--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/04/07

パット・ブキャナン「フランシスコ法王ー反西欧か?」

Pope Francis — Against the West?
フランシスコ法王―反西欧か?
Friday - March 15, 2013 at 12:50 am

inShare0
By Patrick J. Buchanan

“The Faith is Europe. And Europe is the Faith,” wrote Hilaire Belloc after that bloodbath we call World War I. “Either Europe will return to the Faith or she will perish.”
「信仰がヨーロッパである。ヨーロッパが信仰である」、第一次世界大戦とわれわれが呼ぶ大殺戮のあと、ヒレア・ベロックが書いた。「ヨーロッパは信仰に戻れるか、さもなければ死滅するだろう」。

By 1938, Belloc concluded Christian Europe was done:
“The bad work begun at the Reformation is bearing its final fruit in the dissolution of our ancient doctrines — the very structure of society is dissolving.” He was right. Europe is the dying continent.
1938年までに、ベロックはキリスト教ヨーロッパは終焉を迎えた、と結論づけた。「宗教改革で始まった悪しき仕事は、われわれの伝統的原理の崩壊のうちに最後の結果を迎えているー社会の構造そのものが瓦解しつつある」。かれは正しい。ヨーロッパは死にゆく大陸である。


And looking back at the history of the Old Continent, we see the truth of G.K. Chesterton’s insight: When men cease to believe in God, they do not then believe in nothing, they will believe in anything.
旧大陸の歴史を振り返ると、われわれはG.K.チェスタートンの洞察力に真理を見る。神を信ずることを捨てるものは、何ものをも信じないが、何でも信じてしまうようになる。

Consider the idols to which European Man has burnt incense since losing his faith: Darwinism, Marxism, Bolshevism, fascism, Nazism, now globalism — the idea of a secular paradise where mankind’s needs are met by the state and people spend their lives consuming cultural and material goods until the time comes for the painless exit.
信仰を捨てたあと欧州人がお香を焚く尊崇のアイドル、ダーウィン主義、マルキシズム、ボルシェビズム、ファシズム、ナチズム、そしていまのグローバリズムのことを考えてみようーそれは、人類に必要なものすべてが国家によって充足される世俗の楽園があるという考えであり、そこで人々は苦痛なき死を迎えるまで、文明の成果である物質を消費し尽くそうというのである。

Wednesday, even as Europe has said goodbye to Rome, Rome began to say goodbye to Europe, where the fastest growing faith is manifest in the mosques rising from Moscow to Madrid.
水曜日、ヨーロッパがローマに別れを告げた時、ローマはヨーロッパに別れを告げはじめたのである。モスクワからマドリッドに至るまで、ヨーロッパのモスク(回教寺院)はこれまでの最速のスピードで信者を獲得している。

The College of Cardinals, for the first time ever, chose a pope from the New World: Cardinal Jorge Bergoglio of Argentina.
To be exact, Pope Francis is not of the indigenous peoples of the New World. His father was an immigrant from Italy who came to Argentina before he was born. Yet, though by blood an Italian, Pope Francis, heart and soul, does not belong to Europe.
枢機卿会議は、史上初めて新世界から法王を選出した。アルゼンチンのホルヘ・ベルグリオ枢機卿をー。
たしかにフランシスコ法王はもともと新世界の人ではない。父親はかれが生まれる前、イタリアから移民した。とはいえ、その血液がイタリア人であったとしても、フランチェスコ法王の心と魂はヨーロッパに所属してはいない。

The reaction of our secular media to the election of this first Jesuit pope, who lives his “preferential option for the poor,” was easily predictable.
On redistribution — “Is he a conservative, or a Great Society liberal who will push the ‘social gospel’?” — the new pope passes with honors. He has a simple apartment, rides the bus and lives among the Buenos Aires poor.
「貧民優先の原理」を玉条とする、最初のイエズス会出身法王の選出に対する世俗メディアの反応はおおむね予想されていた。
所得再分配においてー「かれは保守派だろうか、それとも『社会的福音』を推進するグレート・ソサエティ[偉大なる社会]を信奉するリベラルなのだろうか?―新法王は満点で合格した。かれは質素なアパートに住み、バスで通勤し、ブエノスアイレスの貧乏人たちといっしょに暮していた。

But on the “social issues” — “Is Pope Francis a progressive who will move the Church to a more ‘tolerant’ view of abortion and same-sex marriage?” — the disappointment of the media elite was evident.
しかし「社会問題」についてーフランシスコ法王は、「妊娠中絶、同性結婚について、より『寛大な』方向へ教会を導く進歩派だろうか?―メディアのエリートたちの落胆は判然とした。

Pope Francis adheres to orthodox Catholic teaching that abortion is the killing of an unborn child entailing automatic excommunication for all involved. He has denounced same-sex marriage and regards homosexual adoptions as a crime against children.
フランシスコ法王は正統的カソリックの教義を守っている。中絶は、関係者全員を自動的に破門する、未出生児の殺害行為である、と。法王は、同性婚を糾弾し、同性愛関係の養子縁組を児童に対する罪と認めている。

That the media showed visible disappointment at learning this makes one wonder if they know anything at all about the Catholic Church.
To be Catholic is to be orthodox.
このことを聞いてあからさまに失望を示すメディアは、本当にカソリック教会のことがわかっているのだろうか、と疑問を抱かせる。
カソリックである、ということは正統派である、ということなのである。

Indeed, let us presume the impossible — that the Church should suddenly allow the ordination of woman, and decree that abortions in the first month of pregnancy are now licit, and that homosexual unions, if for life, will henceforth be recognized and blessed.
実際、不可能だった事柄を想定してみようー教会が突如、女性の受階を許容する、一ヶ月以内の中絶を合法とする、また生涯にわたる同性愛関係を認め、祝福する。

This would require the Church to admit that for 2,000 years it had been in error on matters of faith and morals, and hence is not infallible. But if the Church could have been so wrong for so long, while the world was right, and many had suffered for centuries because the Church erred, what argument would be left for remaining Catholic?
それは信仰と道徳において、教会が2000年にわたって過ちを冒していたことを認めることとなり、したがって教会の無謬性が壊れることとなる。しかしそれほどの長期間、教会が誤っていたとすれば、世間の方が正しく、多くのものが教会の誤りのゆえに数世紀もの間虐げられていたことになる。カソリックの今後についてはどう考えればよいのだろうか?

If the Church were to admit it had been wrong since the time of Christ about how men must live their lives to attain eternal life, why should Catholics obey the commandments of such a fallible and erring Church? Why not follow our separated brethren of the Protestant faiths, and choose what doctrines we wish to believe and what commandments we wish to obey?
人が永遠の生命をいかにして生きるのか、について、キリストの時代から間違っていたと教会が認めるとすれば、そんな間違いを冒した、また冒している教会の戒律をなぜカソリック教徒が守らなければならないのか?なぜ人は、分裂した仲間のプロテスタントの信仰に従わなかったのか?なぜ自ら信じたいとする教義、また従いたいとする戒律を選ばなかったのか?

And how have those churches fared that have accommodated themselves to the world?
Of the Christian denominations, the closest to Catholicism has been the Anglican or Episcopal Church. For a time, Anglicans were not regarded as heretics. For though they had rejected the primacy of Rome, they had not rejected the truths fundamental to Catholicism. They had been seen in the time of Henry VIII as schismatics.
人の世にうまく適合してきた教会はこれまで何をしてきたことになるのか?
クリスチャンの名のもと、カソリックにもっとも近いものはアングリカン[英国国教]ないし聖公会である。一時、アングリカン教徒は異教徒ではないと認められていた。かれらはローマの優位を拒否したものの、カソリックの基本的真理を拒否することはなかった。ヘンリー八世の時代には、かれらは分離派とされていた。

But lately the Episcopal Church has been in the vanguard of all Christian churches in ordaining women priests and consecrating women and homosexuals as bishops.
Result? No church has suffered greater losses, as Catholicism has benefited from a steady stream of defecting Anglican clergy
.しかし近年聖公会は、女性聖職者の叙階、女性、同性愛者の主教への叙任で、すべてのキリスト教会の前衛となってきている。
結果どうなったかだって?どの教会も大した損害を被ってはいない。依然としてカソリックはアングリカンの聖職者を謝絶する潮流に浴しているから。

What the secular media reaction to Pope Francis reveals is that traditional Catholicism is today almost as deeply alien to our present-day West as it was in Roman times, only the West chooses to ignore Catholicism, where Rome feared and persecuted it.
フランシスコ法王登場についての世俗メディアの反応は、今日の西欧の伝統的カソリックの教義がローマ時代のそれとはいちじるしく隔たりがある、ということを明らかにした。西欧がカソリック教義を無視することに決めた諸点とは、ローマが怖れ、迫害したところにほかならない。

One hears that President Obama will send to the official installation of the Holy Father to represent America our ranking Catholic officeholders, Vice President Joe Biden, along with former Speaker Nancy Pelosi.
法王の公式就任式に米国代表として、カソリック高官のジョー・バイデン副大統領と、前下院議長のナンシー・ペロシをオバマ大統領が派遣するらしいと聞いている。

One wonders what His Holiness will be thinking as he greets these ornaments of American Catholicism, both of whom regard Roe v. Wade, which has resulted in 53 million abortion deaths, as a milestone of progress for women’s rights and homosexual marriage as the civil rights cause of the 21st century.
アメリカのカソリック代表のこういった一流どころとご挨拶したとき、法王が何を考えるのかと訝らざるを得ない。なぜなら二人は、5千3百万の未出生児の命を奪う結果となった妊娠中絶を促すロー対ウェード事件を女性の人権擁護の一里塚とみなし、また同性結婚を21世紀の人権の大義の一環と見ているからである。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。