--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/08/09

Human Smoke 15

ジョセフ・C・グルー「滞日十年」
 東京で、駐日アメリカ大使が、奇襲攻撃の話を耳にした。「合衆国と話がまとまらないとすれば、日本が真珠湾に奇襲の大攻撃をかける、と日本人の間でもっぱらの噂がある」、と大使、ジョセフ・グルーは日記に書いた。「もちろん、わたしは政府に報告した」。それは1941年1月24日のことだった。

マーチン・ギルバート「チャーチルの戦争メモ」
 チャーチルは戦時内閣あてに「極秘」指令を発した。「日本が参戦すれば、ただちにアメリカがわが国側に立って参戦することがほぼ確実である」、したがってイギリスの計画はそれを前提に樹立するように。
 同時にチャーチルは参謀将校たちに訓示した。兵員の半数が戦死ないし戦傷を受けるまでは戦い続けなければならない、必要があればピストルを使用すること。「戦傷を受けた兵士の名誉は守られる」、「ドイツ兵、またはイタリア兵でも、殺したものは表彰される」、と言った。1941年4月28日のことだった。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。