--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/06

Singapore Burning 第五部 (つづき)

28 (接 近)
 二つの斥候隊は、一つは5名、もう一つは3名で構成した、いずれもテイラー准将の第22旅団の志願兵である。かれらはいずれも2月6日、サンパンで出発し、翌晩もどってきた。日本砲兵陣地の50ヤードのところまで近づいたが、日本軍が上陸用の小舟を整えているようには見られなかった。日本人の歴史の知識のあるものは、山下が、2月11日のキゲンセツ(紀元節ー2000年のむかし、太陽神、天照の後裔、神武天皇が即位した日)までに、島の奪取を目論でいるのではないか、と予測していたが、一方、山下は、聖なる日を汚辱にまみれさせるわけにも行かないだろう。
 山下は、たった55日で700マイルを突き進んだ。戦死、1793、戦傷、2772がその代償だった。250の橋を修復し、5千名を殺害し、8千名を捕虜にした。このなかにはペインター、チャーレンの二人の准将がいる。その後ジャングルの彷徨で、飢えと病気で降伏したものを加えると、捕虜は1万1千名に達した。2月11日の問題は別として、山下にはスピードが重要だった。その兵士たちは、東南アジアのいたるところ、スマトラ、ジャワ、ニューギニア、ニューブリテンなどなどで必要とされていたのだ。島への攻撃、ゼロ時間は、2月7日の日没直後と設定されたが、二人の師団長が、もう24時間の延期を申し入れ、山下は苛立ちもみせず、それを了承した。かれの部下が必要のないことを申し出てくる筈はあり得なかった。
 しかし、7日から間断ない砲撃が実施された。そして闇にまぎれて、近衛一大隊が、外付けエンジンの折りたたみ式ボートでジョホール水道東端のウビン島に上陸した。驚いたことに、この上陸には全く抵抗がなかったのである。パーシバルはここに防衛部隊を配置せず、ノーフォークの警備兵が巡回していただけだった。最初の銃火で、ノーフォークは最初の犠牲者を出した。この上陸そのものは、山下の西側大攻勢を隠す陽動作戦だった。山下はウビン島が無防備だったことに疑念を抱いた。パーシバルは自分の真意に気がついているのか?海抜約300フィートのウビン島の頂上からシンガポール東方のチャンギ方面の敵状を探ったが、石油タンクの煙が濃く、よくわからなかった。
 空爆と砲撃は、アマケン村のテイラー旅団司令部に及んできた。テイラーはクランジ=ジュロンの反転線(スイッチ・ライン)の後方に陣取る意向だったが、これはベネットの意見と合わなかった。パーシバルは、島の東端はチャンギ地区をかかえるセランゴン線で、西端はクランジ=ジュロンの二つのスイッチ・ラインで切り離すことを考えていた。そのかわり、島の北岸と南岸を死守するのである。ベネットはオーストラリア軍の後衛を補強するため、主計兵、兵站部隊、工兵、近眼の不適格兵などを総動員した。もっと特殊な部隊は、ダルフォースである。これは中国人やくざを組織化したものである。これは闇の世界に詳しい、シンガポール警察出身の、ジョン・ダーレイ中佐が創設した。全員に軍服は行き渡らず、かれらの唯一の欠点、日本人と見分けがつかないことをカバーするために、白い鉢巻を締めた。
 2月8日、日曜日、午後7時、一斉砲撃が西方で始まった。野戦電話が砲撃で機能しなくなり、大隊間の連絡に伝令が走った。砲撃の激化は、侵入攻撃が近いことを予測させた。2/20大隊D中隊の兵士が、砲声の中からボートのエンジン音を聞き分けた。コル・ニコル一等兵は、ブレン軽機関銃を続けざまに発射した。電話のかわりに取り決めた、敵の上陸の合図だった。斥候が日本軍のボートを見つけられなかったのは、かれらがたくみにジャングル、ゴム林に隠蔽していたからである。数十艘の色々なサイズのサンパンを別として、最大のものは、タイの沖合い、コタバルで使われた、鋼鉄製の小型上陸用舟艇が、鉄道と道路で運ばれてきていた。主力とされたのは、ウビン島の作戦でも使われた、折りたたみ式、外付けエンジンのボートである。これは熟練した兵隊ならばおよそ2分で組み立てられ、二三艘をつなげてからデッキを作れば、野砲、または小型戦車なら積載可能だった。出発地のスクダイ川では、座礁を避けるため、兵士は川の中ほどまでは歩いて渡った。スクダイの河口では150ばかりのボートのレガッタが始まった。兵たちは、戦死した戦友の遺灰をブリキ缶ーイギリス煙草の平たいものが理想的だったーに詰めて、一緒にシンガポールに赴くと誓った約束を守ることにした。故国へ送る遺骨の一部である。頭上を友軍の砲弾が飛び越えていた。英軍の反撃開始前に、自分たちは、どこまで行くことができるのだろうか?
 
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。