--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/05/02

パトリック・ブキャナン「ガン・ウォー(銃規制問題の戦い)の勝者はだれか?」

Who Is Winning the Gun War?
ガン・ウォー(銃規制問題の戦い)の勝者はだれか?
Friday - April 12, 2013 at 3:55 pm


inShare1
By Patrick J. Buchanan
Attacks from abroad — Pearl Harbor, 9/11 — have united us.
Yet domestic atrocities lately seem only to deepen our divisions.
The bombing of the Murrah federal building in Oklahoma City was seized upon to savage government critics like Rush Limbaugh.
外からの攻撃―真珠湾、9.11―はわれわれを一つにした。
しかし国内の最近の銃撃事件は、われわれの亀裂を深めるだけのように見える。
オクラホマ・シティのミューラー連邦政府ビルの爆弾事件は、ラッシュ・リンボー(トーク・ショウのホスト)のような政府批判者に大きく取りあげられた。

After the murder of six innocents, including a 9-year-old girl, and the wounding of Rep. Gabrielle Giffords and a dozen others in Tucson, Ariz., by a certifiable lunatic, Sarah Palin was charged with moral complicity.
まさしく精神異常者の犯罪だった、9歳の女の子を含む何の罪もない9名の殺害、そしてガブリエル・ギフォード議員ほか10数名の負傷者が出たアリゾナ州タクソンの事件では、サラ・ペイリンは道義的共犯関係に問われた。

The slaughter of 20 first-graders at Sandy Hook Elementary in Newtown, Conn., put the National Rifle Association in the media cross hairs. With the massacres at Columbine, Virginia Tech and Ft. Hood, Tucson and Newtown are now the primary exhibits in the prosecution case for the disarming of America.
ニュータウンのサンディ・フック小学校での一年生20名の射殺事件では、メディアが全米ライフル協会に照準を定めた。コロンバイン高校、バージニア工科大学、フォート・フッド陸軍基地、タクソン大学、そしてニュータウンの銃乱射事件の数々は、いまやアメリカの非武装化を主張するための主要な証拠物件となっている。

Are the gun controllers winning? They have surely made gains.
Maryland, New York, Connecticut and Colorado have outlawed high-capacity magazines used in semiautomatic rifles and pistols. All four have outlawed all versions of the AR-15 rifle used in Newtown. All have imposed background checks on all gun purchasers.
銃規制の当事者たちは勝利をおさめているか?たしかに前進している。
メリーランド、ニューヨーク、コネチカット、コロラドの各州は、半自動式ライフルとピストルの高性能弾薬倉を非合法化した。ニュータウンで使われたAR-15式ライフルは、四州すべてで認められていない。四州は、銃購入者のすべての身元調査(バックグラウンド・チェック)を義務づけた。

Maryland has gone further. According to The Washington Post, Maryland’s law “would force gun buyers to provide fingerprints and undergo classroom training, target practice and background checks to obtain a license to buy a firearm. No state had sought to impose a licensing requirement in nearly 20 years.”
メリーランドはそれ以上のことを行っている。ワシントン・ポストによれば、メリーランド州法は「銃の購入者に指紋登録をさせ、講習と標的訓練を施し、火器購入免許のためのバックグラウンド・チェックを強制することとした」。

To make licensing and fingerprinting a condition of buying a gun seems a prima facie violation of the Second Amendment.
At the federal level, the going has been tougher for the gun controllers. Sens. Joe Manchin of West Virginia and Pat Toomey of Pennsylvania have introduced a bill to require background checks on all gun purchases on the Internet and at gun shows.
銃の購入の条件として免許と指紋登録を必要とさせることは、明白に修正憲法第2条に違反するように見られる。
連邦レベルで見ると、銃砲規制論者は、はるかに強硬路線を歩んできていた。上院議員、ウェスト・バージニアのジョー・マンチン、ペンシルベニアのパット・トゥーミ-は、インターネットと銃展示会における銃購入者のすべてについてバックグラウンド・チェックを必要とする法案を導入した。
Yet Harry Reid has warned that any attempt to outlaw th
e AR-15, the most popular rifle now selling in America, or limit magazines to 10 rounds might not carry 40 votes, let alone the 60 senators needed to stop a filibuster.
So who is winning this ideological and cultural war?
しかしハリー・レイドは、アメリカでいまもっとも人気のあるライフル、AR-15を非合法としたり、弾薬倉の販売を10個に制限したりする試みは、賛成票40も得られまい、と警告した。もちろん上院議員60名ほどは議事妨害行為をやめるべきだが。
となると、このイデオロギー的、文化的戦いの勝者は誰なのだろうか?

Measured by media coverage, the gun controllers. Mayor Michael Bloomberg is treated with a deference Wayne LaPierre of the NRA and Larry Pratt of Gun Owners of America will never know.
But measured by wins and losses, LaPierre and Pratt seem to be holding their own.
銃規制側に立つメディア論調から判断すると、NRA(全米ライフル協会)のウェイン・ラピエールやアメリカ銃保有者会のラリー・プラットが決して受けることのなさそうな敬意を以て、メディアはマイケル・ブルームバーグ市長を遇している。
しかし、勝ち負けの観点から見れば、ラピエールもプラットもしっかりとした基盤に乗っているようだ。

Polls show support for new gun laws dropping steadily. And there has been an explosion in sales of AR-15s and high-capacity magazines. Makers of the rifles cannot fill back orders. A number of Americans seem so fearful of new restrictions on their gun rights they are stocking up on weapons and ammunition as though the revolution were at hand.
世論調査は、新しい銃規制法に対する支持が着実に落ちていることを示している。またAR-15と高性能弾薬倉の購買ブームが起こっている。このライフルのメーカー各社は注文殺到に応じきれていない。多くのアメリカ人は、銃保有の権利を冒す新しい規制を懸念するあまり、あたかも革命が眼前に近づいているかのごとく、武器弾薬をストックしつつある。

Going back further, gun sales have soared in recent years. According to CNS News, there have been 70 million FBI background checks for gun purchases since February 2009.
In the last two decades, many states have passed laws allowing citizens to carry concealed weapons and reduced the number of sites where weapons may not be carried.
なおいえば、ここ数年、銃の販売は伸張していた。CNSニュースのつたえるところによれば、2009年2月以降、FBIによって7千万の銃購入者の身元調査が行われたという。
過去20年で多くの州が、武器を隠して携帯することを市民に許す法律を通過させ、武器の持ちこみ禁止区域を減少させた。

Gun manufacturers like Beretta in Maryland and Colt in Connecticut are talking about moving to more friendly states.
Another problem the gun controllers seem unable to overcome is the suspicion they are not being honest about their ultimate goal — and that goal is a place far beyond having criminal background checks.
メリーランド州のベレッタ、コネチカット州のコルトなどのメーカーは、もっと友好的な州に移転することを検討している。
もう一つの問題点は、銃規制派が指向するその最終目標―購入者の犯罪歴バックグラウンド・チェック問題などよりはるかに遠い所にある―に偽善があるのではないかという疑惑を、かれらが払拭できていないと見られる点にある。

What is behind the suspicion?
How many gun controllers who today profess their love of and loyalty to the Second Amendment spoke out against the new Maryland law that requires fingerprints and licensing?
その疑惑のもとには何があるのか?
修正憲法第2条を愛し守り抜くと、いま本音を語る銃規制派が、どれほど指紋押捺と免許制を必要とするメリーランド新法に抗議をしたか?

How many said Gov. Martin O’Malley had gone too far?
How many spoke out against the infamous Washington, D.C., gun law that was overturned by the Supreme Court in the 2007 Heller decision? How many would object to fastening something like that gun law on the entire nation?
マーチン・オマリー知事は行きすぎているというものが、どれほどいたか?
2007年のヘラー判決で最高裁が引っくり返した、悪名高きワシントンDCの銃規制法について、どれほどのものが反対の論陣を張ったか?そういった規制法を全土に張り巡らせることに反対するものがどれほどいたか?

Under that law, city residents were forbidden to own handguns, semiautomatics or any unregistered weapon. Only guns registered before 1976 were permitted to private citizens, and guns kept in the home had to be “unloaded, disassembled or bound by a trigger lock or similar device.”
銃規制法のもとで、都市住民は、ピストルや、半自動銃ないし未登録武器の保有を禁じられていた。個人に認められているものは、1976年以前に登録済みのもの、および、家庭において保持が許される銃は、「弾薬未装填で、分解された状態ないし引き金ロックまたは同様な装置で固定されているもの」でなければならなかった。

Law-abiding citizens were left naked to a criminal class in a city then known as the murder capital of America.
Joe Biden might call gun rights militants the “black helicopter crowd.” But if Second Amendment folks fear that outlawing the AR-15s is only the beginning for the Biden crowd, they may be not far off the mark.
遵法精神横溢の市民は、当時アメリカの殺人首都と名づけられた街で、犯罪人に対して丸裸の状態だった。
ジョー・バイデンは、銃保有権利を過激に叫ぶものたちを「ブラック・ヘリコプターの連中」と呼ぶかもしれない。しかし、修正憲法第2条崇拝者が、AR-15の非合法化はバイデン一派の戦闘開始であると懸念しているとしても、当たらずといえども遠からずだろう。

One need not be paranoid to get the sense that what gun controllers saw in Newtown was not only an atrocity but an opportunity — to advance toward their ultimate goal of overturning Heller and disarming America.
After all, only one more Obama justice is needed.
ニュータウンで規制派の見たものは、凄惨な現場だけではなく、ひとつのチャンス―ヘラー判決を覆し、アメリカを非武装化するというかれらの最終目標への一歩前進のチャンスだった。しかしそれが意味することについて大げさに考える必要はない。
結局、もう一つだけオバマには正義が必要なのである。

How often, for example, have Biden and Obama condemned their Hollywood bundlers for glamorizing automatic weapons in a thousand films that have reaped Hollywood untold billions of dollars?
たとえば、バイデンとオバマは、ハリウッドに何十億ドルもの無限の金を稼がせた無数の映画で、自動小銃の魅力を称えたハリウッド・セレブを非難したことがあっただろうか?

Has Obama ever called on the Hollywood moguls and actors who have contributed mightily to his campaign, or ex-Sen. Chris Dodd, head of the motion picture association, for restraint in the use of guns in films?
オバマはこれまで、選挙戦で大きく貢献したハリウッドの大物や俳優たち、ないし映画協会会長の元上院議員、クリス・ドッドを、映画のなかで銃の使用を抑制する趣旨のために訪問したことがあっただろうか?

スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。