--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/15

Alliance - 1     バッファロー、熊、そしてドンキー

ー世界平和の枠組みは・・・世界全体の協調に基づく平和でなければならぬ。  フランクリン・ルーズベルト

 戦争は第一次大戦とくらべて途轍もなく拡がった。大西洋、太平洋を横切り、ヨーロッパとアジアを通り抜け、北極から北アフリカにまで及んだ。1939年から1945年まで、2174日の戦いで5千万以上が死んだ。北米は被害を免れたが、ソ連の資本財は4分の1が破壊され、ドイツと日本は真っ平らになってしまった。
 英国は下り坂を歩んでいた。ボルシェビキ革命のあとソ連に根をおろした巨大な政府は、同盟のほかの二国に対して確固たる存在となった。アメリカの軍事支出は大恐慌からの回復を可能とし、ルーズベルトは手管を用いて帝王的な大統領として君臨した。軋轢のなかから国際連合、国際通貨基金、世界銀行などの機構が実現し、主導権争いは偉大な技術的進歩を生み出した。原子爆弾、コンピュータを促進した暗号解読機などである。
 英米軍は基本的に赤軍と行動をともにしたことはない。西側同盟国が二正面で戦争をしていた間、スターリンは1945年夏まで日本との不可侵条約を継続した。アメリカ参戦の以前からワシントンとロンドンは詳細な軍事協議を始めていたが、基本的戦略には相異があった。アメリカは北フランスのドイツ軍に一槌をくだすべきだ、と主張していたのに対し、イギリスは北アフリカと南ヨーロッパの「柔らかい下腹部」を叩く間接攻撃を支持した。アジアでは、ルーズベルトは中国を戦後世界の四人の警察官のひとりと考えていたが、チャーチルは、中国は膨大な援助を期待するだけの国で、機会を与える必要はない、という意見だった。真珠湾攻撃の前からルーズベルトは、英国を第一線の防禦線として、アメリカは形の上では中立国ではあるが、英国にさまざまな援助を与えていた。しかし、1943年夏以降、ルーズベルトはスターリンとの二国対話を模索していた。
 チャーチルの回顧録にはこのあたりの複雑怪奇な同盟関係の動きが述べられている。三国の政策の違いは救いがたいものになりつつあった。ワシントンは領土問題を取引材料とすることを拒否したが、スターリンは大幅な安全保障地帯を設けるべき、と地図上に仕切りを示した。ルーズベルトは植民地の終焉を望んでいた。チャーチルは自分は大英帝国を解体する権限を持たない、と宣言した。ルーズベルトが、勝利ののち二年で米軍を欧州から撤退させる、と言いだして以来、チャーチルは徐々にソ連の力に懸念を抱きはじめた。しかし、ルーズベルトはスターリンのあしらいに自信を持っているつもりで、ソ連に、ニューディールによく似た体制が出来上がることを期待していた。
 同盟が成立したとき、 チャーチルは67歳、スターリンは62歳、ルーズベルトは59歳だった。チャーチルは母親がアメリカ人だったが、本人はまるまる英国人だった。「英語を総動員して」国民を戦争に駆り立てたが、この戦争の惹き起こした「変化」にはついて行けず、勝利のあとの新世界の人間ではなかった。ルーズベルトは、「アメリカ人とは何でもやってのける国民」の権化のような人物だった。ホワイトハウスでの12年、最初の100日間の大恐慌退治の暴風雨にはじまって、かれは自らを無上の政治アニマルに仕立て上げた。グルジアの貧しい靴屋の息子から立身したスターリンは、革命資金獲得のための銀行強盗を働く前、ロシア正教の神学校で学んだ。権力を握って、人間世界の超法規的存在と自認しはじめた。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。