--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/04/09

パット・ブキャナン「北朝鮮との戦争は不可避だろうか?」

Is War With North Korea Inevitable?
北朝鮮との戦争は不可避だろうか?
Friday - April 5, 2013 at 4:36 pm

inShare0
By Patrick J. Buchanan
“If you see 10 troubles coming down the road, you can be sure that nine will run into the ditch before they reach you,” said Calvin Coolidge, who ever counseled patience over the rash response.
Unfortunately, the troubles presented by North Korea’s Kim Jong Un seem unlikely to run into a ditch before they reach us.
「道を走っていて、向こうからトラブルが10件やって来そうだったら、うち9件まではトラブルになる前にきみは脇に逃れられると確信しているだろう」、と言ったのはカルビン・クーリッジである。かれは拙速な対応をいましめて忍耐を説いていた。
不幸にして、北朝鮮の金正恩の持ちだすトラブルは、こちらに届く前に逃れられそうにはない。

For Kim has crawled out on a limb. He has threatened to attack U.S. forces in Korea and bases in Asia, even U.S. cities. He has declared the truce that ended the Korean War dead and that “a state of war” exists with the South. All ties to the South have been cut.
なぜなら金正恩はのっぴきならない方向に進んでいるからだ。かれは在韓米軍とアジアの基地、合衆国の都市すら攻撃すると脅迫している。かれは朝鮮戦争の休戦協定の破棄と、韓国との「戦争状態」が継続している、と宣言した。すべての韓国との関係を打ち切った。

The United States has sent B-52s and stealth fighters to Korea and anti-missile warships to the Sea of Japan. Two B-2 bombers flew from Missouri to Korea and back in a provocative fly-by of the Hermit Kingdom. And both South Korea and we have warned that, should the North attack, swift retribution will follow.
合衆国はB52とステルス戦闘機を韓国に送り、対ミサイル戦艦を日本海に配置した。B2爆撃機二機がミズーリから韓国に飛来し、ハーミット・キングダム[隠者の王国、陸の孤島=韓国]上空で挑発的な低空飛行を行った。韓国とわが国は、北朝鮮が攻撃を開始すれば速やかな報復が行われるだろう、と警告した。

Kim Jong Un is in a box. If he launches an attack, he risks escalation into war. But if his bluster about battling the United States turns out to be all bluff, he risks becoming an object of ridicule in Asia and at home.
Why is he playing with fire? Because his father and grandfather did, and got away with murder.
金正恩は袋小路にはまっている。攻撃開始すれば、戦争へのエスカレーションのリスクを負う。しかし合衆国と戦うという自らの狂気が虚仮おどしとわかると、アジアと自国で嘲笑の対象となる覚悟をしなければならない。
どうして火遊びをするのだろうか?なぜなら、祖父と父親が同じことをしており、人殺しでもうまく行ったからである。

In 1968, Kim Il Sung hijacked the U.S. intelligence ship Pueblo and held its crew hostage. America, tied down in Vietnam, did nothing. In 1976, North Koreans ax-murdered two U.S. officers in the DMZ. In 1983, Pyongyang tried to assassinate South Korea’s president in Burma and blew up three members of his cabinet. In 1987, North Koreans blew up a South Korean airliner.
1968年、金日成はアメリカの情報艦、プエブロ号をハイジャックして乗員を人質にとった。ベトナムに縛りつけられていたアメリカは何もしなかった。1976年、北朝鮮は非武装地帯でアメリカ士官二名を斧で斬殺した。1983年、平壌は韓国大統領をビルマで殺害しようとし、閣僚三名を爆弾で吹き飛ばした。1987年、北朝鮮は、韓国の定期航空便を爆破した。

These unpunished atrocities all occurred during the rule of Kim Il Sung.
Under Kim Jong Il, Pyongyang torpedoed a South Korean patrol boat, killing 47, and shelled a South Korean island, killing four. Neither Washington nor Seoul retaliated.
The danger is that Kim Jong Un believes he, too, can get away with murder and he, too, will be appeased with aid and investments.
これらの罰を受けない虐殺はすべて金日成の治世に起こった。
金正日の時代、平壌は韓国の警備艇を雷撃し、47人を殺害し、韓国の島嶼を砲撃して4人を殺した。ワシントンもソウルも仕返しをしなかった。
金正恩の危険は、かれも人殺しでうまく行くと信じていることである。そしてかれも、援助と投資で宥和されるかもしれないと考えているのだ。

Yet neither President Obama nor President Park Geun Hye—whose father, President Park Chung Hee, was the target of assassination attempts and whose mother died in one—can be seen as tolerating another North Korean outrage.
To avoid a collision, a diplomatic path will have to be opened for Kim to back away from the confrontation he has provoked. But, in the longer term, America has to ask herself:
とはいえ、オバマ大統領も朴槿恵大統領―父親の朴正煕大統領が暗殺の対象となり、母親が暗殺された―も、繰り返される北朝鮮の凶行に寛大であるとは思えない。
衝突を回避するためには、金正恩に、自ら挑発する対決姿勢を取り下げさせる外交ルートが開かれなければならない。しかしより長期的観点からは、アメリカが反省すべきであろう。

What are we doing, 20 years after the end of the Cold War, with 28,000 troops in Korea and thousands on the DMZ facing the North?
What are we doing there that South Korean soldiers could not do for themselves? Why is South Korea’s defense our responsibility, 60 years after President Eisenhower ended the Korean War?
冷戦終結後20年でわれわれは何をやってきたか、韓国に2万8千の駐留軍をおき、北朝鮮と対峙する非武装地帯に数千の兵士を配置しているではないか?
韓国の兵士が自分たちのために出来ないことをわれわれがそこでやっている、ということなの?アイゼンハワー大統領が朝鮮戦争を終わらせてから60年経って、なぜ韓国の防衛をわが国の責任となるのか?

For over a decade, some of us have urged the United States to pull all U.S. troops off the peninsula.
Had we done so, we would not be in the middle of this crisis now.
10年以上前に、われわれの仲間は全部隊が朝鮮半島から撤退することを主張していた。そうしていれば、われわれはいまの危機を逃れていたはずだ。

South Korea is not inherently weaker than the North. It has twice the population, and its economy is 40 times as large. And the South has access to U.S. weapons superior to anything the North can acquire.
After Korea, Vietnam, Afghanistan, and Iraq, as Robert Gates said, any defense secretary who recommends that America fight a new land war in Asia ought to have his head examined.
韓国は基本的ない北朝鮮より弱いわけではない。人口は二倍、経済力は40倍である。そして韓国は、北朝鮮が手に入れられるものと比べてずっと優秀な兵器を合衆国から調達できる。
朝鮮、ベトナム、アフガニスタン、イラク戦争のあと、ロバート・ゲイツが言うように、アジアで新しい戦争をアメリカが戦うように進める国防長官がいるとすれば、だれでも精神鑑定を行う必要があるだろう。

Why, then, are we still on the DMZ?
The long-run danger that has to be addressed is this: Kim Jong Un is about 30, and his life expectancy, absent a coup, is 40 or 50 years. Yet within a few years, if he persists as he promises to do, he could have dozens of nuclear-armed missiles pointed at South Korea, Japan, and Okinawa.
それならなぜわれわれはまだ非武装地帯にいるのか?
長期にわたる危険の存在を公言する理由はここにある。金正恩はおおむね30歳である。クーデタがないと仮定すれば、かれの生存期間はまだ40年から50年ある。しかし、かれが約束していることにこだわるのであれば、ここ数年以内に、韓国、日本、沖縄に向けて発射できる核兵器が数10個所有していることになるはずだ。

And if Pyongyang becomes a nuclear weapons state, it is difficult to see how Seoul and Tokyo will not be required to match its nuclear arsenal, as Pakistan felt compelled to match India’s.
そしてもし平壌が核保有国となってしまえば、パキスタンがインドに対抗するために余儀なくそうしたと感じたように、ソウルと東京が核兵器工廠の建設で応じることを必要としない、と考える方が難しくなる。

And a nuclear-armed South Korea or Japan would hardly be welcomed in Beijing.
What would China do? Some Chinese are urging Beijing to dump North Korea as an unreliable and uncontrollable ally that could drag them into war. Hard-liners are said to be urging China to stand by her longtime ally and buffer state.
そしてソウルないし東京の核武装は、北京が歓迎するとはまったく考えられない。
中国はどうするだろう?中国人のあるものは、北京は、自国を戦争に引きずりこみかねない、信用できない、また制御できない同盟国、北朝鮮を切り捨てよ、と主張している。強硬派は、中国は自国と一蓮托生の同盟国、かつ緩衝国である北朝鮮に寄り添うべきである、と主張していると言われている。

Whatever comes of this crisis, U.S. policy, seemingly frozen in the 1950s, is in need of review. We cannot indefinitely be responsible for the defense of South Korea from an erratic dictator hell-bent on acquiring nuclear missiles.
この危機がどう転ぼうと、1950年代から凍結したままの状態と見られるアメリカの政策は再検討の必要がある。やみくもに核ミサイル保有に突っ走る無鉄砲な独裁者から韓国を防衛するという責任がいつまでもわれわれにあろうはずがない。

In the near-term, even a conventional war on that most heavily armed border on earth, between South and North Korea, would be a calamity. To avert it, if necessary, Obama should pick up the phone, call North Korea and talk directly to Kim.
In a far graver crisis, perpetrated by Nikita Khrushchev in 1962, John F. Kennedy did not hesitate to communicate with the culprit.
近い将来、韓国と北朝鮮という地球上でもっとも武装された国境で、通常戦争が勃発したとしても、それは災厄で終わるだろう。それを避けるために、必要があれば、オバマは電話器を取り上げて、金正恩と直接話をすべきである。
1962年、もっともっと重大な危機がニキタ・フルシチョフによって引き起こされたとき、ジョン・F・ケネディは、この犯罪人と会話をすることを躊躇しなかった。

These might be related:
次のような関連サイトがあります。

1. Why Are We Still in Korea?
2. Now Korea Is Cleaning Our Clock
3. Is a U.S. Default Inevitable?
4. Is Obama Only Postponing the Inevitable?
5. Is a Bond Crisis Inevitable?
6. Is a U.S. Default Inevitable?
7. Was the Holocaust Inevitable?
8. First and Last War of the Bush Doctrine?
9. An Asian Nuclear Arms Race?
10. Why Are We Still on the DMZ?

スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。