--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/05/15

パトリック・ブキャナン「グランド・オールド・パーティ(共和党)へのレクイエム」

Requiem for a Grand Old Party
グランド・オールド・パーティ(共和党)へのレクイエム
Friday - May 10, 2013 at 12:39 am


inShare0
By Patrick J. Buchanan
Has the bell begun to toll for the GOP?
The question arises while reading an analysis of Census Bureau statistics on the 2012 election by Dan Balz and Ted Mellnik.
One sentence in their Washington Post story fairly leaps out:
共和党のために鐘(弔鐘)は鳴りはじめたのか?
ダン・バルツとテッド・メルニックによる2012年のセンサス・ビューロー(国勢調査局)の統計の分析を読むとそう読めてくる。
ワシントン・ポストの一文はこのことをよく書いている。

“The total number of white voters actually decreased between 2008 and 2012, the first such drop by any group within the population since the bureau started to issue such statistics.”
America’s white majority, which accounts for nine in 10 of all Republican votes in presidential elections, is not only shrinking as a share of the electorate, but it is declining in numbers, as well.
「2008年から2012年にかけて白人の投票者数は実際に減少している。国勢調査局が統計を発表して以来、一人種グループのこのような落ちこみは初めてのことである」。
大統領選挙における共和党への投票10票のうち9票を占めるアメリカの白人マジョリティは、有権者の比率においてのみではなく、実数においても減少しつつある。

The Balz-Mellnik piece was primarily about the black vote.
Sixty-six percent of the black electorate turned out, to 64 percent of the white electorate. Black turnout in 2012 was higher by 1.7 million than in 2008. Hispanic turnout rose by 1.4 million votes.
バルツ=メルニック分析は、基本的には黒人の投票行動について行われたものだった。
白人有権者の投票率64%に対して、黒人有権者の投票率は66%だった。2012年の黒人票は2008年にくらべて170万増加した。ヒスパニックの増加は140万票だった。

But from 2008 to 2012, the white vote fell by 2 million.
This is the crisis of the Grand Old Party:
Minorities, peoples of color — Hispanic, black, Asian — gave 80 percent of their votes to Obama. And while the minorities’ share of the electorate was 26 percent in 2012, minorities constitute 36.3 percent of the population. And their share of both the electorate and the population is inexorably rising.
しかし2008年から2012年にかけて白人票は200万票減った。
これは共和党の危機である。
有色人種マイノリティーヒスパニック、黒人、アジア系―の80%はオバマに投票した。2012年選挙の有権者におけるマイノリティのシェアは26%だったが、人口構成では36.3%である。そして、有権者数と総人口においてマイノリティのシェアは確実に増加して行くのである。

Obama won only 39 percent of White America, lowest ever of any victorious presidential candidate. But he did not need any more white votes, when he was carrying people of color 4 to 1.
Any good news in the Census Bureau report for the GOP?
ホワイト・アメリカ(アメリカの白人社会)で、オバマは39%しか取れなかった。これまでの大統領選挙における勝者のなかで最低である。有色人種票を4対1でとれるならば、オバマはもはやこれ以上の白人票を必要としない。
センサス・ビューローの報告に共和党にとって良いニュースはあったのだろうか?

Only this: The tremendous turnout of black Americans in 2012 was surely due to Obama’s being under ferocious attack and in peril of being repudiated. Black folks turned out in record numbers to rescue the first black president. That situation will not recur in 2016.
一つだけあった。2012年の選挙で黒人が驚異的な投票率を示したのは、たしかに、オバマが執拗な攻撃を受け、負けるかもしれない危険があったからである。黒人大衆は、最初の黒人大統領の救済のため、記録的な人数で繰り出したのである。この状況は2016年では再現しないだろう。

Yet the bad news for the Republican Party does not cease.
While the total Hispanic vote rose by 1.4 million between 2008 and 2012, some 12 million eligible Hispanics did not bother to vote. And when one considers that Romney lost Hispanics 71-27, any Democratic effort to get out the Hispanic vote is going to be problematic for the GOP.
とはいえ共和党のための悪いニュースは終らない。
2008年と2012年ではヒスパニックの投票が140万増加したが、1200万ばかりのヒスパニック有資格者は投票する気を起こさなかった。ロムニーがヒスパニック票を、71対27で失ったことを考えると、ヒスパニック票を狩りだす民主党の努力は、共和党にとっての問題点となるだろう。

Only 48 percent of eligible Asians voted. But when they did, they went 70 percent Democratic. Asians’ numbers, too, are growing, and as more go to the polls, the GOP crisis deepens.
The Republican response to this gathering disaster?
アジア系は有資格者の48%しか投票しなかった。しかし投票するときは70%が民主党に向かった。アジア系も増えている。かれらも投票所に出かければ出かけるほど、共和党の悩みが深まってくる。
このような災厄の積み重なりに共和党はどう答えるか?

Led by Sens. Marco Rubio, John McCain and Lindsey Graham, Republicans are pushing for amnesty and “a path to citizenship” for the 11 to 12 million illegal aliens in the country today.
Who are these folks? Perhaps half are Hispanic, but 90 percent are people of color who, once registered, vote 4-to-1 Democratic. One would not be surprised to hear that the Senate Democratic Caucus had broken out into chants of “Go, Marco, Go!”
マルコ・ルビオ、ジョン・マケイン、リンゼイ・グラハム上院議員の呼びかけのもと、共和党員はアムネスティ(特赦)を推進し、現在国内にいる1100万から1200万にのぼる不法移民に「市民権への道」を拓こうとしている。
かれらはどういった連中なのか?多分半分はヒスパニックだが、90%は有色人種で、一旦登録されれば、4対1で民主党に投票する人々である。民主党の上院幹部会が、「行けマルコ、行け!」と大合唱するところを聞いたとしても驚くことはない。

Setting aside the illegals invasion Bush 41 and Bush 43 refused to halt, each year a million new immigrants enter and move onto a fast track to citizenship. Between 80 and 90 percent now come from the Third World, and once naturalized, they vote 80 percent Democratic.
第41代ブッシュと第43代ブッシュが止めようとしなかった不法移民問題を別としても、毎年毎年、100万もの新しい移民が入国してきて市民権取得の最前列に並んでいる。いまやそのうち80-90%は第三世界からやってくる。そして一旦帰化するや、80-90%が民主党に投票するのである。

This brings us back around to the Electoral College.
After Richard Nixon cobbled together his New Majority, the GOP carried 49 states in 1972 and in 1984, 44 states in 1980 and 40 in 1988. In four elections — 1972, 1984, 1988 and 2004 — the Republican Party swept all 11 states of FDR’s “Solid South.”
このことは、選挙人をめぐる状況をわれわれに再考させる。
リチャード・ニクソンがニューマジョリティを糾合したあと、共和党は1972年と1984年に49州を制覇し、1980年には44州、1988年には40州を獲得した。4回の選挙―1972年、1984年、1988年、2004年―で共和党は、FDR(フランクリン・ルーズベルト)のいう「ソリッド・サウス(固い南部)」の11州すべてをものにした。

Such were the fruits of that evil Southern Strategy.
But when conservatives urged Bush 1 to declare a moratorium on legal immigration in 1992 and build a security fence, the politically correct Republican establishment fought tooth and nail to keep the idea out of the platform.
So, where are we?
これはあの悪名高い南部戦略の結果となるのか?
しかし、保守派がブッシュ1世に対して、1992年に合法移民の凍結と安全柵の設置を要請したとき、政治的公正を標榜する共和党エリートはこの要請を議題に挙げないよう徹底的にたたかった。
ならばわれわれはどうすれば良いのか?

Eighteen states, including four of the seven mega-states — California, New York, Illinois and Pennsylvania — have gone Democratic in six straight elections. Two others, Florida and Ohio, have gone Democratic twice in a row. And white folks are now a minority in the last mega-state, Texas.
メガ・ステートの四つ―カリフォルニア、ニューヨーク、イリノイ、ペンシルベニア―を含む18州で、6回の直接選挙で民主党は勝った。あと二つ、フロリダとオハイオは、二回続けて民主党に勝たせた。そして最後のメガ・ステート―テキサスで、白人はいまマイノリティになってしまった。

In Ohio, which produced seven Republican presidents, more than any other state, Republicans are dropping out, and may be dying out.
“Eight years ago, blacks and whites voted at about the same rate (in Ohio),” write Balz and Mellnik. In 2008, “the participation rate for whites dropped to 65 percent, while the rate for blacks rose to 70 percent. Last November, the turnout rate among whites fell to 62 percent, while the rate for blacks ticked up to 72 percent.”
過去7回、共和党を輩出したオハイオでは、ほかのどの州にもまして共和党支持者が凋落している、多分そのうち消えてしまうだろう。
「8年前、(オハイオでは)黒人と白人は同率で投票した」、とバルツとメルニックは書く。2008年、「白人の投票率は65%へと下がり、黒人の投票率は70%へと上がった。昨年11月、白人のそれは62%へと下降、黒人は72%に上昇した」。

From these Census figures, white folks are losing interest in politics and voting. Yet, whites still constitute three-fourths of the electorate and nine in 10 Republican votes.
Query: Is the way to increase the enthusiasm and turnout among this three-fourths of the electorate for the GOP to embrace amnesty and a path to citizenship for 12 million illegal foreign aliens?
Or is it to demand the sealing of America’s borders against any and all intruders?
Just asking.
この調査結果は、白人大衆が政治や投票に興味を失いつつあることを示す。とはいえ、白人は有権者の4分の3を構成し、共和党支持票の10票のうち9票を占めている。
質問:共和党支持者の4分の3を構成する有権者の熱意と投票率を上昇させるために、1200万の不法移民のアムネスティと市民権取得を擁護することは一つの方法となるのか?
さもなければ、あらゆる、すべての侵入者を許さないため、アメリカの国境を封鎖せよと求めているのか?
ただ問うのみである。


inShare0
These might be related:
次のような関連サイトがあります。
1. A Grand Old Party in Panic
2. Is GOP Still a National Party?
3. Requiem for a Patriot
4. The Sydney Carton Party
5. Tea Party vs. War Party?
6. The Balkanization of Barack’s Party
7. Is the GOP Becoming a War Party?
8. Is a Tea Party Triumph at Hand?
9. Tea Party’s Winning Hand
10. America’s Party

スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。