, we would not be in the middle of this crisis now.
10年以上前に、われわれの仲間は全部隊が朝鮮半島から撤退することを主張していた。そうしていれば、われわれはいまの危機を逃れていたはずだ。

South Korea is not inherently weaker than the North. It has twice the population, and its economy is 40 times as large. And the South has access to U.S. weapons superior to anything the North can acquire.
After Korea, Vietnam, Afghanistan, and Iraq, as Robert Gates said, any defense secretary who recommends that America fight a new land war in Asia ought to have his head examined.
韓国は基本的ない北朝鮮より弱いわけではない。人口は二倍、経済力は40倍である。そして韓国は、北朝鮮が手に入れられるものと比べてずっと優秀な兵器を合衆国から調達できる。
朝鮮、ベトナム、アフガニスタン、イラク戦争のあと、ロバート・ゲイツが言うように、アジアで新しい戦争をアメリカが戦うように進める国防長官がいるとすれば、だれでも精神鑑定を行う必要があるだろう。

Why, then, are we still on the DMZ?
The long-run danger that has to be addressed is this: Kim Jong Un is about 30, and his life expectancy, absent a coup, is 40 or 50 years. Yet within a few years, if he persists as he promises to do, he could have dozens of nuclear-armed missiles pointed at South Korea, Japan, and Okinawa.
それならなぜわれわれはまだ非武装地帯にいるのか?
長期にわたる危険の存在を公言する理由はここにある。金正恩はおおむね30歳である。クーデタがないと仮定すれば、かれの生存期間はまだ40年から50年ある。しかし、かれが約束していることにこだわるのであれば、ここ数年以内に、韓国、日本、沖縄に向けて発射できる核兵器が数10個所有していることになるはずだ。

And if Pyongyang becomes a nuclear weapons state, it is difficult to see how Seoul and Tokyo will not be required to match its nuclear arsenal, as Pakistan felt compelled to match India’s.
そしてもし平壌が核保有国となってしまえば、パキスタンがインドに対抗するために余儀なくそうしたと感じたように、ソウルと東京が核兵器工廠の建設で応じることを必要としない、と考える方が難しくなる。

And a nuclear-armed South Korea or Japan would hardly be welcomed in Beijing.
What would China do? Some Chinese are urging Beijing to dump North Korea as an unreliable and uncontrollable ally that could drag them into war. Hard-liners are said to be urging China to stand by her longtime ally and buffer state.
そしてソウルないし東京の核武装は、北京が歓迎するとはまったく考えられない。
中国はどうするだろう?中国人のあるものは、北京は、自国を戦争に引きずりこみかねない、信用できない、また制御できない同盟国、北朝鮮を切り捨てよ、と主張している。強硬派は、中国は自国と一蓮托生の同盟国、かつ緩衝国である北朝鮮に寄り添うべきである、と主張していると言われている。

Whatever comes of this crisis, U.S. policy, seemingly frozen in the 1950s, is in need of review. We cannot indefinitely be responsible for the defense of South Korea from an erratic dictator hell-bent on acquiring nuclear missiles.
この危機がどう転ぼうと、1950年代から凍結したままの状態と見られるアメリカの政策は再検討の必要がある。やみくもに核ミサイル保有に突っ走る無鉄砲な独裁者から韓国を防衛するという責任がいつまでもわれわれにあろうはずがない。

In the near-term, even a conventional war on that most heavily armed border on earth, between South and North Korea, would be a calamity. To avert it, if necessary, Obama should pick up the phone, call North Korea and talk directly to Kim.
In a far graver crisis, perpetrated by Nikita Khrushchev in 1962, John F. Kennedy did not hesitate to communicate with the culprit.
近い将来、韓国と北朝鮮という地球上でもっとも武装された国境で、通常戦争が勃発したとしても、それは災厄で終わるだろう。それを避けるために、必要があれば、オバマは電話器を取り上げて、金正恩と直接話をすべきである。
1962年、もっともっと重大な危機がニキタ・フルシチョフによって引き起こされたとき、ジョン・F・ケネディは、この犯罪人と会話をすることを躊躇しなかった。

These might be related:
次のような関連サイトがあります。

1. Why Are We Still in Korea?
2. Now Korea Is Cleaning Our Clock
3. Is a U.S. Default Inevitable?
4. Is Obama Only Postponing the Inevitable?
5. Is a Bond Crisis Inevitable?
6. Is a U.S. Default Inevitable?
7. Was the Holocaust Inevitable?
8. First and Last War of the Bush Doctrine?
9. An Asian Nuclear Arms Race?
10. Why Are We Still on the DMZ?

未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/04/07

パット・ブキャナン「フランシスコ法王ー反西欧か?」

Pope Francis — Against the West?
フランシスコ法王―反西欧か?
Friday - March 15, 2013 at 12:50 am

inShare0
By Patrick J. Buchanan

“The Faith is Europe. And Europe is the Faith,” wrote Hilaire Belloc after that bloodbath we call World War I. “Either Europe will return to the Faith or she will perish.”
「信仰がヨーロッパである。ヨーロッパが信仰である」、第一次世界大戦とわれわれが呼ぶ大殺戮のあと、ヒレア・ベロックが書いた。「ヨーロッパは信仰に戻れるか、さもなければ死滅するだろう」。

By 1938, Belloc concluded Christian Europe was done:
“The bad work begun at the Reformation is bearing its final fruit in the dissolution of our ancient doctrines — the very structure of society is dissolving.” He was right. Europe is the dying continent.
1938年までに、ベロックはキリスト教ヨーロッパは終焉を迎えた、と結論づけた。「宗教改革で始まった悪しき仕事は、われわれの伝統的原理の崩壊のうちに最後の結果を迎えているー社会の構造そのものが瓦解しつつある」。かれは正しい。ヨーロッパは死にゆく大陸である。


And looking back at the history of the Old Continent, we see the truth of G.K. Chesterton’s insight: When men cease to believe in God, they do not then believe in nothing, they will believe in anything.
旧大陸の歴史を振り返ると、われわれはG.K.チェスタートンの洞察力に真理を見る。神を信ずることを捨てるものは、何ものをも信じないが、何でも信じてしまうようになる。

Consider the idols to which European Man has burnt incense since losing his faith: Darwinism, Marxism, Bolshevism, fascism, Nazism, now globalism — the idea of a secular paradise where mankind’s needs are met by the state and people spend their lives consuming cultural and material goods until the time comes for the painless exit.
信仰を捨てたあと欧州人がお香を焚く尊崇のアイドル、ダーウィン主義、マルキシズム、ボルシェビズム、ファシズム、ナチズム、そしていまのグローバリズムのことを考えてみようーそれは、人類に必要なものすべてが国家によって充足される世俗の楽園があるという考えであり、そこで人々は苦痛なき死を迎えるまで、文明の成果である物質を消費し尽くそうというのである。

Wednesday, even as Europe has said goodbye to Rome, Rome began to say goodbye to Europe, where the fastest growing faith is manifest in the mosques rising from Moscow to Madrid.
水曜日、ヨーロッパがローマに別れを告げた時、ローマはヨーロッパに別れを告げはじめたのである。モスクワからマドリッドに至るまで、ヨーロッパのモスク(回教寺院)はこれまでの最速のスピードで信者を獲得している。

The College of Cardinals, for the first time ever, chose a pope from the New World: Cardinal Jorge Bergoglio of Argentina.
To be exact, Pope Francis is not of the indigenous peoples of the New World. His father was an immigrant from Italy who came to Argentina before he was born. Yet, though by blood an Italian, Pope Francis, heart and soul, does not belong to Europe.
枢機卿会議は、史上初めて新世界から法王を選出した。アルゼンチンのホルヘ・ベルグリオ枢機卿をー。
たしかにフランシスコ法王はもともと新世界の人ではない。父親はかれが生まれる前、イタリアから移民した。とはいえ、その血液がイタリア人であったとしても、フランチェスコ法王の心と魂はヨーロッパに所属してはいない。

The reaction of our secular media to the election of this first Jesuit pope, who lives his “preferential option for the poor,” was easily predictable.
On redistribution — “Is he a conservative, or a Great Society liberal who will push the ‘social gospel’?” — the new pope passes with honors. He has a simple apartment, rides the bus and lives among the Buenos Aires poor.
「貧民優先の原理」を玉条とする、最初のイエズス会出身法王の選出に対する世俗メディアの反応はおおむね予想されていた。
所得再分配においてー「かれは保守派だろうか、それとも『社会的福音』を推進するグレート・ソサエティ[偉大なる社会]を信奉するリベラルなのだろうか?―新法王は満点で合格した。かれは質素なアパートに住み、バスで通勤し、ブエノスアイレスの貧乏人たちといっしょに暮していた。

But on the “social issues” — “Is Pope Francis a progressive who will move the Church to a more ‘tolerant’ view of abortion and same-sex marriage?” — the disappointment of the media elite was evident.
しかし「社会問題」についてーフランシスコ法王は、「妊娠中絶、同性結婚について、より『寛大な』方向へ教会を導く進歩派だろうか?―メディアのエリートたちの落胆は判然とした。

Pope Francis adheres to orthodox Catholic teaching that abortion is the killing of an unborn child entailing automatic excommunication for all involved. He has denounced same-sex marriage and regards homosexual adoptions as a crime against children.
フランシスコ法王は正統的カソリックの教義を守っている。中絶は、関係者全員を自動的に破門する、未出生児の殺害行為である、と。法王は、同性婚を糾弾し、同性愛関係の養子縁組を児童に対する罪と認めている。

That the media showed visible disappointment at learning this makes one wonder if they know anything at all about the Catholic Church.
To be Catholic is to be orthodox.
このことを聞いてあからさまに失望を示すメディアは、本当にカソリック教会のことがわかっているのだろうか、と疑問を抱かせる。
カソリックである、ということは正統派である、ということなのである。

Indeed, let us presume the impossible — that the Church should suddenly allow the ordination of woman, and decree that abortions in the first month of pregnancy are now licit, and that homosexual unions, if for life, will henceforth be recognized and blessed.
実際、不可能だった事柄を想定してみようー教会が突如、女性の受階を許容する、一ヶ月以内の中絶を合法とする、また生涯にわたる同性愛関係を認め、祝福する。

This would require the Church to admit that for 2,000 years it had been in error on matters of faith and morals, and hence is not infallible. But if the Church could have been so wrong for so long, while the world was right, and many had suffered for centuries because the Church erred, what argument would be left for remaining Catholic?
それは信仰と道徳において、教会が2000年にわたって過ちを冒していたことを認めることとなり、したがって教会の無謬性が壊れることとなる。しかしそれほどの長期間、教会が誤っていたとすれば、世間の方が正しく、多くのものが教会の誤りのゆえに数世紀もの間虐げられていたことになる。カソリックの今後についてはどう考えればよいのだろうか?

If the Church were to admit it had been wrong since the time of Christ about how men must live their lives to attain eternal life, why should Catholics obey the commandments of such a fallible and erring Church? Why not follow our separated brethren of the Protestant faiths, and choose what doctrines we wish to believe and what commandments we wish to obey?
人が永遠の生命をいかにして生きるのか、について、キリストの時代から間違っていたと教会が認めるとすれば、そんな間違いを冒した、また冒している教会の戒律をなぜカソリック教徒が守らなければならないのか?なぜ人は、分裂した仲間のプロテスタントの信仰に従わなかったのか?なぜ自ら信じたいとする教義、また従いたいとする戒律を選ばなかったのか?

And how have those churches fared that have accommodated themselves to the world?
Of the Christian denominations, the closest to Catholicism has been the Anglican or Episcopal Church. For a time, Anglicans were not regarded as heretics. For though they had rejected the primacy of Rome, they had not rejected the truths fundamental to Catholicism. They had been seen in the time of Henry VIII as schismatics.
人の世にうまく適合してきた教会はこれまで何をしてきたことになるのか?
クリスチャンの名のもと、カソリックにもっとも近いものはアングリカン[英国国教]ないし聖公会である。一時、アングリカン教徒は異教徒ではないと認められていた。かれらはローマの優位を拒否したものの、カソリックの基本的真理を拒否することはなかった。ヘンリー八世の時代には、かれらは分離派とされていた。

But lately the Episcopal Church has been in the vanguard of all Christian churches in ordaining women priests and consecrating women and homosexuals as bishops.
Result? No church has suffered greater losses, as Catholicism has benefited from a steady stream of defecting Anglican clergy
.しかし近年聖公会は、女性聖職者の叙階、女性、同性愛者の主教への叙任で、すべてのキリスト教会の前衛となってきている。
結果どうなったかだって?どの教会も大した損害を被ってはいない。依然としてカソリックはアングリカンの聖職者を謝絶する潮流に浴しているから。

What the secular media reaction to Pope Francis reveals is that traditional Catholicism is today almost as deeply alien to our present-day West as it was in Roman times, only the West chooses to ignore Catholicism, where Rome feared and persecuted it.
フランシスコ法王登場についての世俗メディアの反応は、今日の西欧の伝統的カソリックの教義がローマ時代のそれとはいちじるしく隔たりがある、ということを明らかにした。西欧がカソリック教義を無視することに決めた諸点とは、ローマが怖れ、迫害したところにほかならない。

One hears that President Obama will send to the official installation of the Holy Father to represent America our ranking Catholic officeholders, Vice President Joe Biden, along with former Speaker Nancy Pelosi.
法王の公式就任式に米国代表として、カソリック高官のジョー・バイデン副大統領と、前下院議長のナンシー・ペロシをオバマ大統領が派遣するらしいと聞いている。

One wonders what His Holiness will be thinking as he greets these ornaments of American Catholicism, both of whom regard Roe v. Wade, which has resulted in 53 million abortion deaths, as a milestone of progress for women’s rights and homosexual marriage as the civil rights cause of the 21st century.
アメリカのカソリック代表のこういった一流どころとご挨拶したとき、法王が何を考えるのかと訝らざるを得ない。なぜなら二人は、5千3百万の未出生児の命を奪う結果となった妊娠中絶を促すロー対ウェード事件を女性の人権擁護の一里塚とみなし、また同性結婚を21世紀の人権の大義の一環と見ているからである。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/04/04

パット・ブキャナン「中国のために鐘は鳴り始めたのだろうか?」

パット・ブキャナンのwebを拙訳つきでご紹介いたします。

Has the Bell Begun to Toll for China?
中国のために鐘は鳴り始めたのだろうか?
Friday - March 1, 2013 at 1:15 am

By Patrick J. Buchanan
“Why did the Soviet Union disintegrate? Why did the Soviet Communist Party collapse? An important reason was that their ideals and convictions wavered,” China’s new leader, Xi Jinping, told a closed meeting of party elite in Guangdong province.

「なぜソ連が解体されたか?なぜソビエト共産党は崩壊したのか?大きな理由は、かれらの理想と信念がぐらついたからだよ」、中国の新たなリーダー、習近平は広東省の共産党幹部との内輪の集まりで語った。

“Finally all it took was one quiet word from Gorbachev to declare the dissolution of the Soviet Communist Party, and a great party was gone,” said Xi, according to notes obtained by The New York Times.

ニューヨーク・タイムズによれば、習近平は、「結局、ゴルバチョフの静かな一言、ソビエト共産党の解散宣言がすべてを終わらせ、大政党が消滅したのだ」と言った。

“Everyone is talking about reform, but in fact everyone has a fear of reform,” said Chinese historian Ma Jong. “The question is: Can society be kept under control while you go forward? That is the test.” That is indeed the test.

「だれもが改革について語るが、実際、だれもが改革を怖れている」、と中国人歴史家のマ・ジョンは言う。「問題は、中国社会は前進しながら管理され続けられるのか?にある。これはその実験である」。そう、これは実験なのだ。

What is it that gives a party its legitimacy, its right to rule? What holds a nation together when its cradle faith, its founding ideology, has been abandoned by both elites and the people? That is China’s coming crisis.

何が党に正統性を与えるのだろうか、統治する権利を?その根底にある信仰と建国の思想が、エリート層と庶民の双方に廃棄されてしまった社会で、何が国をまとめてゆけるのだろうか?これがきたるべき中国の危機である。

With victory in the civil war with the Nationalists in 1949, Mao claimed to have liberated China from both Japanese imperialists and Western colonialists, and restored her dignity. “China has stood up!” he said.

1949年、国民党との内戦に勝利し、毛沢東は、日本帝国主義者と西欧の植民地主義者たちの双方から中国を解放し、その尊厳を回復した、と宣言した。「中国は立ち上がった」とかれは言った。

His party’s claim to absolute power was rooted in what it had done, and also what it must do. Only a party with total power could lead a world revolution. Only an all-powerful party could abolish inequality in a way that made the French Revolution look like a rebellion at Berkeley.

自らの党の絶対権力に対する執着は、過去それが行ってきた、またそうしなければならない事柄に由来する。全権力を握った一党体制のみが世界革命を遂行できる。全権掌握の一党のみが、フランス革命がバークレイ校の反乱になぞらえられるような恰好で不平等を廃棄できる。

Xi Jinping’s problem? The Cold War is over. China is herself in the capitalist camp, a member of the G-8, and inequality in the People’s Republic resembles that of America in the Gilded Age.

習近平の問題とは?冷戦は終わった。中国は自身、資本主義陣営にある。G8のメンバー国であり、人民共和国において[南北戦争後の]アメリカの金ぴか時代に似た不平等社会がある。

How does the Chinese Communist Party justify control of all of China’s institutions today — economic, political, military and cultural?
If Marxism is mocked behind closed doors by a new economic elite and tens of millions of Chinese young, what can cause the nation to continue to respect and obey a Communist Party and its leaders, besides the gun?

経済、政治、軍事、文化―すべてにわたる中国の今日の機構を、中国共産党が管理していることをどのように正当化しようというのか?
もしマルキシズムが、閉ざされたドアのうしろで、新しいエリートや、数千万の中国の若者たちに馬鹿にされているのだとすれば、共産党に対する敬意と従属を国民に継続させるには、銃のほかに何があるというのだろうか?

The answer of Europe in the 1930s is China’s answer today.
Nationalism, tribalism, patriotic war if necessary, will bring the masses back. If the Chinese nation is being insulted, if ancestral lands are occupied by foreigners as in olden times, the people will rally around a regime that stands up for China. Nationalism will keep Chinese society “under control while you go forward.”

1930年代のヨーロッパの回答が今日の中国の回答である。
ナショナリズム、トライバリズム[部族主義]、必要な時の愛国戦争が、大衆を引き戻す。中国国民が侮蔑されるとすれば、伝来の土地が、かつてのごとく外国人に占領されるとすれば、人民は中国を支える体制のまわりに集結する。ナショナリズムが、「前進しながらの管理下」に中国社会を保持するのである。

Japan’s Prime Minister Shinzo Abe traces the aggressiveness of Beijing in the Senkaku Islands dispute to a “deeply ingrained” need to appeal to Chinese nationalism in the form of anti-Japanese sentiment dating to the Sino-Japanese War of 1937-1945.

日本の安倍晋三首相は、尖閣諸島問題における北京の侵略性を追究した。これは必然的に、1937-1945年の日中戦争に遡る反日感情と同じ形の中国ナショナリズムを刺激した。

Chinese nationalism, says Abe, is also behind China’s quarrels with Vietnam and other nations over islands of the South China Sea.
If Beijing is unable to deliver economic growth, “it will not be able to control the 1.3 billion people … under the one-party rule,” Abe told The Washington Post. He is now denying those quotes.

安倍は言う、中国のナショナリズムは、南シナ海における島嶼に関するベトナムほか諸国との係争問題にも存在している。
北京が経済成長に失敗すると、「13億の国民を・・一党独裁でコントロールすることは不可能だろう」、と安倍はワシントン・ポストに述べた。かれはそう言ったことを否定しているが。

But China is not alone in stoking the flames of nationalism to maintain legitimacy.
Abe has himself taken a firm stand against China in the Senkakus and is moving rightward on patriotism, security and a defense of Japan’s history in the 20th century, and he is rising in the polls. The apologetic and pacifist Japan of yesterday is no more.

しかし正統性維持のため炎を燃やし続けることは、中国のみの話ではない。
安倍自身、尖閣問題では中国に対し強硬姿勢を貫いており、愛国心、20世紀における日本の安全と防衛の歴史の方向を向いている。世論調査では安倍の支持は上昇し続けている。昨日の、弁明に終始した平和主義の日本はもうなくなった。

In Russia, a nation that saw its Orthodox faith ripped up by the roots by Josef Stalin, then saw its Marxist-Leninist ideology and a Communist Party that was its Vatican collapse, is searching to locate the ancient sources of Russian patriotism and nationhood. Vladimir Putin seeks to knit back together the empire of the Romanovs and revive the old church.

ロシア国民は、ジョセフ・スターリンによってロシア正教の信仰が根絶やしにされるところを見た。そしてその後マルクス・レーニン思想と、バチカンとなっていた共産党が崩壊するところを見た。いま、伝統的なロシア愛国主義と独立志向の基本に立ち返ろうとしている。ウラジミール・プーチンは、ロマノフ帝国を再現しようと引き締めを図り、古い教会を再生させようとしている。

In the Muslim world, the secularism of Gamal Abdel Nasser and Saddam Hussein and Bashar Assad are yielding to forces that look all the way back to Muhammad and the Quran as infallible guides to politics, law and national greatness. The Sunni-Shia split recalls our Catholic-Protestant split in the time of Luther, Calvin, Henry VIII, the Council of Trent and the Thirty Years War.

イスラム世界では、ガマル・アブデル・ナセル、サダム・フセイン、バシャル・アサドの世俗主義は、政治、法律、国家の偉大さについて、ムハンマドとコーランが無謬の指針であると、すべてを復古させようとする勢力に屈服しつつある。スンニ派とシーア派の分断は、ルーテル、カルバン、ヘンリー8世、トレント公会議、30年戦争時代の、カトリックとプロテスタントの分断を思い起こさせる。

Nor should America be smug about this search for legitimacy.
Our British-Protestant then European-Christian identity has gone the way of the Cheshire Cat. In the age of Obama, Jefferson’s Declaration and Madison’s Constitution are invoked to justify societal mandates that would have had the Founding Fathers loading muskets.

アメリカも、正統性へのこのような回帰について無関心であってはならない。
われわれの、初期は英国系プロテスタント、そしてその後欧州系キリスト教徒であったアイデンティティは、チェシャー猫[「不思議の国のアリス」に登場する架空の猫]の道を歩んでいる。オバマの時代にあって、ジェファーソンの独立宣言とマディソンの憲法が、建国の父たちの弾が込められたマスケット銃となりかねない社会的取り決めを正当化するために利用されている。

What is our guiding light now that the philosophical, cultural, religious and political
roots of the old republic are being systematically severed?
What gives legitimacy to the American government? Elections, majority rule through universal suffrage of a people, ever-larger shares of whom are ignorant of the faith, culture and civilization whence we came?

伝統ある共和国の哲学的、文化的、宗教的、政治的な根源が組織的に切断されつつあるいまの時代、われわれを導くともしびはどこにあるのだろうか?
米国政府に正統性を与えるものは何か?選挙?人々の広く遍き投票による多数決原理なのだろうか?信仰、文化、そして、われわれの出発点である文明を無視する人々の割合はこれまでになく高まっているが、それら人々による選挙なのだろうか?

If our economy should sink like Southern Europe’s, if the great god Progress no longer smiles upon us, what do we fall back on?
One day, Americans will begin to ask themselves such questions, if they have not already begun to do so.

もしわれわれの経済が南ヨーロッパのごとく地盤沈下してしまうとすれば、進歩の神がもはやわれわれに頬笑むこともなくなってしまうとすれば、何を頼りにすればよいのか?
すでにその日はやって来ているのかもしれないが、いつの日か、アメリカ人をそういう問いかけを自分自身にし始めることだろう。

These might be related:

次のような関連テーマがあります。
1. Has the Bell Begun to Toll for the GOP?
2. China’s Path to Power
3. Has the Counterrevolution Begun?
4. How Adam Smith Would Handle China
5. For Whom the Bell Tolls
6. A Time For Truth About China
7. China Checkmate for United States in Asia?
8. Buchanan: Take the China Test
9. Why Should China Get Trading Privileges?
10. A Fire Bell in the Night for Norway
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。