--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/07/16

Human Smoke 5

NYT 1936年3月15日
合衆国政府は、外国政府に対する月別許可済武器販売統計を発表した。中立法の規定により、すべての武器の販売は、国務相の軍需品管理局の許可が必要だった。
 1936年2月、またもや中国が第一位の購入者だった。それは、チリ、ドイツに次ぐ。中国は。航空機、戦車、弾薬を購入した。ドイツは、「非戦闘用」航空機、レボルバー、弾薬を購入していた。

NYT 1936年7月21日
 東京の新聞はみな同じトップ記事を掲げた。米国政府、武器購入用、1億元の借款を中国に与える、と。1936年7月21日にことだった。
 ある記事によれば、財務省代表のアーサー・キャンベルは、最近中国へ貿易協定案を持参した。そのなかで、合衆国は、260万ドル相当の銀を中国から買う、中国は米国から、航空機、船舶、石油、トラクター、鉄道設備を買うという。キャンベルは、顧問として中国に滞在する。  
 日本外務省の高官が言った、この武器取引の報道が真実であれば、日本政府はとても無関心ではいられない、と。
 
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。