--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/04/16

パット・ブキャナン「ニクソン大統領生誕100年を祝う(続き)」

Now, consider the city he came to, and the hostility he found.
The nation had been torn apart by a half decade of assassinations and riots, crime and campus anarchy. Thirty thousand American were dead in Vietnam, and half a million U.S. soldiers were tied down in an endless war. America was coming apart.
さて、ニクソンのやってきた街と、かれに対する敵意の様子を思い浮かべてみてください。
国家は、暗殺と暴動、犯罪と大学キャンパス騒動に明け暮れた5年ほどを経てすっかり分裂していました。ベトナムでは3万のアメリカ人が死に、50万の兵士が行く末定まらない戦争に駆り出されていました。アメリカはずたずたになっていました。

Richard Nixon was the first president since Zachary Taylor to take the oath with both houses of Congress against him. The bureaucracy was deep-dyed Democratic. The press corps was 90 percent hostile. The Warren Court was at the peak of its power. And the Best and Brightest who had led us into Vietnam were deserting to join their children in protests against what they suddenly discovered was “Nixon’s War.”
リチャード・ニクソンは、ザカリー・テイラー以来初めての上下両院の多数が反対党である議会と向き合う大統領となりました。官界には民主党支持者が深く根をおろしていました。報道陣は90%が敵方でした。ウォーレン法廷[訳注、リベラルなアール・ウォーレンが長官を務めた1953-69年の連邦最高裁判所のこと]華やかなりしころのことです。国民をベトナム戦争に引きずり込んだエリートたちは、とつぜんこの戦争が「ニクソンの戦争」となることを発見して、息子たちの抗議行動に合流するために戦争を見限りはじめました。

As the presidential limousine came up Pennsylvania Avenue after the inaugural, it was showered with debris. As Shelley and I were entering the White House reviewing stand for the inaugural parade, the Secret Service asked us to step off the planks onto the muddy lawn, as the president was right behind us. As he passed by me, he looked over, and in the first words I ever heard from Richard Nixon as president of the United States, words I shall always remember, the president said,
就任式が終わった大統領のリムジーンは、ペンシルベニア・アベニューでがらくたのシャワーを浴びせられました。就任のパレードを見物するためホワイトハウスのスタンドにわたしとシェリーが入ろうとすると、板の上に上がらないで湿った芝生の方へ降りるようシークレット・サービスに促されました。すぐうしろに大統領がいたからです。通りすぎるとき、かれはわたしをちらと見ました。合衆国大統領としてのかれからわたしが聞いた最初の言葉、わたしは一生忘れません。大統領はこう言ったのです。

“Buchanan, was that you throwing the eggs?”
Yet consider what he accomplished.
By the end of his first term, all U.S. troops were out of Vietnam, our POWs were on the way home, every provincial capital was in Saigon’s hands. He had ended the war with honor, as he promised.
「ブキャナン、卵を投げたのはきみかい?」
とにかく、かれの成果を挙げてみましょう。
第1期が終わったとき、全米軍はベトナムから撤退していました。戦時捕虜たちは帰還の途次にありました。地方の主要都市はすべてサイゴン政権の支配下にありました。約束どおり、かれは光栄ある終戦を行いました。

He had negotiated and signed the greatest arms limitation treaty since the Washington Naval Agreement of 1922: SALT I and the ABM Treaty.
He had ended the implacable hostility between the United States and People’s Republic of China that had endured since Mao’s Revolution and the Korean War.
かれは、1922年のワシントン海軍協定以来最大の軍縮条約の交渉と調印を済ませました。SALT I とABM協定です。
かれは、毛沢東革命と朝鮮戦争以来の合衆国と中華人民共和国とのどうしようもない不和を終わらせました。

In his second term, he would order the strategic airlift that saved Israel in the Yom Kippur War. Israel never had a better friend, said Golda Meir.
In November 1972, Richard Nixon was rewarded with the most sweeping landslide in history — 49 states and 60 percent of the vote.
大統領第2期、ヨムキプル戦争[訳注、第四次中東戦争]で、かれは空輸を行ってイスラエルを救いました。イスラエルはこれほどの友人を持ったことはない、とゴルダ・メアが述べました。
1972年11月、リチャード・ニクソンは史上最大となる地滑り勝利を獲得しました―49州と、60%の得票率です。

Because of the campaigns he had conducted in ’66, ’68, ’70 and ’72, a party on its deathbed in 1964 was on its way to becoming The New Majority Party, America’s Party, which would capture the presidency and carry 40 or more states in four of the next five presidential elections.
66年、68年、70年、72年の、ニクソンの指導したキャンペーンによって、1964年にはご臨終の状況になっていた政党が、新しいアメリカの政党となる道を歩んでいました。その党は大統領の座を射止め、それに続く5回の大統領選挙で4回、40以上の州を獲得したのです。

The president’s memoirs begin, “I was born in a house my father built.” Well, the Republican Party in the last third of the 20th century was the house that Nixon built.
In domestic policy, he was the first environmental president, creating the Council on Environmental Quality and EPA.
大統領の回顧録は「わたしは父親が建てた家で生まれた」という言葉で始まっています。そうです。共和党は、20世紀の最後の三分の一世紀、ニクソンの建てた家に住んでいました。
国内政策で、ニクソンは、環境評価会議とEPA(環境保護庁)を立ち上げ、最初の環境問題重視の大統領となりました。

To battle the scourge of cancer, he created the National Cancer Institute.
To close the widening chasm between the generations and professionalize our military, he ended the draft.
He made six nominations to the Supreme Court. Four made it. Not a bad average, when you consider the Senate he had to deal with.
がん撲滅のために、かれは国立がん研究所を創設しました。
拡大する世代間の亀裂を埋めるため、そして軍隊の職業化を図るため、かれは徴兵制を廃止しました。
かれは最高裁判事の指名に6回携わりましたが、うち4回、成功をおさめました。上院の扱いにかれが苦労したことを思えば、このことは概して悪くない結果と言えます。

As for our Southern strategy, when Richard Nixon first took the oath of office, 10 percent of Southern schools were desegregated. When he left, it was 70 percent.
As Bob Dole said in his eulogy at Yorba Linda, it was the Age of Nixon. While Nixon was a dominant figure on the national stage in the ’40s, ’50s, ’60s, and ’70s, his influence lived on through the 20th century and into the 21st
南部戦略について言えば、最初にリチャード・ニクソンが大統領となったとき、南部の学校で人種差別を廃止していたところは10%でした。かれが降りたとき、それは70%となっていました。
ボブ・ドール[アメリカの政治家、1996年大統領選の共和党指名候補、1923~]がヨブ・リンダ[カリフォルニアの地名]で著した賛辞にある通り、それはニクソンの時代でした。40年代、50年代、60年代、70年代を通じて、国家という舞台で傑出した人物であるとともに、ニクソンの影響は20世紀を通じて、21世紀にまで及びます。

Would there be a Gerald R. Ford presidential library, had it not been for Richard Nixon selecting this honorable and good man as vice president?
Would there be a George H.W. Bush presidential library, if Richard Nixon had not recognized the talent of this man who had just lost his second statewide race in Texas in 1970 and made him chairman of the Republican National Committee, then ambassador to the United Nations?
リチャード・ニクソンが、高潔で善良なその人物を副大統領に選んでいなければ、ジェラルド・R・フォード大統領図書館は出来ていなかったでしょう?
リチャード・ニクソンが、1970年、テキサスで二度目の州選挙戦で敗れたあと、共和党全国委員会の委員長に選ばれ、そして国連大使に任命されたその人物の才能を認めていなければ、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領図書館は出来ていなかったでしょう?

When Ronald Reagan came out of the West to launch his revolution, his first national security adviser and first domestic policy chief, Dick Allen and Marty Anderson, both came out of our ’68 campaign and White House staff.
ロナルド・レーガンが西部からやってきて自らの革命を実行し始めたとき、かれの初代の国家安全アドヴァイサー、そして初代の国内政策のチーフ、ディック・アレンとマーティ・アンダーソンは二人とも、共和党の68年のキャンペーンで頭角を現し、ホワイトハウスにスタッフになったのでした。

Both of Reagan’s secretaries of state and his secretary of defense — Al Haig, George Shultz and Cap Weinberger — came out of the Nixon National Security Council or Nixon Cabinet.
The man Reagan chose as chief justice, William Rehnquist, had been put on the court by Richard Nixon.
レーガン政権の二人の国務長官と国防長官―アル・ヘイグとジョージ・シュルツ、そしてキャップ・ワインバーガー―はニクソンの国家安全会議ないしニクソンの閣僚出身です。
最高裁判所長官としてレーガンが選んだウィリアム・レンキストは、リチャード・ニクソンが最高裁判事として選んだ人でした。

Reagan’s choice as chairman of the Federal Reserve, Alan Greenspan, was the domestic policy research coordinator in Nixon’s ’68 campaign.
In 1996, when Bob Dole was the leading candidate for the Republican nomination, he was being most closely pursued by two former members of Richard Nixon’s White House staff.
Lamar Alexander was one. And I forget the other guy.
連邦準備委員会議長としてレーガンが任命したアラン・グリーンスパンは、ニクソンの68年キャンペーンで、国内政策リサーチの担当者でした。
1996年、共和党大統領候補として指名されたとき、リチャード・ニクソンのホワイトハウスの旧スタッフ二名によって急追されました。
一人はレイマー・アレクサンダーでした。もう一人の名前は忘れました。

That brings back a memory of the 1992 election, after I had lost 10 straight primaries to President Bush. I called the Old Man in Saddle River. When he came on the line, I said: “Ten for ten. Not bad, eh, sir?” President Nixon paused and said: “Buchanan, you’re the only extremist I know with a sense of humor. Come on up, and bring Shelley with you.”
このことはわたしに1992年のことを思いださせます。その年わたしは10州連続でブッシュ大統領に予備選で敗れました。わたしはサドル・リバーの親父に電話をしました。かれが電話に出ました、わたしは言いました。「10州まるごとですよ。悪くなかったでしょう、ね?」。ニクソン大統領は一呼吸おいてから言いました。「ブキャナン、きみはただ一人、ぼくの知っているユーモアのわかる過激派だよ。今度家においで、シェリーを連れて」。

In 2001, George W. Bush chose as secretary of defense the man that Richard Nixon had picked to head up LBJ’s poverty agency, OEO, and to monitor wage and price controls, two plum assignments for a rising young Republican star, Donald Rumsfeld, before President Nixon named him the ambassador to NATO.
2001年、ジョージ・W・ブッシュが国防長官として選んだのは、リチャード・ニクソンが、LBJの創った貧民対策機関、OEO[経済機会局]の長官を務めさせ、賃金・物価を管理させるための二つのおいしいポストを用意し、その後NATOの大使に任命した、共和党の希望の星、ドナルド・ラムズフェルドでした。

Oliver Wendell Holmes once observed that “it is required of a man that he share the action and passion of his time at peril of being judged not to have lived.”
Richard Nixon shared the action and passion of his time. Again and again, he came back from woundings, he came back from defeats. After he left the White House, he would write nine books on foreign policy and the great men he had known. There were many. For only Franklin Roosevelt equaled Richard Nixon in having been on five presidential tickets.
オリバー・ウェンデル・ホームズはかつて、「人は、生きていなかった、と評価されるリスクを賭けてでも、自分の時代の行動精神と熱気を分かち合うことが必要とされる」、と述べました。
リチャード・ニクソンは、かれの時代の行動精神と熱気を分かち合いました。二度も三度も、かれは向う傷から立ち直りました。敗北からカムバックしました。ホワイトハウスを去ったのち、かれは外交政策と、自らの知る偉人たちについて9冊の本を著しました。大勢の人がいました。5回の大統領指名選に臨んだことにおいては、フランクリン・ルーズベルトのみがリチャード・ニクソンに匹敵します。

As this centennial approached, the phone calls started coming in from the offspring of the old jackal pack, asking my thoughts on Watergate. My great regret is the Old Man is not here tonight so I can tell him my thoughts on his old tormenters. In the words of Nick Carraway to Gatsby:
“They were a rotten crowd,” sir. “You’re worth the whole damn bunch put together.”
Nixon now more than ever!
この生誕100年記念日が近づくにしたがい、ジャッカルの群の子孫たち[メディアのこと?]からの電話があちこちから舞い込んできました。ウォーターゲート事件についてのわたしの考えを聞きたがるのです。今夜、ここに親父がいないことは本当に残念なことです。だからわたしは、むかしかれをいじめた連中にわたしの考えをつたえましょう。それは、ニック・キャラウェイがギャツビイに言った言葉[アメリカの作家、F・スコット・フェッツジェラルドの小説『グレート・ギャツビイ』からの引用]です。
「かれらは腐りきった群衆なのです」よ。「みんなまとめて始末すれば良いのです」。
ニクソンはいま、もうそれ以上の存在なのです!
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。