--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/05/04

パトリック・ブキャナン「法王と神不在の資本主義」

The Pope and Godless Capitalism
法王と神不在の資本主義
Friday - May 3, 2013 at 2:24 am


inShare0
By Patrick J. Buchanan
“This is called slave labor,” said Pope Francis.
The Holy Father was referring to the $40 a month paid to apparel workers at that eight-story garment factory in Bangladesh that collapsed on top of them, killing more than 400.
“Not paying a just wage … focusing exclusively on the balance books, on financial statements, only looking at personal profit. That goes against God!”
「これは奴隷労働と呼ぼう」、フランシスコ法王が言った。
法王は、ビル崩壊で400人以上が死んだ、バングラデシュの8階建ての衣料工場最上階のアパレル労働者の賃金が月額40ドルだったことについて語っているのである。
「賃金支払いのことだけではない・・・バランス・シート、会計資料に限ってみただけでも個人の利益だけしか考えていない。これは神の道に反する!」

The pope is describing the dark side of globalism.
Why is Bangladesh, after China, the second-largest producer of apparel in the world? Why are there 4,000 garment factories in that impoverished country which, a few decades ago, had almost none?
法王はグローバリズムの暗い側面を衝いている。
中国の次、世界第二のアパレル・メーカー、バングラデシュ、なぜなのか?
数10年前にはほとんど何もなかった貧乏国に、なぜ4000もの衣料工場があるのか?

Because the Asian subcontinent is where Western brands – from Disney to Gap to Benetton – can produce cheapest. They can do so because women and children will work for $1.50 a day crammed into factories that are rickety firetraps, where health and safety regulations are nonexistent.
This is what capitalism, devoid of a conscience, will produce.
なぜならこのアジア亜大陸は―ディズニーからギャップ、ベネトンまでの―西欧ブランド商品を最も廉価に製造できる出来るからである。それが出来るのは、非常口もないぼろ建物に詰めこまれて、衛生、安全規則もなく、一日1ドル50セントで働く女性や子どもたちが存在するからである。

Rescuers at the factory outside Dhaka have stopped looking for survivors, but expect to find hundreds more bodies in the rubble.
The Walt Disney Co., with sales of $40 billion a year, decided – after an apparel plant fire in November took the lives of 112 workers – to stop producing in Bangladesh. “The Disney ban now extends to other countries, including Pakistan,” says the New York Times, “where a fire last September killed 262 garment workers.”
ダッカ郊外のこの工場の救命隊は生存者の捜索を取りやめ、瓦礫の中、100以上の遺体の発見に切り替えた。
年間400億ドルを売り上げているウォルト・ディズニー社は―112名の労働者の犠牲を出した11月のアパレル工場火災のあと―バングラデシュにおける生産を停止した。
「ディズニーの製造中止は、パキスタンを含む他国にもいま拡がっている」、とニューヨーク・タイムズは書いた。「パキスタンでは昨年9月、火災で262名の衣料労働者が死んでいる」。

Not long ago, the shirts, skirts, suits and dresses Americans wore were “Made in the USA” – in plants in the Carolinas, Georgia and Louisiana, where the lower wages, lighter regulations and air conditioning that came after World War II had attracted the factories from New England.
それほど遠くはないむかし、アメリカ人の着るシャツ、スカート、スーツ、ドレスは、「メイドインUSA」だった―工場は、比較的低賃金で、規制もゆるく、また第二次大戦後エアコンが発達したためニューイングランドの工場を惹きつけた、南北カロライナ、ジョージア、ルイジアナ諸州にあった。

The American idea was that the 50 states and their citizens should compete with one another fairly. The feds set the health and safety standards that all factories had to meet, and imposed wage and hour laws. Some states offered lower wages, but there was a federal minimum wage.
アメリカ人の考え方は、50の州とその市民は、たがいにフェアに競争しなければならない、というものだった。連邦政府は、工場すべてが遵守すべき衛生と安全の基準を設定し、賃金と労働時間の法律を施行した。いくつかの州は低賃金を提示したものの、それは連邦の定める最低賃金だった。

How did we prevent companies from shutting down here and going to places like today’s Bangladesh to produce as cheaply as they could – without regard for the health and safety of their workers – and to send their products back here and kill the American factories?
From James Madison to the mid-20th century, we had a tariff.
国内の工場を閉めて、できるだけ安いコストで製品を作れるよう、現代のバングラデシュの様な国へ移転する―そこの労働者の衛生とか安全とかはまったく度外視して―そして製品を国内に持ちこんでアメリカの工場を殺してしまう、そのようなことを防ぐ処置をわれわれはどれほどしてきたのだろうか?
ジェームズ・マディソンの頃から20世紀の半ばまで、われわれには関税があった。

This provided revenue for the U.S. government to keep other taxes low and build the nation’s infrastructure. Tariffs prevented exploiters of labor from getting rich here on sweatshops abroad.
Tariffs favored U.S. companies by letting them compete for free in the U.S. market, while a cover charge was placed on foreign goods entering the USA. Foreign producers would pay tariffs for the privilege of competing here, while U.S. companies paid income taxes.
関税は、ほかの税金を低率にとどめ、国家のインフラストラクチャーを建設する資金を合衆国政府に与えた。関税は、海外の低賃金労働を利用して国内で金持ちになろうとする労働搾取経営者の出現を防いでいた。
関税は、米国市場で、米国産業が自由競争をすることに役立つ一方、合衆国に流入する外国産品の場所代を課すものとなっていた。米国の会社は所得税を支払うが、外国生産者は、米国内で競争できる特権のために関税を支払っていた。

Foreigners had to buy a ticket to the game. Americans got in free.
After all, it’s our country, isn’t it?
外国人はアメリカでゲームをするためにチケットを買わなければならなかった。アメリカ人は無料である。
いずれにせよ、それがわが国である。違いますか?

But in the late 20th century, America abandoned as “protectionism” what Henry Clay had called The American System. We gave up on economic patriotism. We gave up on the idea that the U.S. economy should be structured for the benefit of America and Americans first.
We embraced globalism.
しかし20世紀の終わり頃、アメリカは、ヘンリー・クレイがアメリカシステムと呼んだ「保護主義」を放棄した。われわれは経済的愛国主義を捨てた。われわれは、アメリカ経済はアメリカのためにアメリカ第一主義のために形成されなければならないという考え方を捨てた。
われわれはグローバリズムが大好きになった。

The ideological basis of globalism was that, just as what was best for America was a free market where U.S. companies produce and sell anywhere freely and equally in the U.S., this model can be applied worldwide.
We can create a global economy where companies produce where they wish and sell where they wish.
アメリカのいちばん良いところは、アメリカ国内のどこででも自由に、平等に、アメリカの会社がものを作り、売ることが出来る自由市場がある、という点にあったが、それと同じように、このモデルが世界中に通じ得ると考える点にグローバリズムのイデオロギー上の基盤はあった。
企業は望むところで生産が可能、望むところで販売が可能、というグローバル経済をわれわれは創造することが出来る。

As one might expect, the big boosters of the concept were the transnational corporations. They could now shift plants and factories out of the high-wage, well-regulated U.S. economy to Mexico, China and India, then to Bangladesh, Haiti and Cambodia, produce for pennies, ship their products back to the U.S., sell here at the same old price, and pocket the difference.
想像のつくところであるが、この考え方の推進者は多国籍企業である。これら企業は、高賃金で、規制の整備された米国経済をあとにしてメキシコ、中国、インド、それからバングラデシュ、ハイチ、カンボジアへとプラント、工場を移している。かれらは超廉価で製品を作り、合衆国へと船積みし、国内では元の値段で販売し、差額をポケットに入れている。

As some who were familiar with the decline of Great Britain predicted, this would lead inexorably to the deindustrialization of America, a halt to the steady rise in U.S. workers’ wages and standard of living, and the enrichment of a new class of corporatists.
大英帝国の崩壊を知悉するものたちは予言する。グローバリズムは容赦なくアメリカの非産業化を促進すると。米国労働者の賃金と生活水準の着実な上昇はとまる。そして企業家新階級の富裕化。

Meanwhile, other nations, believing yet in economic nationalism, would invade and capture huge slices of the U.S. market for their home companies, their “national champions.” The losers would be the companies that stayed in the USA and produced for the USA, with American workers.
一方、引き続き経済ナショナリズムを信じる他国が、それぞれの国内企業、「国家的チャンピオン」のために、米国市場の巨大な分け前にあずかろうと侵入してくることとなった。敗者は合衆国にとどまって、アメリカ人労働者を雇って、合衆国のために生産している会社となった。

And so it came to pass. U.S. real wages have not risen in 40 years.
In the first decade of the century, America lost 5 million to 6 million manufacturing jobs, one in every three we had, as 55,000 factories closed.
そう、はっきりした事実がある。アメリカの実質賃金は40年間上がっていない。
21世紀の最初の10年でアメリカは5-6百万の製造業雇用を失った。3人に1人の割合である。そして5万5千の工場が閉鎖された。

Since Bush 41 touted his New World Order, we have run trade deficits of $10 trillion – ten thousand billion dollars! Everybody – the EU, China, Japan, Mexico, Canada – now runs a trade surplus at the expense of the U.S.
We built the global economy – by gutting our own.
第41代ブッシュ大統領が、そのニューワールド・オーダー(世界新秩序)を唱えて以来、わが国は10兆ドルの貿易赤字を記録している!だれでも―EU、中国、日本、メキシコ、カナダ―いまは合衆国の犠牲において貿易黒字を稼いでいるのである。
われわれはグローバル経済を築き上げた―わが経済を骨抜きにして。


inShare0
These might be related:
次のような関連サイトがあります。

1. Enron and the Decline of Capitalism
2. The Dog Days of Capitalism
3. A Godless Party Expels the Creator
4. Pope Francis — Against the West?
5. Vulture Capitalism or Populist Demagoguery?
6. Scalia v. the Pope: Who’s Right on the Death Penalty?
7. How Capital Crushed Labor
8. Whose Country Is It, Anyway?
9. Now Korea Is Cleaning Our Clock
10. The Chickens of Globalization Come Home to Roost

スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。