--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/10/25

Human Smoke 35

NYT 1941年12月25日
ジャック・G・ヘンケルズ「12月7日、民間人も死んだ」(ホノルル・スター・ブルティン)

 6隻の空母から日本のパイロットがホノルル近郊の真珠湾に向って出撃した。1941年12月7日だった。
 かれらの攻撃は18隻の米国艦船を沈め、2000以上の命を奪った。撃ち落とされた日本のパイロットの一人は、一瓶のウィスキー、箸、乾パン、歯磨き粉、手書きのお守りを持っていた。
 お守りには爆発して沈んで行くアメリカの軍艦の絵が描かれていた。英語で、「You damned! Go to the devil!」と書いてあった。日本語では、「裁きの声を聞け!目を開け、おばかさん!」とあった。
 数十人のホノルルの民間人も死んだーアメリカの対空砲の誤射によるものだった。

W.アベレル・ハリマン、エリー・アベル「チャーチルとスターリンへの密使、1941-1946」
ウィンストン・チャーチル「大同盟」

マーチン・ギルバート「チャーチル伝」 
 チェカーズでの晩餐後、チャーチルはむっつりと、とりつく島もなく坐っていた。一緒にいたのは、ボディガード、個人秘書、それに二人のアメリカ人、ルーズベルトのヨーロッパ特使、アベレル・ハリマンと、米国大使のジョン・ワイナントだった。チャーチルの執事、ソウヤースがポータブル・ラジオを持ち込んだーハリー・ホプキンズのおみやげだったーかれらはニュースを聞いた。1941年12月7日のことだった。
 BBCのアナウンサーが、何か日本の空襲のことをつたえていた。ハリマンは、パール・ハーバーの空襲、と聞いたが、護衛のトンプソンは、いいえ、それはパール・リバーです、と言った。
 「首相は」、とハリマンは回想している、「無気力状態から醒め、ラジオをぽんと叩いて椅子から起き上がった」。チャーチルは大統領に電話をつなぐよう秘書に指示した。「大統領閣下、日本がどうかしたのですか?」、かれは訊ねた。
 「パール・ハーバーがやられた」、とルーズベルトは答えた。「みんな同じボートに乗りましたよ」。ワイナント大使が電話をとった。チャーチルは、かれがこんな風に言っているところを聞いた。「物事は簡単になりましたね」。秘書のマーチンも回想している。「ワイナントは、まぎれもなくアメリカが参戦したことで、大いに興奮していた」。チャーチルには、二人のアメリカ人がニュースを聞いて、「毅然とし、長い苦悩から解放された」様子に見えた。
 チャーチルはアメリカ行きを決めた。

ニューズウィーク 1966年12月12日
 その日午後、ジェームズ・ルーズベルトは父親の執務室に入って行った。大統領は静かだった。「かれは好きな切手の仕分けをして、貼り付けているところだった」。
 こちらを見もしないで、大統領はつぶやいていた、「それまずいよ、ちょっとまずいな」。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。