--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/08/05

Human Smoke 14

アラン・アームストロング「先制攻撃
 モーゲンソーは大統領に電話をし、至急お会いしたい、と告げた。-かれは蒋介石から、日本を攻撃したい、という極秘のメッセージを受け取っていた。1940年12月18日のことだった。
 「蒋はまだ戦いたいというのかね?」、ルーズベルト大統領は訊ねた。
 「メッセージはそう言っています」、モーゲンソーが答えた。
 「すばらしい」、ルーズベルトは言った。「それはこの四年間、わたしが言っていることなんだ」。

NYT 1940年12月20日
 中国政府は、最近日本が、三都市に対して伝染病菌を撒布した、と非難した。1940年12月19日のことである。
 東京の帝国政府は真っ向からこれを否定した。日本はそのような手段に頼る必要はない、スポークスマンが言った。むしろ中国側が占領軍の井戸にコレラ菌を放り込んでいる、と反撃した。

アラン・アームストロング「先制攻撃」
 宋博士は、クレア・シェンノートとヘンリー・モーゲンソー邸の食堂にいた。シェンノートは日本空襲を計画していた。1940年12月21日のことだった。
 シェンノートは爆撃1機ごとに、アメリカ人の砲手1名、パイロット1名、技術者5名が必要である、と言った。モーゲンソーは、米陸軍航空隊の現役のなかから割愛できる、と話をした。-法外な手当を出すことを前提にして。月、1000ドルでどうですか?宋と補佐官はイエスと答えた。
 シェンノートは各種の爆撃機について講釈をした。ハドソンはかなりの重量を積んで1000マイル飛べる。東京との往復は1200マイルなので、ハドソンは東京爆撃には使えない。「しかし、長崎、神戸、大阪は射程距離にあります」。フライング・フォートレス(空飛ぶ要塞)ならば東京へ行けますーそして中国に二箇所、フォートレスに必要な滑走路を持つ飛行場があります。
 爆撃機は夜、飛べますか?モーゲンソーが訊ねた。イエス、シェンノートが答えた。爆撃機は夜間飛ばなくてはなりません。昼間飛ぶのに必要な護衛戦闘機の航続距離は、日本まではありません。
 焼夷弾はどうですかね?モーゲンソーが聞いた、「日本の都市はみな木と紙で出来ていますからー」。
 それで行けば大変な損害となるだろう、全員が納得した。そして挨拶をして各々寝室に入った。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。