--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/05/09

パトリック・ブキャナン「シリアの戦犯はだれか?」

Who Are the War Criminals in Syria?
シリアの戦犯はだれか?
Tuesday - May 7, 2013 at 2:16 am


inShare0
By Patrick J. Buchanan
Last week, several polls came out assessing U.S. public opinion on intervention in Syria.
According to the Huffington Post poll, Americans oppose U.S. air strikes on Syria by 3-to-1. They oppose sending arms to the rebels by 4-to-1. They oppose putting U.S. ground troops into Syria by 14-to-1. Democrats, Republicans and independents are all against getting involved in that civil war that has produced 1.2 million refugees and 70,000 dead.
先週、シリアへの介入についていくつかの米国内の世論調査が発表された。
ハフィントン・ポストの調査では、アメリカ人のシリア空爆は3対1で反対である。反体制派に対する武器供与は4対1で反対。民主党支持者、共和党支持者、無党派すべてが、120万の難民と7万の死者を出したこの内戦に巻き込まれることに反対している。

A CBS/New York Times poll found that by 62-to-24 Americans want to stay out of the Syrian war. A Reuters/Ipsos poll found that by 61-to-10 Americans oppose any U.S. intervention.
But the numbers shift when the public is asked if it would make a difference if the Syrian regime used poison gas. In that case, opposition to U.S. intervention drops to 44-to-27 in Reuters/Ipsos.
CBS/ニューヨーク・タイムズの調査では、62対24でアメリカ人はシリア内戦の局外に立つことを望んでいる。ロイター/ィプソスの調査では、61対10で、世論はいかなる形での合衆国の介入に反対している。
しかし、シリア政権が毒ガスを使用するとどうなるかと問われると、これらの数字は変ってくる。その場合、ロイター/ィプソス調査のアメリカの介入についての反対は、44対27まで落ちる。

Yet on the Sunday talk shows and cable news, the hawks are over-represented. To have a senator call for arming the rebels and U.S. air strikes is a better ratings “get” than to have on a senator who wants to stay out of the war.
In that same CBS poll, however, the 10 percent of all Americans who say they follow the Syrian situation closely were evenly divided, 47-to-48, on whether to intervene.
しかし日曜日のトーク・ショウとケーブルTVニュースではタカ派一色となった。反体制派の武装とアメリカの空爆を支持する上院議員は、局外に留まることを望む上院議員より、優先順位を「獲得」した。
しかし、CBSの調査によれば、全体の10%を占める、シリア情勢を注意深く見守っていると答えたアメリカ人は、介入の可否について、47対48とちょうど半々となった。

The portrait of America that emerges is of a nation not overly interested in what is going on in Syria, but which overwhelmingly wants to stay out of the war.
But it is also a nation whose foreign policy elites are far more interventionist and far more supportive of sending weapons to the rebels and using U.S. air power. From these polls, it is hard not to escape the conclusion that the Beltway elites who shape U.S. foreign policy no longer represent the manifest will of Middle America.
そこに現れたものは、シリアで進行中の事柄にはあまり興味を持っていないが、圧倒的に戦争から距離をおきたいとするアメリカ人の姿である。
しかし同時に、対外政策担当エリートは、はるかに介入主義者で、反体制派への武器供与と米国の空軍力使用に、より積極的である。これらの調査は、中産階級アメリカ人をいっさい代表しておらず、出世街道をひた走って外交政策を形造ってゆくエリートたちの結論から逃れることは難しいことを思わせる。

America has not gone isolationist, but has become anti-interventionist. This country does not want its soldiers sent into any more misbegotten adventures like Iraq and Afghanistan, and does not see any vital national interest in who comes out on top in Syria.
But who is speaking up for that great silent majority? Who in the U.S. Senate is on national TV standing up to the interventionists?
Who in the Republican Party is calling out the McCainiacs?
アメリカは孤立主義ではなかったが、反介入主義となってきた。この国はもはやイラクやアフガ二スタンといった正統性のない冒険にその兵士を送りこむことを望まない。またシリアでだれがトップになろうと、そこに重大な国益を見出だすことはない。
しかし、だれがそういうサイレント・マジョリティのために発言するのだろうか?合衆国上院議員で、全国向けTVで、だれが介入主義者に抗議してくれるのか?
共和党員でマケイン(註:シリアへの軍事介入の可能性を示唆している上院議員)教徒たちに挑戦するものはいないのか?

Another story that came out this weekend, smothered by news of Israeli air strikes on Syrian military installations and missile depots, might cool elite enthusiasm — and kill any public desire to intervene.
イスラエルがシリアの軍事施設とミサイル基地を空爆したというニュースでぼやけてしまったが、今週飛びこんできたニュースは、エリートの肝を冷やし―介入主義のどんな世論も吹き飛ばしてしまうだろう。

“Syrian Rebels May Have Used Sarin Gas,” ran the headline in Monday’s New York Times. Datelined Geneva, the story began:
“United Nations human rights investigators have gathered testimony from casualties of Syria’s civil war and medical workers indicating that rebel forces have used the nerve agent sarin, one of the lead investigators said Sunday.”
「シリアの反体制派がサリン・ガスを使ったのではないか?」という見出しが、月曜日のニューヨーク・タイムズに踊った。ジュネーブ発、次のように書き出されていた:
「国連人権委員会調査官は反体制派がサリン神経ガスを使用したことの証拠と、医療従事者の証言を得た、と、日曜日、調査官上層部の一人が語った」。

The U.N. commission has found no evidence that the Syrian army used chemical weapons. But Carla Del Ponte, a former Swiss attorney general and a commission member, stated:
“Our investigators have been in neighboring countries interviewing victims, doctors and field hospitals, and according to their report of last week, which I have seen, there are strong, concrete suspicions but not yet incontrovertible proof of the use of sarin gas, from the way the victims were treated.
同国連委員会は、シリア軍が化学兵器を使用した証拠は発見していない。しかし、スイスの元検察官で委員メンバーのカーラ・デル・ポンテは次のように述べた。
「委員会調査官は、隣接国にあって、被害者、医師、野戦病院などのインタビューを行っていた。わたしにつたえられた、先週の調査官報告によれば、被害者の取り扱われた状況からみて、サリン・ガス使用について決定的ではないにしても、強く、具体的な疑いがある」。

“This was use on the part of the opposition, the rebels.”
In short, the war criminals may be the people on whose behalf we are supposed to intervene. And if it was the rebels who used sarin gas, and not the forces of President Bashar Assad, more than a few questions arise that need answering.
「それは反抗者側の使用だった、反体制側の」。
端的に言って、戦争犯罪人は、われわれが介入するとすれば、そちらの側に立っただろうとされた人々のことになろう、ということである。そしてサリン・ガスを使った方が、バシャール・アサド大統領の軍ではなく反体制派の方だったとすれば、答を聞く必要のある質問がたくさんある。

For just two weeks ago, the White House informed Congress:
“Our intelligence community does assess, with varying degrees of confidence, that the Syrian regime has used chemical weapons on a small scale in Syria, specifically, the chemical agent sarin.”
なぜなら、ちょうど2週間前、ホワイトハウスは議会にこう説明していた。
「わが国のインテリジェンス機関は、信頼度はまちまちながら、シリア体制側が、シリア国内で小規模ながら化学兵器、とくに化学系サリンを使用した、と分析している」。

A clamor then arose demanding Obama make good on his threat that the Syrian regime’s use of poison gas would cross a “red line” and be a “game changer,” calling forth “enormous consequences.”
そこで、オバマの、シリア政府側が毒ガス使用に踏みきれば「レッド・ライン」を越えることとなり「ゲームのルールを変える」ことで、それは「重大な結果」を引きおこすだろう、とする脅し文句を実証すべきである、という声が高まってきていた。

If the Syrian military did not use sarin, but the rebels did, who in the U.S. intelligence community blew this one? From whom did U.S. agencies get their evidence that sarin had been used by Damascus? Were we almost suckered by someone’s latest lies about weapons of mass destruction into fighting yet another unnecessary war?
When allegations of the Syrian government’s use of sarin arose, many in Congress, especially in the Republican Party, denounced Obama for fecklessness in backing off of his “red line” threat.
しかしシリア軍がサリンを使っておらず、反体制派が使用したとすれば、アメリカ情報機関のだれがウソをついていたのか?ダマスカス側がサリンを使ったという証拠をどこから情報機関は得たのか?大量破壊兵器に関するだれかの直近のウソにだまされて、もうひとつ不必要な戦争を戦おうとしていたのか?
シリア政府のサリン使用が主張されたとき、議員の多く、とくに共和党員が、オバマの「レッド・ライン」に関する譲歩姿勢の弱腰を非難していた。

It now appears that Obama may have saved us from a strategic disaster by not plunging ahead with military action. And the question should be put to the war hawks:
If Assad’s use of sarin should call forth U.S. air strikes, ought not the use of sarin by the rebels, if confirmed, cause this country to wash its hands of those war criminals?
いまやオバマは、軍事行動で首を突っこむという戦略的な大災厄からわれわれを救ってくれたかのように思われる。そしてタカ派には問題点を突きつける。
アサドがサリンを使用すれば合衆国は空爆に踏み切るべきだというのであれば、反体制派によるサリンの使用が確認されるとすれば、この国はそういった戦争犯罪人たちからは手を洗うべきではないだろうか?



inShare0
These might be related:
次のような関連サイトがあります。
1. Their War, Not Ours
2. Goading Gullible America Into War
3. Syria’s Insurrection Is Not America’s War
4. Obama’s War
5. Dress Rehearsal for a Mideast War?
6. A Community Organizer Goes to War
7. Is the GOP Becoming a War Party?
8. Make Congress Vote on War on Iran
9. Negotiations — or War With Iran?
10. Was Obama Stampeded Into War?

スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。