--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/07/27

Human Smoke 12

NYT 1940年11月27日
 日本は新しい駐米大使を選任した。「日本にはアメリカと戦争を望むものはーいるとしてもーほとんどいない」、野村吉三郎提督は日本を出発する前、そう言った。「いま世界の運命はアメリカの双肩にかかっている。アメリカがヨーロッパか太平洋のどちらかで戦争に介入すれば、文明社会は炎に包まれる」。それは1940年11月26日のことだった。

アラン・アームストロング「先制攻撃」
 ルーズベルトはヘンリー・モーゲンソーに指示をして、国民政府が対日戦争を継続できるよう、中国に1億ドルの借款を供与させた。資金は航空機の購入にあてられる。
 クレア・「レザーフェイス」・シェンノートは、蒋介石の代筆をして4ページのルーズベルトあてのメモを書いた。それは合衆国のパイロットと乗員で構成する中国の特殊航空部隊の創設の提案だった。蒋介石の義兄で大使のT・V・宋は、メモをモーゲンソーに手渡した。1940年11月30日のことである。
 「中国には使用可能な飛行場が136箇所あります」、と蒋介石のメモは伝えた。「半数以上が最良の状態にあり、爆撃機、戦闘機双方に使えます。うちいくつかは日本から650マイル以内の距離にあります」。蒋介石は言う、新しい特殊航空部隊は、中国陸軍との共同作戦でーまたは単独で、「日本の本土」を攻撃できます。飛行場の所在地の地図はご提供できます。
 モーゲンソーは、飛行場のこととその日本との近さに思いを馳せた。かれは英国大使のロシアン卿にこの話を伝えた。モーゲンソーはロシアンに、四発の爆撃機を中国に持って行くつもり、だと話をした。「これで東京やほかの都市を爆撃する、という前提なのです」。ロシアンは喜んでいた。 
 「そいつは世の中をすべて変えてしまいますね」、ロシアンは言った。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。