--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/09/27

Human Smoke 27

NYT 1941年8月15日
 航空燃料を満載した一隻のタンカーがロサンゼルスを出発した。1941年8月14日のことだった。
 タンカーは日本を通り過ぎてロシアのウラジオストックに向っていた。ルーズベルト政権の閣僚で、石油の調整を担当しているハロルド・アイクスー東京を空爆してシベリアまで飛行する提案をしたーが公表した。同様に数隻ーうち何隻かはアメリカ籍、何隻かはロシア籍のタンカーがこれに続く。日本海を隔てて直接日本と対峙するウラジオストックは航空燃料に恵まれる。一方日本はどこからも得られない。日本政府はアメリカ政府に公式な抗議を行った。

NYT 1941年8月25日
NYT 1941年8月26日

 チャーチルは、自らの偉大なる友と呼ぶルーズベルト大統領との会談を終えてスピーチを行った。1941年8月25日のことである。
 そしてしばらくヒトラーに触れ、のち日本の話をした。ルーズベルト大統領は、何とか日米が合意に達するよう苦心を重ねておられる、と断言した。「われわれはその交渉が成功に終わることを祈ってやまない」。「しかし、わたしが言わなければならないことは、もし、その望みが断たれれば、われわれはもちろん、躊躇なく米国側に立つ、ということである」。
 日本の日日新聞は、「チャーチルのいう平和解決というのは大嘘である」、と書いた。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。