--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/04/24

パット・ブキャナン「ツアルナエフ兄弟は失敗したのか?」

Did the Brothers Tsarnaev Fail?
ツアルナエフ兄弟は失敗したのか?
Tuesday - April 23, 2013 at 10:30 am


inShare0
By Patrick J. Buchanan
“Whatever they thought they could ultimately achieve, they’ve already failed,” says President Obama of the Boston Marathon bombers.
“They failed because the people of Boston refused to be intimidated. They failed because as Americans we refuse to be terrorized.”
「かれらが必ず成功すると思っていたとしても、もう失敗している」、とボストン・マラソンの爆破犯人についてオバマ大統領は語った。
「ボストン市民が脅迫に屈しなかったことで、彼らは失敗した。われわれアメリカ人がテロに毅然と対応したことでかれらは失敗した」。

Bostonians did react splendidly. From first responders to folks who gave blood, from hospital staffs to the FBI, ATF and state troopers, from the Boston and Watertown cops to the hostage rescue team that talked Dzhokhar Tsarnaev out of that boat.
But did the Brothers Tsarnaev really fail — as terrorists?
ボストン市民はめざましい反応を見せた。最初に動いた人たちから輸血提供者まで、病院スタッフから、FBI、ATF、州兵にいたるまで、ボストンとウォータータウンの警官から、ジョハール・ツアルナエフをボートから引っ張り出したといわれる人質救出チームまで。
しかしツアルナエフ兄弟は本当に失敗したといえるのか―テロリストとして?

On Sunday’s talk shows, a sub-theme was that this had been the “most successful terrorist attack since 9/11.”
For consider what these brothers accomplished.
By brazenly exploding two bombs right at the finish line of the marathon, with TV cameras all around, they killed three and injured, wounded and maimed 178 people for all the world to see.
日曜日のトーク・ショウのサブ・タイトルでは、この事件は「9.11以来もっとも成功したテロ攻撃である」となっていた。
この兄弟がやったことを考えてみよう。
TVカメラが周辺を取り囲むなか、マラソンのちょうどゴール地点で二発の爆弾を情け容赦なく爆発させて、兄弟は、世界中から見物にきた3名を殺害し、178名に重傷、傷害、四肢切断を負わせた。

Within hours, their atrocity had riveted the attention of the nation. Cable channels went wall to wall, as did major networks. By the evening of the attack, Massachusetts Gov. Deval Patrick and President Obama had gone live to reassure us they would be apprehended and justice done.
時をおかず、この暴虐は国民の視線を釘づけにした。主要ネットワーク、ケーブルテレビのチャネルもすみずみまで事件一色となった。マサチューセッツ州知事のデバル・パトリックとオバマ大統領は生中継で、犯人を逮捕して正義を貫くことを保証した。

Day two, Obama appeared again as the greatest manhunt in U.S. history was underway. On day four, the FBI released photos, imploring citizens to come forward and identify the men in the white and black caps.
二日目、オバマはまた登場して合衆国の歴史のなかでも最大級の探索が行われていることをつたえた。四日目、FBIは写真を公表し、市民に、白と黒のキャップをかぶっている男たちの身元捜しに協力を求めた。

That evening, the brothers murdered an MIT police officer, hijacked a Mercedes van and engaged in a gunfight with Watertown police that left Tamerlan Tsarnaev dead and his brother a fugitive.
その夜、兄弟はMITの警官を一人を射殺し、メルセデスのヴァンを乗っ取って、ウォータータウンの警官たちと銃撃戦となった。タメルラン・ツアルナエフは死亡し、弟は逃走した。

On Friday morning, Gov. Patrick went before the cameras to tell a stunned nation he was imposing a lockdown on all of Boston and half a dozen neighboring communities. Red Sox and Bruins games were canceled.
金曜日の朝、パトリック知事はTVカメラの前で、みなが驚いたことに、ボストン全市街と六つほどの隣接市町村を封鎖すると発表した。ボストン・レッド・ソックスとボストン・ブルインズの試合は中止となった。

A million people in and around the city of Paul Revere, of the Lexington and Concord patriots, of Bunker Hill, locked their doors and hid inside because a lone armed teenager with pipe bombs was on the loose.
Boston, said The New York Times, was a “ghost town.”
レキシントンとコンコードの戦い、バンカー・ヒルの愛国者、ポール・リビアの街、の内と外に住む100万の住民は、行方不明のたった一人のパイプ爆弾を所持するティーンエージャーのためにドアを閉めて家のなかに閉じこもった。
ボストンは、「ゴーストタウン」になった、とニューヨーク・タイムズが報じた。

“The scene was extraordinary. The hub of the universe, as Boston’s popular nickname would have it, was on lockdown from first light until near dark Friday. A massive dragnet for one man had brought a major U.S. city to an absolute standstill.
「その有様はとくべつである。宇宙の中心とも綽名がつけられそうなボストンは、金曜日、朝から夕暮れまで閉ざされた街となった。一人の男を捉える膨大な逮捕網が、有数のアメリカの大都市を絶対的静寂においた」。

“The people were gone, shops were locked, streets were barren, the trains did not run. The often-clogged Massachusetts Turnpike was as clear as a bowling lane.”
「人々はいなくなり、商店は閉じ、街は活気を失い、鉄道は動かなかった。しばしば渋滞するマサチューセッツ・ターンパイクはまるでボウリングのレーンのようにまっさらだった」。

Saturday, all six newspapers this writer receives led with the capture of Dzhokhar. “Frenzied Hunt Paralyzes Boston,” ran the Times banner.
TV and print media are still consumed with the brothers, their motives, their travel history, their Chechen background, their Islamic beliefs. And Washington is in a ferocious debate over whether Dzhokhar should be interrogated at length or read his Miranda rights.
土曜日、筆者の受け取る新聞紙6紙すべてに、ジョハール逮捕の見出しがおどった。
「逆上した逮捕劇、ボストンを麻痺させる」、タイムズのトップ記事である。
テレビと新聞はいまだに兄弟の話で持ちきりである。その動機、旅行の経歴、チェチェン人としての背景、イスラムの信仰心について。ワシントンでは、ジョハールは徹底的に調査すべき、またはミランダ権(自己負罪拒否権)が認められるべきと、猛烈な論議がまきおこっている。

Each side of the gun control and immigration debates claims the marathon massacre and its aftermath validates their position.
On April 15, the day the Tsarnaevs set off the pressure cooker bombs on Boylston Street, there were 40 bombings and shootings across Iraq that took the lives of 75 and wounded 350. No one in the outside world knows the names of those who set off these bombs, and no one cares. And Baghdad was not locked down.
銃規制、移民問題の賛否両サイドが、ボストン・マラソン虐殺事件とその余波について、自らの立場を正当化する議論を行っている。
4月15日、ツアルナエフがボイルストン・ストリートで圧力鍋爆弾を仕掛けた日、イラク国内では40件の爆破、射撃事件が起こっており、75名の犠牲者と350名の負傷者が出ている。外の世界では、こういった爆弾を仕掛けたものの名前を誰もが知らず、関心を持とうとはしていない。そしてバグダッドは別に封鎖されてもいない。

How, then, when these brothers are now as well-known as Timothy McVeigh, if not Osama bin Laden, and they committed an atrocity that mesmerized America for a week, and they forced a lockdown of one of our greatest cities, can it be said that they failed — as terrorists?
Worse may be yet to come.
オサマ・ビン・ラディンほどではないにしても、ティモシー・マクベイ(元死刑囚、1995年のオクラホマシティ連邦政府爆破事件の主犯)なみにこの兄弟が有名になった、かれらの残虐事件のために一週間ほどアメリカ全土が催眠術にかけられた、わが大都会の一つに封鎖が余儀なくされた、それでもかれらは―テロリストとして失敗したというのだろうか?
まだまだ悪いことは起りそうだ。

For, just as some of the perpetrators of the Columbine, Virginia Tech, Tucson, Aurora and Newtown massacres found inspiration and exemplars in mass murderers before them, so the Brothers Tsarnaev may have shown the way for those who hate us to go out in their own special blaze of glory.
なぜなら、コロンバイン高校、バージニア工科大、タクソン大学、オーロラ(映画館)、ニュータウン(小学校)の銃乱射事件で、あるものたちがインスピレーションを得たり、大量殺戮を眼前の模範としたりするように、ツアルナエフ兄弟も、かれらなりのとくべつな栄光の輝きとして、われわれを嫌うものたちにそのやり方を見せつけたのかもしれない。

All true Americans were with the people of Boston last week. Yet there are individuals to whom these brothers are heroes. Lest we forget. Millions across the Muslim world still believe bin Laden struck a blow for them when he sent those planes into the World Trade Center.
先週、真のアメリカ人たちは全員ボストン市民に心を寄せた。とはいえ、この兄弟をヒーローと崇めるものたちもいる。忘るなかれ。イスラム圏の数百万は、ワールド・トレードセンターに飛行機をぶつけたことで、ビン・ラ-ディンがかれらに一撃を与えたと信じている。

Al-Qaida has been growing and gaining recruits since 9/11. Yet, while Osama targeted the symbols of U.S. economic, military and political power — the Trade Center towers, the Pentagon, the Capitol — the Tsarnaevs hit a “soft target.” They went after innocent people engaged in the purely innocent activity of competing in and watching a sports event.
アル・カイダ勢力は伸びており、9/11以降、新人が増えている。しかし、オサマが合衆国の経済的、軍事的、政治的シンボル―トレードセンター・タワー、ペンタゴン、国会議事堂―を狙ったのに対して、ツアルナエフ兄弟は、「ソフトな目標」を狙った。かれらはスポーツの競い合い、そしてその見物という純粋無垢な行動をしていた純粋無垢な人々を追い回した。

And from the weapons and bombs they were carrying Thursday night, they were prepared to keep on killing, until killed themselves.
Suicide-seekers going after soft targets such as ballgames, concerts, malls, parades or school events is something other nations have known but we have largely avoided. Our luck may have run out.
Let us pray the Boston Marathon massacre is not the new paradigm for the sick souls
within.
そして木曜日の夜 、武器と爆弾を持ち歩いていたことから、かれらは、自分たちが殺されるまで人を殺し続けるつもりだった。
球技場、コンサート会場、ショッピング・モール、パレード、学校行事などのソフトな目標を狙う自爆テロは、ほかの国々ではみられるとしても、わが国ではほとんど回避されてきた。幸運は終ったのかもしれない。
ボストン・マラソン爆弾事件が、辞める心の新しいパラダイムとはならないことを祈ろう。


inShare0
These might be related:
下記に関連サイトがあります。

1. Why the War Party May Fail
2. The Brothers & Sisters War
3. Nixon and Obama Soul Brothers
4. The Unraveling of Obama’s Foreign Policy

スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。