--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/04/04

パット・ブキャナン「中国のために鐘は鳴り始めたのだろうか?」

パット・ブキャナンのwebを拙訳つきでご紹介いたします。

Has the Bell Begun to Toll for China?
中国のために鐘は鳴り始めたのだろうか?
Friday - March 1, 2013 at 1:15 am

By Patrick J. Buchanan
“Why did the Soviet Union disintegrate? Why did the Soviet Communist Party collapse? An important reason was that their ideals and convictions wavered,” China’s new leader, Xi Jinping, told a closed meeting of party elite in Guangdong province.

「なぜソ連が解体されたか?なぜソビエト共産党は崩壊したのか?大きな理由は、かれらの理想と信念がぐらついたからだよ」、中国の新たなリーダー、習近平は広東省の共産党幹部との内輪の集まりで語った。

“Finally all it took was one quiet word from Gorbachev to declare the dissolution of the Soviet Communist Party, and a great party was gone,” said Xi, according to notes obtained by The New York Times.

ニューヨーク・タイムズによれば、習近平は、「結局、ゴルバチョフの静かな一言、ソビエト共産党の解散宣言がすべてを終わらせ、大政党が消滅したのだ」と言った。

“Everyone is talking about reform, but in fact everyone has a fear of reform,” said Chinese historian Ma Jong. “The question is: Can society be kept under control while you go forward? That is the test.” That is indeed the test.

「だれもが改革について語るが、実際、だれもが改革を怖れている」、と中国人歴史家のマ・ジョンは言う。「問題は、中国社会は前進しながら管理され続けられるのか?にある。これはその実験である」。そう、これは実験なのだ。

What is it that gives a party its legitimacy, its right to rule? What holds a nation together when its cradle faith, its founding ideology, has been abandoned by both elites and the people? That is China’s coming crisis.

何が党に正統性を与えるのだろうか、統治する権利を?その根底にある信仰と建国の思想が、エリート層と庶民の双方に廃棄されてしまった社会で、何が国をまとめてゆけるのだろうか?これがきたるべき中国の危機である。

With victory in the civil war with the Nationalists in 1949, Mao claimed to have liberated China from both Japanese imperialists and Western colonialists, and restored her dignity. “China has stood up!” he said.

1949年、国民党との内戦に勝利し、毛沢東は、日本帝国主義者と西欧の植民地主義者たちの双方から中国を解放し、その尊厳を回復した、と宣言した。「中国は立ち上がった」とかれは言った。

His party’s claim to absolute power was rooted in what it had done, and also what it must do. Only a party with total power could lead a world revolution. Only an all-powerful party could abolish inequality in a way that made the French Revolution look like a rebellion at Berkeley.

自らの党の絶対権力に対する執着は、過去それが行ってきた、またそうしなければならない事柄に由来する。全権力を握った一党体制のみが世界革命を遂行できる。全権掌握の一党のみが、フランス革命がバークレイ校の反乱になぞらえられるような恰好で不平等を廃棄できる。

Xi Jinping’s problem? The Cold War is over. China is herself in the capitalist camp, a member of the G-8, and inequality in the People’s Republic resembles that of America in the Gilded Age.

習近平の問題とは?冷戦は終わった。中国は自身、資本主義陣営にある。G8のメンバー国であり、人民共和国において[南北戦争後の]アメリカの金ぴか時代に似た不平等社会がある。

How does the Chinese Communist Party justify control of all of China’s institutions today — economic, political, military and cultural?
If Marxism is mocked behind closed doors by a new economic elite and tens of millions of Chinese young, what can cause the nation to continue to respect and obey a Communist Party and its leaders, besides the gun?

経済、政治、軍事、文化―すべてにわたる中国の今日の機構を、中国共産党が管理していることをどのように正当化しようというのか?
もしマルキシズムが、閉ざされたドアのうしろで、新しいエリートや、数千万の中国の若者たちに馬鹿にされているのだとすれば、共産党に対する敬意と従属を国民に継続させるには、銃のほかに何があるというのだろうか?

The answer of Europe in the 1930s is China’s answer today.
Nationalism, tribalism, patriotic war if necessary, will bring the masses back. If the Chinese nation is being insulted, if ancestral lands are occupied by foreigners as in olden times, the people will rally around a regime that stands up for China. Nationalism will keep Chinese society “under control while you go forward.”

1930年代のヨーロッパの回答が今日の中国の回答である。
ナショナリズム、トライバリズム[部族主義]、必要な時の愛国戦争が、大衆を引き戻す。中国国民が侮蔑されるとすれば、伝来の土地が、かつてのごとく外国人に占領されるとすれば、人民は中国を支える体制のまわりに集結する。ナショナリズムが、「前進しながらの管理下」に中国社会を保持するのである。

Japan’s Prime Minister Shinzo Abe traces the aggressiveness of Beijing in the Senkaku Islands dispute to a “deeply ingrained” need to appeal to Chinese nationalism in the form of anti-Japanese sentiment dating to the Sino-Japanese War of 1937-1945.

日本の安倍晋三首相は、尖閣諸島問題における北京の侵略性を追究した。これは必然的に、1937-1945年の日中戦争に遡る反日感情と同じ形の中国ナショナリズムを刺激した。

Chinese nationalism, says Abe, is also behind China’s quarrels with Vietnam and other nations over islands of the South China Sea.
If Beijing is unable to deliver economic growth, “it will not be able to control the 1.3 billion people … under the one-party rule,” Abe told The Washington Post. He is now denying those quotes.

安倍は言う、中国のナショナリズムは、南シナ海における島嶼に関するベトナムほか諸国との係争問題にも存在している。
北京が経済成長に失敗すると、「13億の国民を・・一党独裁でコントロールすることは不可能だろう」、と安倍はワシントン・ポストに述べた。かれはそう言ったことを否定しているが。

But China is not alone in stoking the flames of nationalism to maintain legitimacy.
Abe has himself taken a firm stand against China in the Senkakus and is moving rightward on patriotism, security and a defense of Japan’s history in the 20th century, and he is rising in the polls. The apologetic and pacifist Japan of yesterday is no more.

しかし正統性維持のため炎を燃やし続けることは、中国のみの話ではない。
安倍自身、尖閣問題では中国に対し強硬姿勢を貫いており、愛国心、20世紀における日本の安全と防衛の歴史の方向を向いている。世論調査では安倍の支持は上昇し続けている。昨日の、弁明に終始した平和主義の日本はもうなくなった。

In Russia, a nation that saw its Orthodox faith ripped up by the roots by Josef Stalin, then saw its Marxist-Leninist ideology and a Communist Party that was its Vatican collapse, is searching to locate the ancient sources of Russian patriotism and nationhood. Vladimir Putin seeks to knit back together the empire of the Romanovs and revive the old church.

ロシア国民は、ジョセフ・スターリンによってロシア正教の信仰が根絶やしにされるところを見た。そしてその後マルクス・レーニン思想と、バチカンとなっていた共産党が崩壊するところを見た。いま、伝統的なロシア愛国主義と独立志向の基本に立ち返ろうとしている。ウラジミール・プーチンは、ロマノフ帝国を再現しようと引き締めを図り、古い教会を再生させようとしている。

In the Muslim world, the secularism of Gamal Abdel Nasser and Saddam Hussein and Bashar Assad are yielding to forces that look all the way back to Muhammad and the Quran as infallible guides to politics, law and national greatness. The Sunni-Shia split recalls our Catholic-Protestant split in the time of Luther, Calvin, Henry VIII, the Council of Trent and the Thirty Years War.

イスラム世界では、ガマル・アブデル・ナセル、サダム・フセイン、バシャル・アサドの世俗主義は、政治、法律、国家の偉大さについて、ムハンマドとコーランが無謬の指針であると、すべてを復古させようとする勢力に屈服しつつある。スンニ派とシーア派の分断は、ルーテル、カルバン、ヘンリー8世、トレント公会議、30年戦争時代の、カトリックとプロテスタントの分断を思い起こさせる。

Nor should America be smug about this search for legitimacy.
Our British-Protestant then European-Christian identity has gone the way of the Cheshire Cat. In the age of Obama, Jefferson’s Declaration and Madison’s Constitution are invoked to justify societal mandates that would have had the Founding Fathers loading muskets.

アメリカも、正統性へのこのような回帰について無関心であってはならない。
われわれの、初期は英国系プロテスタント、そしてその後欧州系キリスト教徒であったアイデンティティは、チェシャー猫[「不思議の国のアリス」に登場する架空の猫]の道を歩んでいる。オバマの時代にあって、ジェファーソンの独立宣言とマディソンの憲法が、建国の父たちの弾が込められたマスケット銃となりかねない社会的取り決めを正当化するために利用されている。

What is our guiding light now that the philosophical, cultural, religious and political
roots of the old republic are being systematically severed?
What gives legitimacy to the American government? Elections, majority rule through universal suffrage of a people, ever-larger shares of whom are ignorant of the faith, culture and civilization whence we came?

伝統ある共和国の哲学的、文化的、宗教的、政治的な根源が組織的に切断されつつあるいまの時代、われわれを導くともしびはどこにあるのだろうか?
米国政府に正統性を与えるものは何か?選挙?人々の広く遍き投票による多数決原理なのだろうか?信仰、文化、そして、われわれの出発点である文明を無視する人々の割合はこれまでになく高まっているが、それら人々による選挙なのだろうか?

If our economy should sink like Southern Europe’s, if the great god Progress no longer smiles upon us, what do we fall back on?
One day, Americans will begin to ask themselves such questions, if they have not already begun to do so.

もしわれわれの経済が南ヨーロッパのごとく地盤沈下してしまうとすれば、進歩の神がもはやわれわれに頬笑むこともなくなってしまうとすれば、何を頼りにすればよいのか?
すでにその日はやって来ているのかもしれないが、いつの日か、アメリカ人をそういう問いかけを自分自身にし始めることだろう。

These might be related:

次のような関連テーマがあります。
1. Has the Bell Begun to Toll for the GOP?
2. China’s Path to Power
3. Has the Counterrevolution Begun?
4. How Adam Smith Would Handle China
5. For Whom the Bell Tolls
6. A Time For Truth About China
7. China Checkmate for United States in Asia?
8. Buchanan: Take the China Test
9. Why Should China Get Trading Privileges?
10. A Fire Bell in the Night for Norway
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。