--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/08/31

Human Smoke 20

NYT 1941年6月10日
 最高指揮官として非常時特別権限を握ったルーズベルト大統領は、陸軍省に、ノース・アメリカン航空会社を接収するよう命令した。「国家は危険に曝されている」、大統領は言った。「航空機を製造している男女は、国防に不可欠の分野を担っている」。1941年6月9日のことだった。
 その朝、工場の正門前には千名ほどのスト参加者が集っていた。だれかが言った、「ほら、軍隊がきたぞ」。先日まで中国に派遣されていた兵士たちがトラックから飛び降りて整列した。「列は少しずつ動いた。暑い早朝の光が銃剣にきらきらと輝いた」、とニューヨーク・タイムズは書いた。一人の参加者が銃剣で腿に深傷を負った。
 ストライキが鎮圧されると、一人の中佐がマイクを握り、合衆国政府の名において、陸軍の航空部隊が工場を接収したことをアナウンスした。
 海軍長官のフランク・ノックスは喜んだ。ストライキを破ったことは「はかり知れない心理的効果をもたらした」、と友人に手紙を書いた。「これで心配の種は、もとからなくなって行くだろう」。
 エレノア・ルーズベルトは夫の行動について質問された。「こういうことをしなければならないときは、いつも悲しくなるわ」、と彼女は言った。
 
 
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。