--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/11/30

Human Smoke 40

NYT 1941年12月31日
 マッカーサー将軍は日本の空襲によって破壊された、マニラの文化遺産のリストをつくった。63機の日本の爆撃機の行為は「文化を守る国際法のすべての手続きに対するまったくの違反である」、とかれは言った。「古く美しきサント・ドミンゴ教会は、その聖なる遺物とともにいまや瓦礫と化したが、黒衣の聖職者はその前で人々のために祈りを捧げている」。マッカーサーはつけ加えた、いつの日か、「復讐」の手だてが講じられよう。 
 しかし、マニラのほとんどは無傷だった。三年後に回復されたとき、アメリカの空爆と砲撃で街は真っ平になっていた。

ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン 1941年12月30日
NYT 1941年12月28日
タイム 1942年1月5日

 与党リーダーで一貫して参戦派の上院議員、アルベン・バークレイは、日本のマニラ空爆は最悪の愚行である、と言った。「東京のことを考えてみたまえ」、バークレイは言う、「人口はマニラの十倍だ、わが方の爆撃機が押し寄せて壊滅される日が必ず来るというのに」。それは1941年12月29日のことだった。
 もとの孤立主義派、バートン・ウィーラー上院議員もまったく同意見だった:「日本の行動から出てくる結論はただ一つ」、とかれは言う、「かれらは人間ではなく、半分しか開化されていない民族だ。将来もそういう扱いしか受けないだろう」。いまの悲劇は、爆撃機がイギリスにまわされていて、長崎、横浜、東京を爆撃できないことだ。
 ネブラスカの上院議員、ジョージ・W・ノリスは、日本の街は、「地上から焼き消してしまう」攻撃に向いている、と言った。「それがかれらの運命である」。

シカゴ・トリビューン 1942年1月1日
タイム 1942年1月5日

 真珠湾で戦傷を負った傷病兵の何人かがサン・フランシスコに到着した。それは1941年の大晦日だった。「まず歩けるものが出てきた」、とシカゴ・トリビューンが報じた、「高い灰色の船腹のタラップを、腕に包帯、松葉杖をつきながら降りてくる。続いて看護兵が担架の兵士を降ろし、救急車に運び入れた」。途中、一人の火傷を負った患者が息を引き取った。タイム誌のインタビューに一人の兵士が応じた。「最初ぼくたちはだれとも戦争なんかやりたくなかった。だけど、いまはやつらに一発お見舞いしたいですよ」。

NYT 1942年1月1日
蒋介石「演説集」
NYT 1942年1月1日 日本の首相、東条英機大将は、大晦日のメッセージを出した。「戦争はいま始まったばかりである」。
 蒋介石総統も大晦日のメッセージを出した:「時きたらば、まずは海と空からわれらの敵に懲罰を与え、最終的には地上の兵力を抹殺するだろう」。
 そしてヒトラーも。「ユダヤ=ボリシェビキに対する偉大なる闘争の第一年度は終わった。そして二年目が始まろうとしている。国民の生命のため、日々の糧のため、またその未来のために戦うものには勝利が訪れる。しかしユダヤ的憎悪に動かされて、この戦いで人類を抹殺しようとするものは破滅を見るだろう」。
 ルーズベルト大統領は祈りを求めた。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。