--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/04/13

パット・ブキャナン「ニクソン大統領の生誕100年を祝う」

ニクソン大統領の生誕100年を祝う
Wednesday - March 6, 2013 at 12:41 am

The following is from a speech given by Patrick J. Buchanan during the Richard M. Nixon Centennial celebration in Washington, D.C., on January 9, 2013 – Source: NixonFoundation.org
以下は、2013年1月9日、ワシントンDCで行われた、リチャード・M・ニクソンの生誕100年記念集会でパトリック・J・ブキャナンが行ったスピーチである。

We are here tonight to celebrate the centennial of a statesman, a profile in courage and an extraordinary man we are all proud to have served: the 37th president of the United States, Richard Milhouse Nixon.
わたしたちは今晩、わたしたち皆が誇りを以て仕えた一人の政治家、勇気ある、素晴らしい人の生誕百年をお祝いするためここに集いました。その人とは合衆国第37代大統領、リチャード・ミルハウス・ニクソンです。

Years ago, Meg Greenfield of The Washington Post wrote that she belonged to what she called “the Nixon generation.”
“What distinguishes us as a group,” she said, is that “we are too young to remember a time when Richard Nixon was not on the political scene, and too old reasonably to expect that we shall see one.” Greenfield was distressed about this.
何年か前、ワシントン・ポストのメグ・グリ-ンフィールドは、彼女自身が「ニクソン世代」に属する」、と書きました。
「一つのグループとしてのこの世代の特徴は」、「わたしたちは、政治の場面に登場していないリチャード・ニクソンを想い起こすには若すぎ、もう一人同じような人の登場を期待するには年をとりすぎている、という点にあります」と彼女は言いました。グリーンフィールドはこのことに悲嘆を感じていました。

Yet her thesis rings true. We are the Nixon Generation. We were born into and lived through what Bole Dole called “the Age of Nixon.”
And what a time it was — and what a man he was.
彼女の問題意識は的を衝いています。私たちはニクソン世代です。私たちは生まれながらにして、ボール・ドールのいう「ニクソン時代」を生き抜いてきました。

Home from the war in 1946, Richard Nixon was elected to the 80th Congress and swiftly became its most famous member. For he would exhibit early on an attribute that would mark his whole life: perseverance.
1946年、戦争から帰還したニクソンは第80回議会に選出され、またたく間にもっとも著名な議員となりました。かれは生涯を通じて自己の特徴となった、「堅忍不抜」を早いころから実践していたからです。

Because he believed a disheveled ex-communist named Whittaker Chambers, and because he distrusted an establishment icon, Alger Hiss, Rep. Nixon persevered to expose the wartime treason of Hiss.
ニクソン議員は、ウィテカー・チェンバースというぼさぼさ頭の元共産党員を信用し、エリートたちの偶像だったアルジャー・ヒスに疑念を抱き、戦時中のヒスの売国行為を暴くことに努力しました。

By 1948, he was an American hero, so popular the Democratic Party did not field a candidate against him. In 1950, he captured a Senate seat with the largest majority in the history of California.
1948年までに、かれはアメリカのヒーローとなりました。その人気の高さに民主党は対立候補を樹てることも出来ませんでした。1950年、かれはカリフォルニアの歴史に前例のない圧倒的多数票で上院議席を射止めました。

Yet the same people who just loved Harry Truman’s “Give ‘Em Hell” campaign of 1948 whined that Nixon played too rough.
しかし当時1948年、ハリー・トルーマンの「やつら[共和党員]を地獄へ落せ」のキャンペーンに夢中だった連中は、ニクソンは荒っぽすぎる、と文句を言っていました。

In the Taft-Eisenhower battle of 1952, an internationalist, the Boss stood with Ike and, at 39, was the vice presidential nominee — and a man of destiny.
1952年のタフト[ロバート]=アイクの予備選の激戦で、国際派のボス(ニクソン)は39歳でしたが、アイク支持にまわり、副大統領候補指名を獲得しました。運命の転換点でした。

Then it was that the establishment first moved to bring him down. They hyped a phony story about a political fund, alleged it was for Sen. Nixon’s personal benefit, and instigated a hue and cry for Gen. Eisenhower to drop him from the ticket.
そしてかれを追い落とす最初の機会が訪れました。反対派は、ニクソン上院議員が政治資金を私的に流用している、という話を捏造し、アイゼンハワー将軍がかれを引きずり落とすよう猛烈な運動を仕かけました。

Nixon’s decision to defend his record and integrity in the “Checkers” speech, though mocked by his enemies, remains the most brilliant use of television by a political figure in the 20th century.
「チェッカーズ」演説で、身の潔白を証明し、自己の履歴を擁護したニクソンの決断は、敵方は嘲笑ったものの、20世紀に入って政治家がテレビを華々しく利用した最高の事例となっています。

In the 1950s, he redefined the vice presidency as a force in foreign policy, braved a lynch mob in Caracas, became the first vice president to travel behind the Iron Curtain and confronted Nikita Khrushchev’s bluster in the “Kitchen Debate.”
1950年代、かれは、副大統領職が外交にも力を発揮できることを証明しました。かれはカラカスのリンチを求める暴徒にも怯まず、また鉄のカーテンの向こう側を旅行した最初の副大統領となりました。そしてニキタ・フルシチョフと「台所論争」で対決しました。

By 1960, he had no serious challenger for the nomination.
After the closest election in a century, about which there hung the aroma of vote fraud in Texas and Illinois, he went home to California to run for governor. After a brutal primary, he was gaining on Gov. Brown when the Cuban missile crisis broke his momentum, and the Boss went down to his second defeat — and looked to be out for the count.
1960年までに、共和党の大統領指名候補としてのニクソンに対するこれといった挑戦者はいなくなりました。
テキサス州とイリノイ州では不正選挙の香りが漂った[ケネディとの]世紀の大接戦のあと、ニクソンは知事の座をめざして故郷のカリフォルニアに戻りました。予備選は激甚でしたが、ニクソンはブラウン知事に勝てそうでした。そのときキューバのミサイル危機が勃発してかれの勢いを奪いました。ボスは二度目の敗北を喫しー政治生命は失われたものと思われました。

Believing he had nothing to lose, he came down from his suite the morning after that defeat to deliver to the press words that will live in infamy. As Cactus Jack Garner said, “He gave it to ‘em with the bark on.”
失うものは何もないと信じたかれは、敗北の翌朝ホテルから現れて、記者団に悪態をつきました。カクタス・ジャック・ガーナ―が語るように、「ニクソンは自らを粗野に扱った」のです。

He was now thought to be finished. ABC put together an instant documentary titled, “The Political Obituary of Richard M. Nixon.” The featured interview in the obituary was political analyst Alger Hiss.
かれの政治生命は終ったかのように考えられていました。ABCは「リチャード・M・ニクソンの政治的墓碑銘」というタイトルの即席のドキュメンタリー番組をまとめました。呼びもののインタビューアーをつとめたのは政治評論家のアルジャー・ヒスでした。

But, as Mark Twain said, reports of his death were premature.
Moving his family to New York to practice law, Richard Nixon entered what he would call his wilderness years.
しかしマーク・トウェインの言うように、かれの死を告げるのは早すぎました。
弁護士業を続けるため、家族をニューヨークに移したあと、リチャード・ニクソンは自らが名づける波乱の日々を迎えることとなりました。

But after the Goldwater-Rockefeller bloodbath in 1964, with the party bitterly divided, the Boss volunteered to introduce the nominee at the Cow Palace and did so in one of the finest addresses he ever delivered.
1964年、ゴールドウォーターとロックフェラーが血で血を洗う指名戦を繰り広げたあと、共和党は悲しくも分裂状態に陥りました。ボスはカウパレスで指名候補の紹介を買って出て、かれの生涯における最高のスピーチをしました。

But after he brought that contentious convention together with his introduction, Sen. Goldwater proceeded to tear it apart again, declaring, “Extremism in the defense of liberty is no vice.”
波乱一杯の大会でのかれの紹介にもかかわらず、ゴールドウォーター上院議員は、またも党の分裂に動きました。「自由の擁護のための過激主義は悪徳ではない」。

Dwight Chapin was in the limo that carried the Boss away from the Cow Palace. He has told me what the Boss said about Sen. Goldwater’s speech. But there is no need to repeat those discouraging words here.
ドワイト・チェイピンはカウパレスから戻るリムジンにボスと同乗していました。かれはボスがゴールドウォーター議員の演説について語ったことを聞かせてくれました。その気の滅入るような言葉をここで繰り返す必要はないでしょう。

Almost all the other name Republicans abandoned Goldwater. The Old Man stood by him. He traveled the nation, working longer and harder for Goldwater and the party than the senator himself.
これという共和党員は、みながみな、ゴールドウォーターを見限りました。ボスはゴールドウォーターの味方でした。ゴールドウォーターのためというより、共和党のため、かれは全国を飛び回り、猛烈に仕事をしました。

After the crushing defeat that fall, the Republican Party was reduced to one-half of the Democratic Party’s strength: 140 House seats, 32 senate seats, 17 governors. The Republican Party was a house divided and a house in ruins. It was an open question whether it would survive
その秋、壊滅的な敗北を喫して、共和党は、民主党の勢力の半分になってしまいました。下院では140議席、上院では32議席、知事は17州にとどまってしました。共和党は分断され、滅びゆく政党となりました。共和党が生き延びてゆけるかは大っぴらな論議の的となりました。

And now began the greatest comeback in American political history.
When I arrived in New York to join the Boss in January 1966, his staff consisted of three people: I occupied one desk in the office outside his own. A second occupant was Rose Woods, and the third, a “Miss Ryan” — more exactly Patricia Ryan Nixon, the future first lady of the United States, from whom I used to bum cigarettes.
そして、アメリカの政治史のなかで最高の復活が始まりました。
1966年1月、わたしがボスに仕えるためニューヨークにやってきたとき、かれのスタッフは三人でした。事務所ではかれ自身の机のほか、もう一つの机にわたしは席を与えられました。二番目のスタッフはローズ・ウッズでした。そして三番目は「ミス・ライアン」―もっと正確に言えばパトリシア・ライアン・ニクソン、未来の合衆国のファースト・レディでした。わたしはちょくちょく彼女に煙草をおねだりしていました。

The altarpiece of that year was Richard Nixon’s six-weeks war against what LBJ called “My Congress.” Alone of the national Republicans, the Boss campaigned across the country — in 35 states and 80 congressional districts. In November, his bold prediction of a 40-seat Republican gain in the House proved conservative. We won 47.
その年のハイライトは、LBJが「わたしの議会」と呼ぶものを相手としたリチャード・ニクソンの6週間の戦争でした。国家の共和党員としてただ一人、ボスは国中―35州と下院選挙区80区を駆け巡って運動を展開しました。11月、下院共和党の議席増加をかれは大胆に40と予測しました。結果、われわれは47議席を獲りました。

After a year off, traveling the world, came the campaign of 1968, the most divisive year in American history since the Civil War.
Consider all that happened that year.
1年が経ち、ニクソンは世界を飛び回り、そして1968年の大統領選挙戦がやってきました。南北戦争以来の米国史で最大の運命的な年でした。

As we flew to New Hampshire the last day of January, the siege of Khe Sanh was at its height, and the Tet Offensive had just begun. Four weeks later, Gov. Romney quit the race. Sen. Eugene McCarthy then stunned the nation by capturing 42 percent of the vote against Lyndon Johnson. And Robert Kennedy declared for president.
1月の末日、ニューハンプシャーにわれわれが飛んだ日は、ケサンの包囲戦が頂点に達した日です。そしてテト攻勢が始まったばかりでした。4週間後、ロムニー知事[ジョージ・ロムニーミシガン州知事]が選挙戦を降りました。ユージン・マッカーシー上院議員がリンドン・ジョンソンに対する反対票を42%獲得し、世間は驚きました。そしてロバート・ケネディが大統領選立候補宣言をしました。

On March 31, the Boss asked me to monitor the president’s speech on Vietnam on a car radio at LaGuardia — to brief him when he arrived back from visiting Julie at Smith. At the end of the speech, President Johnson announced he would not run again.
3月31日、ラガ-ディア空港でボスはわたしに、カーラジオで大統領のベトナムに関する演説を聴いておくように指示されました。娘ジュリーをスミス大学に訪ねて戻ってきたときに報告するように、ということでした。スピーチの終わりでジョンソン大統領は、次回の大統領選には出馬しないと宣言しました。

Four days after this political earthquake, Dr. Martin Luther King was assassinated in Memphis. Washington and 100 other cities exploded in riots that lasted days and required tens of thousands of troops.
この政治の激震の4日後、マーチン・ルーサー・キング博士がメンフィスで暗殺されました。ワシントンとほかの百にのぼる都市が何日も続く暴動に襲われ、数万の兵士が必要となりました。

In early June, a week after our Oregon primary victory, I got a 3 a.m. call from our Bible Building headquarters. Robert Kennedy had been shot in a Los Angeles hotel kitchen. I called the Boss. Julie and David had been watching TV and already awakened him.
6月の初め、オレゴン州で最初の予備選の勝利を勝ちとった1週間後、わたしは午前3時に、本部のあるバイブル・ビルディングからの電話でたたき起こされました。ロサンゼルスのホテルの調理場でロバート・ケネディが射殺されたのです。わたしはボスに電話をしました。ジュリーとデヴィッドがテレビを見ていて、かれもすでに起きていました。

That August, the Democratic Party came apart in a bloody brawl between police and protesters in the streets of Chicago. And so it went in that dramatic and divisive year. But at its end, Richard Nixon was president of the United States.
その秋、シカゴの街での警察と抗議デモの流血沙汰をめぐって民主党は分裂していました。そういった具合に、その年はドラマティックで分断をもたらした年でした。しかしその結果、リチャード・ニクソンが合衆国大統領に選ばれたのです。(続く)
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。