--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/05/15

パトリック・ブキャナン「グランド・オールド・パーティ(共和党)へのレクイエム」

Requiem for a Grand Old Party
グランド・オールド・パーティ(共和党)へのレクイエム
Friday - May 10, 2013 at 12:39 am


inShare0
By Patrick J. Buchanan
Has the bell begun to toll for the GOP?
The question arises while reading an analysis of Census Bureau statistics on the 2012 election by Dan Balz and Ted Mellnik.
One sentence in their Washington Post story fairly leaps out:
共和党のために鐘(弔鐘)は鳴りはじめたのか?
ダン・バルツとテッド・メルニックによる2012年のセンサス・ビューロー(国勢調査局)の統計の分析を読むとそう読めてくる。
ワシントン・ポストの一文はこのことをよく書いている。

“The total number of white voters actually decreased between 2008 and 2012, the first such drop by any group within the population since the bureau started to issue such statistics.”
America’s white majority, which accounts for nine in 10 of all Republican votes in presidential elections, is not only shrinking as a share of the electorate, but it is declining in numbers, as well.
「2008年から2012年にかけて白人の投票者数は実際に減少している。国勢調査局が統計を発表して以来、一人種グループのこのような落ちこみは初めてのことである」。
大統領選挙における共和党への投票10票のうち9票を占めるアメリカの白人マジョリティは、有権者の比率においてのみではなく、実数においても減少しつつある。

The Balz-Mellnik piece was primarily about the black vote.
Sixty-six percent of the black electorate turned out, to 64 percent of the white electorate. Black turnout in 2012 was higher by 1.7 million than in 2008. Hispanic turnout rose by 1.4 million votes.
バルツ=メルニック分析は、基本的には黒人の投票行動について行われたものだった。
白人有権者の投票率64%に対して、黒人有権者の投票率は66%だった。2012年の黒人票は2008年にくらべて170万増加した。ヒスパニックの増加は140万票だった。

But from 2008 to 2012, the white vote fell by 2 million.
This is the crisis of the Grand Old Party:
Minorities, peoples of color — Hispanic, black, Asian — gave 80 percent of their votes to Obama. And while the minorities’ share of the electorate was 26 percent in 2012, minorities constitute 36.3 percent of the population. And their share of both the electorate and the population is inexorably rising.
しかし2008年から2012年にかけて白人票は200万票減った。
これは共和党の危機である。
有色人種マイノリティーヒスパニック、黒人、アジア系―の80%はオバマに投票した。2012年選挙の有権者におけるマイノリティのシェアは26%だったが、人口構成では36.3%である。そして、有権者数と総人口においてマイノリティのシェアは確実に増加して行くのである。

Obama won only 39 percent of White America, lowest ever of any victorious presidential candidate. But he did not need any more white votes, when he was carrying people of color 4 to 1.
Any good news in the Census Bureau report for the GOP?
ホワイト・アメリカ(アメリカの白人社会)で、オバマは39%しか取れなかった。これまでの大統領選挙における勝者のなかで最低である。有色人種票を4対1でとれるならば、オバマはもはやこれ以上の白人票を必要としない。
センサス・ビューローの報告に共和党にとって良いニュースはあったのだろうか?

Only this: The tremendous turnout of black Americans in 2012 was surely due to Obama’s being under ferocious attack and in peril of being repudiated. Black folks turned out in record numbers to rescue the first black president. That situation will not recur in 2016.
一つだけあった。2012年の選挙で黒人が驚異的な投票率を示したのは、たしかに、オバマが執拗な攻撃を受け、負けるかもしれない危険があったからである。黒人大衆は、最初の黒人大統領の救済のため、記録的な人数で繰り出したのである。この状況は2016年では再現しないだろう。

Yet the bad news for the Republican Party does not cease.
While the total Hispanic vote rose by 1.4 million between 2008 and 2012, some 12 million eligible Hispanics did not bother to vote. And when one considers that Romney lost Hispanics 71-27, any Democratic effort to get out the Hispanic vote is going to be problematic for the GOP.
とはいえ共和党のための悪いニュースは終らない。
2008年と2012年ではヒスパニックの投票が140万増加したが、1200万ばかりのヒスパニック有資格者は投票する気を起こさなかった。ロムニーがヒスパニック票を、71対27で失ったことを考えると、ヒスパニック票を狩りだす民主党の努力は、共和党にとっての問題点となるだろう。

Only 48 percent of eligible Asians voted. But when they did, they went 70 percent Democratic. Asians’ numbers, too, are growing, and as more go to the polls, the GOP crisis deepens.
The Republican response to this gathering disaster?
アジア系は有資格者の48%しか投票しなかった。しかし投票するときは70%が民主党に向かった。アジア系も増えている。かれらも投票所に出かければ出かけるほど、共和党の悩みが深まってくる。
このような災厄の積み重なりに共和党はどう答えるか?

Led by Sens. Marco Rubio, John McCain and Lindsey Graham, Republicans are pushing for amnesty and “a path to citizenship” for the 11 to 12 million illegal aliens in the country today.
Who are these folks? Perhaps half are Hispanic, but 90 percent are people of color who, once registered, vote 4-to-1 Democratic. One would not be surprised to hear that the Senate Democratic Caucus had broken out into chants of “Go, Marco, Go!”
マルコ・ルビオ、ジョン・マケイン、リンゼイ・グラハム上院議員の呼びかけのもと、共和党員はアムネスティ(特赦)を推進し、現在国内にいる1100万から1200万にのぼる不法移民に「市民権への道」を拓こうとしている。
かれらはどういった連中なのか?多分半分はヒスパニックだが、90%は有色人種で、一旦登録されれば、4対1で民主党に投票する人々である。民主党の上院幹部会が、「行けマルコ、行け!」と大合唱するところを聞いたとしても驚くことはない。

Setting aside the illegals invasion Bush 41 and Bush 43 refused to halt, each year a million new immigrants enter and move onto a fast track to citizenship. Between 80 and 90 percent now come from the Third World, and once naturalized, they vote 80 percent Democratic.
第41代ブッシュと第43代ブッシュが止めようとしなかった不法移民問題を別としても、毎年毎年、100万もの新しい移民が入国してきて市民権取得の最前列に並んでいる。いまやそのうち80-90%は第三世界からやってくる。そして一旦帰化するや、80-90%が民主党に投票するのである。

This brings us back around to the Electoral College.
After Richard Nixon cobbled together his New Majority, the GOP carried 49 states in 1972 and in 1984, 44 states in 1980 and 40 in 1988. In four elections — 1972, 1984, 1988 and 2004 — the Republican Party swept all 11 states of FDR’s “Solid South.”
このことは、選挙人をめぐる状況をわれわれに再考させる。
リチャード・ニクソンがニューマジョリティを糾合したあと、共和党は1972年と1984年に49州を制覇し、1980年には44州、1988年には40州を獲得した。4回の選挙―1972年、1984年、1988年、2004年―で共和党は、FDR(フランクリン・ルーズベルト)のいう「ソリッド・サウス(固い南部)」の11州すべてをものにした。

Such were the fruits of that evil Southern Strategy.
But when conservatives urged Bush 1 to declare a moratorium on legal immigration in 1992 and build a security fence, the politically correct Republican establishment fought tooth and nail to keep the idea out of the platform.
So, where are we?
これはあの悪名高い南部戦略の結果となるのか?
しかし、保守派がブッシュ1世に対して、1992年に合法移民の凍結と安全柵の設置を要請したとき、政治的公正を標榜する共和党エリートはこの要請を議題に挙げないよう徹底的にたたかった。
ならばわれわれはどうすれば良いのか?

Eighteen states, including four of the seven mega-states — California, New York, Illinois and Pennsylvania — have gone Democratic in six straight elections. Two others, Florida and Ohio, have gone Democratic twice in a row. And white folks are now a minority in the last mega-state, Texas.
メガ・ステートの四つ―カリフォルニア、ニューヨーク、イリノイ、ペンシルベニア―を含む18州で、6回の直接選挙で民主党は勝った。あと二つ、フロリダとオハイオは、二回続けて民主党に勝たせた。そして最後のメガ・ステート―テキサスで、白人はいまマイノリティになってしまった。

In Ohio, which produced seven Republican presidents, more than any other state, Republicans are dropping out, and may be dying out.
“Eight years ago, blacks and whites voted at about the same rate (in Ohio),” write Balz and Mellnik. In 2008, “the participation rate for whites dropped to 65 percent, while the rate for blacks rose to 70 percent. Last November, the turnout rate among whites fell to 62 percent, while the rate for blacks ticked up to 72 percent.”
過去7回、共和党を輩出したオハイオでは、ほかのどの州にもまして共和党支持者が凋落している、多分そのうち消えてしまうだろう。
「8年前、(オハイオでは)黒人と白人は同率で投票した」、とバルツとメルニックは書く。2008年、「白人の投票率は65%へと下がり、黒人の投票率は70%へと上がった。昨年11月、白人のそれは62%へと下降、黒人は72%に上昇した」。

From these Census figures, white folks are losing interest in politics and voting. Yet, whites still constitute three-fourths of the electorate and nine in 10 Republican votes.
Query: Is the way to increase the enthusiasm and turnout among this three-fourths of the electorate for the GOP to embrace amnesty and a path to citizenship for 12 million illegal foreign aliens?
Or is it to demand the sealing of America’s borders against any and all intruders?
Just asking.
この調査結果は、白人大衆が政治や投票に興味を失いつつあることを示す。とはいえ、白人は有権者の4分の3を構成し、共和党支持票の10票のうち9票を占めている。
質問:共和党支持者の4分の3を構成する有権者の熱意と投票率を上昇させるために、1200万の不法移民のアムネスティと市民権取得を擁護することは一つの方法となるのか?
さもなければ、あらゆる、すべての侵入者を許さないため、アメリカの国境を封鎖せよと求めているのか?
ただ問うのみである。


inShare0
These might be related:
次のような関連サイトがあります。
1. A Grand Old Party in Panic
2. Is GOP Still a National Party?
3. Requiem for a Patriot
4. The Sydney Carton Party
5. Tea Party vs. War Party?
6. The Balkanization of Barack’s Party
7. Is the GOP Becoming a War Party?
8. Is a Tea Party Triumph at Hand?
9. Tea Party’s Winning Hand
10. America’s Party

スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/05/09

パトリック・ブキャナン「シリアの戦犯はだれか?」

Who Are the War Criminals in Syria?
シリアの戦犯はだれか?
Tuesday - May 7, 2013 at 2:16 am


inShare0
By Patrick J. Buchanan
Last week, several polls came out assessing U.S. public opinion on intervention in Syria.
According to the Huffington Post poll, Americans oppose U.S. air strikes on Syria by 3-to-1. They oppose sending arms to the rebels by 4-to-1. They oppose putting U.S. ground troops into Syria by 14-to-1. Democrats, Republicans and independents are all against getting involved in that civil war that has produced 1.2 million refugees and 70,000 dead.
先週、シリアへの介入についていくつかの米国内の世論調査が発表された。
ハフィントン・ポストの調査では、アメリカ人のシリア空爆は3対1で反対である。反体制派に対する武器供与は4対1で反対。民主党支持者、共和党支持者、無党派すべてが、120万の難民と7万の死者を出したこの内戦に巻き込まれることに反対している。

A CBS/New York Times poll found that by 62-to-24 Americans want to stay out of the Syrian war. A Reuters/Ipsos poll found that by 61-to-10 Americans oppose any U.S. intervention.
But the numbers shift when the public is asked if it would make a difference if the Syrian regime used poison gas. In that case, opposition to U.S. intervention drops to 44-to-27 in Reuters/Ipsos.
CBS/ニューヨーク・タイムズの調査では、62対24でアメリカ人はシリア内戦の局外に立つことを望んでいる。ロイター/ィプソスの調査では、61対10で、世論はいかなる形での合衆国の介入に反対している。
しかし、シリア政権が毒ガスを使用するとどうなるかと問われると、これらの数字は変ってくる。その場合、ロイター/ィプソス調査のアメリカの介入についての反対は、44対27まで落ちる。

Yet on the Sunday talk shows and cable news, the hawks are over-represented. To have a senator call for arming the rebels and U.S. air strikes is a better ratings “get” than to have on a senator who wants to stay out of the war.
In that same CBS poll, however, the 10 percent of all Americans who say they follow the Syrian situation closely were evenly divided, 47-to-48, on whether to intervene.
しかし日曜日のトーク・ショウとケーブルTVニュースではタカ派一色となった。反体制派の武装とアメリカの空爆を支持する上院議員は、局外に留まることを望む上院議員より、優先順位を「獲得」した。
しかし、CBSの調査によれば、全体の10%を占める、シリア情勢を注意深く見守っていると答えたアメリカ人は、介入の可否について、47対48とちょうど半々となった。

The portrait of America that emerges is of a nation not overly interested in what is going on in Syria, but which overwhelmingly wants to stay out of the war.
But it is also a nation whose foreign policy elites are far more interventionist and far more supportive of sending weapons to the rebels and using U.S. air power. From these polls, it is hard not to escape the conclusion that the Beltway elites who shape U.S. foreign policy no longer represent the manifest will of Middle America.
そこに現れたものは、シリアで進行中の事柄にはあまり興味を持っていないが、圧倒的に戦争から距離をおきたいとするアメリカ人の姿である。
しかし同時に、対外政策担当エリートは、はるかに介入主義者で、反体制派への武器供与と米国の空軍力使用に、より積極的である。これらの調査は、中産階級アメリカ人をいっさい代表しておらず、出世街道をひた走って外交政策を形造ってゆくエリートたちの結論から逃れることは難しいことを思わせる。

America has not gone isolationist, but has become anti-interventionist. This country does not want its soldiers sent into any more misbegotten adventures like Iraq and Afghanistan, and does not see any vital national interest in who comes out on top in Syria.
But who is speaking up for that great silent majority? Who in the U.S. Senate is on national TV standing up to the interventionists?
Who in the Republican Party is calling out the McCainiacs?
アメリカは孤立主義ではなかったが、反介入主義となってきた。この国はもはやイラクやアフガ二スタンといった正統性のない冒険にその兵士を送りこむことを望まない。またシリアでだれがトップになろうと、そこに重大な国益を見出だすことはない。
しかし、だれがそういうサイレント・マジョリティのために発言するのだろうか?合衆国上院議員で、全国向けTVで、だれが介入主義者に抗議してくれるのか?
共和党員でマケイン(註:シリアへの軍事介入の可能性を示唆している上院議員)教徒たちに挑戦するものはいないのか?

Another story that came out this weekend, smothered by news of Israeli air strikes on Syrian military installations and missile depots, might cool elite enthusiasm — and kill any public desire to intervene.
イスラエルがシリアの軍事施設とミサイル基地を空爆したというニュースでぼやけてしまったが、今週飛びこんできたニュースは、エリートの肝を冷やし―介入主義のどんな世論も吹き飛ばしてしまうだろう。

“Syrian Rebels May Have Used Sarin Gas,” ran the headline in Monday’s New York Times. Datelined Geneva, the story began:
“United Nations human rights investigators have gathered testimony from casualties of Syria’s civil war and medical workers indicating that rebel forces have used the nerve agent sarin, one of the lead investigators said Sunday.”
「シリアの反体制派がサリン・ガスを使ったのではないか?」という見出しが、月曜日のニューヨーク・タイムズに踊った。ジュネーブ発、次のように書き出されていた:
「国連人権委員会調査官は反体制派がサリン神経ガスを使用したことの証拠と、医療従事者の証言を得た、と、日曜日、調査官上層部の一人が語った」。

The U.N. commission has found no evidence that the Syrian army used chemical weapons. But Carla Del Ponte, a former Swiss attorney general and a commission member, stated:
“Our investigators have been in neighboring countries interviewing victims, doctors and field hospitals, and according to their report of last week, which I have seen, there are strong, concrete suspicions but not yet incontrovertible proof of the use of sarin gas, from the way the victims were treated.
同国連委員会は、シリア軍が化学兵器を使用した証拠は発見していない。しかし、スイスの元検察官で委員メンバーのカーラ・デル・ポンテは次のように述べた。
「委員会調査官は、隣接国にあって、被害者、医師、野戦病院などのインタビューを行っていた。わたしにつたえられた、先週の調査官報告によれば、被害者の取り扱われた状況からみて、サリン・ガス使用について決定的ではないにしても、強く、具体的な疑いがある」。

“This was use on the part of the opposition, the rebels.”
In short, the war criminals may be the people on whose behalf we are supposed to intervene. And if it was the rebels who used sarin gas, and not the forces of President Bashar Assad, more than a few questions arise that need answering.
「それは反抗者側の使用だった、反体制側の」。
端的に言って、戦争犯罪人は、われわれが介入するとすれば、そちらの側に立っただろうとされた人々のことになろう、ということである。そしてサリン・ガスを使った方が、バシャール・アサド大統領の軍ではなく反体制派の方だったとすれば、答を聞く必要のある質問がたくさんある。

For just two weeks ago, the White House informed Congress:
“Our intelligence community does assess, with varying degrees of confidence, that the Syrian regime has used chemical weapons on a small scale in Syria, specifically, the chemical agent sarin.”
なぜなら、ちょうど2週間前、ホワイトハウスは議会にこう説明していた。
「わが国のインテリジェンス機関は、信頼度はまちまちながら、シリア体制側が、シリア国内で小規模ながら化学兵器、とくに化学系サリンを使用した、と分析している」。

A clamor then arose demanding Obama make good on his threat that the Syrian regime’s use of poison gas would cross a “red line” and be a “game changer,” calling forth “enormous consequences.”
そこで、オバマの、シリア政府側が毒ガス使用に踏みきれば「レッド・ライン」を越えることとなり「ゲームのルールを変える」ことで、それは「重大な結果」を引きおこすだろう、とする脅し文句を実証すべきである、という声が高まってきていた。

If the Syrian military did not use sarin, but the rebels did, who in the U.S. intelligence community blew this one? From whom did U.S. agencies get their evidence that sarin had been used by Damascus? Were we almost suckered by someone’s latest lies about weapons of mass destruction into fighting yet another unnecessary war?
When allegations of the Syrian government’s use of sarin arose, many in Congress, especially in the Republican Party, denounced Obama for fecklessness in backing off of his “red line” threat.
しかしシリア軍がサリンを使っておらず、反体制派が使用したとすれば、アメリカ情報機関のだれがウソをついていたのか?ダマスカス側がサリンを使ったという証拠をどこから情報機関は得たのか?大量破壊兵器に関するだれかの直近のウソにだまされて、もうひとつ不必要な戦争を戦おうとしていたのか?
シリア政府のサリン使用が主張されたとき、議員の多く、とくに共和党員が、オバマの「レッド・ライン」に関する譲歩姿勢の弱腰を非難していた。

It now appears that Obama may have saved us from a strategic disaster by not plunging ahead with military action. And the question should be put to the war hawks:
If Assad’s use of sarin should call forth U.S. air strikes, ought not the use of sarin by the rebels, if confirmed, cause this country to wash its hands of those war criminals?
いまやオバマは、軍事行動で首を突っこむという戦略的な大災厄からわれわれを救ってくれたかのように思われる。そしてタカ派には問題点を突きつける。
アサドがサリンを使用すれば合衆国は空爆に踏み切るべきだというのであれば、反体制派によるサリンの使用が確認されるとすれば、この国はそういった戦争犯罪人たちからは手を洗うべきではないだろうか?



inShare0
These might be related:
次のような関連サイトがあります。
1. Their War, Not Ours
2. Goading Gullible America Into War
3. Syria’s Insurrection Is Not America’s War
4. Obama’s War
5. Dress Rehearsal for a Mideast War?
6. A Community Organizer Goes to War
7. Is the GOP Becoming a War Party?
8. Make Congress Vote on War on Iran
9. Negotiations — or War With Iran?
10. Was Obama Stampeded Into War?

未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/05/04

パトリック・ブキャナン「法王と神不在の資本主義」

The Pope and Godless Capitalism
法王と神不在の資本主義
Friday - May 3, 2013 at 2:24 am


inShare0
By Patrick J. Buchanan
“This is called slave labor,” said Pope Francis.
The Holy Father was referring to the $40 a month paid to apparel workers at that eight-story garment factory in Bangladesh that collapsed on top of them, killing more than 400.
“Not paying a just wage … focusing exclusively on the balance books, on financial statements, only looking at personal profit. That goes against God!”
「これは奴隷労働と呼ぼう」、フランシスコ法王が言った。
法王は、ビル崩壊で400人以上が死んだ、バングラデシュの8階建ての衣料工場最上階のアパレル労働者の賃金が月額40ドルだったことについて語っているのである。
「賃金支払いのことだけではない・・・バランス・シート、会計資料に限ってみただけでも個人の利益だけしか考えていない。これは神の道に反する!」

The pope is describing the dark side of globalism.
Why is Bangladesh, after China, the second-largest producer of apparel in the world? Why are there 4,000 garment factories in that impoverished country which, a few decades ago, had almost none?
法王はグローバリズムの暗い側面を衝いている。
中国の次、世界第二のアパレル・メーカー、バングラデシュ、なぜなのか?
数10年前にはほとんど何もなかった貧乏国に、なぜ4000もの衣料工場があるのか?

Because the Asian subcontinent is where Western brands – from Disney to Gap to Benetton – can produce cheapest. They can do so because women and children will work for $1.50 a day crammed into factories that are rickety firetraps, where health and safety regulations are nonexistent.
This is what capitalism, devoid of a conscience, will produce.
なぜならこのアジア亜大陸は―ディズニーからギャップ、ベネトンまでの―西欧ブランド商品を最も廉価に製造できる出来るからである。それが出来るのは、非常口もないぼろ建物に詰めこまれて、衛生、安全規則もなく、一日1ドル50セントで働く女性や子どもたちが存在するからである。

Rescuers at the factory outside Dhaka have stopped looking for survivors, but expect to find hundreds more bodies in the rubble.
The Walt Disney Co., with sales of $40 billion a year, decided – after an apparel plant fire in November took the lives of 112 workers – to stop producing in Bangladesh. “The Disney ban now extends to other countries, including Pakistan,” says the New York Times, “where a fire last September killed 262 garment workers.”
ダッカ郊外のこの工場の救命隊は生存者の捜索を取りやめ、瓦礫の中、100以上の遺体の発見に切り替えた。
年間400億ドルを売り上げているウォルト・ディズニー社は―112名の労働者の犠牲を出した11月のアパレル工場火災のあと―バングラデシュにおける生産を停止した。
「ディズニーの製造中止は、パキスタンを含む他国にもいま拡がっている」、とニューヨーク・タイムズは書いた。「パキスタンでは昨年9月、火災で262名の衣料労働者が死んでいる」。

Not long ago, the shirts, skirts, suits and dresses Americans wore were “Made in the USA” – in plants in the Carolinas, Georgia and Louisiana, where the lower wages, lighter regulations and air conditioning that came after World War II had attracted the factories from New England.
それほど遠くはないむかし、アメリカ人の着るシャツ、スカート、スーツ、ドレスは、「メイドインUSA」だった―工場は、比較的低賃金で、規制もゆるく、また第二次大戦後エアコンが発達したためニューイングランドの工場を惹きつけた、南北カロライナ、ジョージア、ルイジアナ諸州にあった。

The American idea was that the 50 states and their citizens should compete with one another fairly. The feds set the health and safety standards that all factories had to meet, and imposed wage and hour laws. Some states offered lower wages, but there was a federal minimum wage.
アメリカ人の考え方は、50の州とその市民は、たがいにフェアに競争しなければならない、というものだった。連邦政府は、工場すべてが遵守すべき衛生と安全の基準を設定し、賃金と労働時間の法律を施行した。いくつかの州は低賃金を提示したものの、それは連邦の定める最低賃金だった。

How did we prevent companies from shutting down here and going to places like today’s Bangladesh to produce as cheaply as they could – without regard for the health and safety of their workers – and to send their products back here and kill the American factories?
From James Madison to the mid-20th century, we had a tariff.
国内の工場を閉めて、できるだけ安いコストで製品を作れるよう、現代のバングラデシュの様な国へ移転する―そこの労働者の衛生とか安全とかはまったく度外視して―そして製品を国内に持ちこんでアメリカの工場を殺してしまう、そのようなことを防ぐ処置をわれわれはどれほどしてきたのだろうか?
ジェームズ・マディソンの頃から20世紀の半ばまで、われわれには関税があった。

This provided revenue for the U.S. government to keep other taxes low and build the nation’s infrastructure. Tariffs prevented exploiters of labor from getting rich here on sweatshops abroad.
Tariffs favored U.S. companies by letting them compete for free in the U.S. market, while a cover charge was placed on foreign goods entering the USA. Foreign producers would pay tariffs for the privilege of competing here, while U.S. companies paid income taxes.
関税は、ほかの税金を低率にとどめ、国家のインフラストラクチャーを建設する資金を合衆国政府に与えた。関税は、海外の低賃金労働を利用して国内で金持ちになろうとする労働搾取経営者の出現を防いでいた。
関税は、米国市場で、米国産業が自由競争をすることに役立つ一方、合衆国に流入する外国産品の場所代を課すものとなっていた。米国の会社は所得税を支払うが、外国生産者は、米国内で競争できる特権のために関税を支払っていた。

Foreigners had to buy a ticket to the game. Americans got in free.
After all, it’s our country, isn’t it?
外国人はアメリカでゲームをするためにチケットを買わなければならなかった。アメリカ人は無料である。
いずれにせよ、それがわが国である。違いますか?

But in the late 20th century, America abandoned as “protectionism” what Henry Clay had called The American System. We gave up on economic patriotism. We gave up on the idea that the U.S. economy should be structured for the benefit of America and Americans first.
We embraced globalism.
しかし20世紀の終わり頃、アメリカは、ヘンリー・クレイがアメリカシステムと呼んだ「保護主義」を放棄した。われわれは経済的愛国主義を捨てた。われわれは、アメリカ経済はアメリカのためにアメリカ第一主義のために形成されなければならないという考え方を捨てた。
われわれはグローバリズムが大好きになった。

The ideological basis of globalism was that, just as what was best for America was a free market where U.S. companies produce and sell anywhere freely and equally in the U.S., this model can be applied worldwide.
We can create a global economy where companies produce where they wish and sell where they wish.
アメリカのいちばん良いところは、アメリカ国内のどこででも自由に、平等に、アメリカの会社がものを作り、売ることが出来る自由市場がある、という点にあったが、それと同じように、このモデルが世界中に通じ得ると考える点にグローバリズムのイデオロギー上の基盤はあった。
企業は望むところで生産が可能、望むところで販売が可能、というグローバル経済をわれわれは創造することが出来る。

As one might expect, the big boosters of the concept were the transnational corporations. They could now shift plants and factories out of the high-wage, well-regulated U.S. economy to Mexico, China and India, then to Bangladesh, Haiti and Cambodia, produce for pennies, ship their products back to the U.S., sell here at the same old price, and pocket the difference.
想像のつくところであるが、この考え方の推進者は多国籍企業である。これら企業は、高賃金で、規制の整備された米国経済をあとにしてメキシコ、中国、インド、それからバングラデシュ、ハイチ、カンボジアへとプラント、工場を移している。かれらは超廉価で製品を作り、合衆国へと船積みし、国内では元の値段で販売し、差額をポケットに入れている。

As some who were familiar with the decline of Great Britain predicted, this would lead inexorably to the deindustrialization of America, a halt to the steady rise in U.S. workers’ wages and standard of living, and the enrichment of a new class of corporatists.
大英帝国の崩壊を知悉するものたちは予言する。グローバリズムは容赦なくアメリカの非産業化を促進すると。米国労働者の賃金と生活水準の着実な上昇はとまる。そして企業家新階級の富裕化。

Meanwhile, other nations, believing yet in economic nationalism, would invade and capture huge slices of the U.S. market for their home companies, their “national champions.” The losers would be the companies that stayed in the USA and produced for the USA, with American workers.
一方、引き続き経済ナショナリズムを信じる他国が、それぞれの国内企業、「国家的チャンピオン」のために、米国市場の巨大な分け前にあずかろうと侵入してくることとなった。敗者は合衆国にとどまって、アメリカ人労働者を雇って、合衆国のために生産している会社となった。

And so it came to pass. U.S. real wages have not risen in 40 years.
In the first decade of the century, America lost 5 million to 6 million manufacturing jobs, one in every three we had, as 55,000 factories closed.
そう、はっきりした事実がある。アメリカの実質賃金は40年間上がっていない。
21世紀の最初の10年でアメリカは5-6百万の製造業雇用を失った。3人に1人の割合である。そして5万5千の工場が閉鎖された。

Since Bush 41 touted his New World Order, we have run trade deficits of $10 trillion – ten thousand billion dollars! Everybody – the EU, China, Japan, Mexico, Canada – now runs a trade surplus at the expense of the U.S.
We built the global economy – by gutting our own.
第41代ブッシュ大統領が、そのニューワールド・オーダー(世界新秩序)を唱えて以来、わが国は10兆ドルの貿易赤字を記録している!だれでも―EU、中国、日本、メキシコ、カナダ―いまは合衆国の犠牲において貿易黒字を稼いでいるのである。
われわれはグローバル経済を築き上げた―わが経済を骨抜きにして。


inShare0
These might be related:
次のような関連サイトがあります。

1. Enron and the Decline of Capitalism
2. The Dog Days of Capitalism
3. A Godless Party Expels the Creator
4. Pope Francis — Against the West?
5. Vulture Capitalism or Populist Demagoguery?
6. Scalia v. the Pope: Who’s Right on the Death Penalty?
7. How Capital Crushed Labor
8. Whose Country Is It, Anyway?
9. Now Korea Is Cleaning Our Clock
10. The Chickens of Globalization Come Home to Roost

未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/05/02

パトリック・ブキャナン「ガン・ウォー(銃規制問題の戦い)の勝者はだれか?」

Who Is Winning the Gun War?
ガン・ウォー(銃規制問題の戦い)の勝者はだれか?
Friday - April 12, 2013 at 3:55 pm


inShare1
By Patrick J. Buchanan
Attacks from abroad — Pearl Harbor, 9/11 — have united us.
Yet domestic atrocities lately seem only to deepen our divisions.
The bombing of the Murrah federal building in Oklahoma City was seized upon to savage government critics like Rush Limbaugh.
外からの攻撃―真珠湾、9.11―はわれわれを一つにした。
しかし国内の最近の銃撃事件は、われわれの亀裂を深めるだけのように見える。
オクラホマ・シティのミューラー連邦政府ビルの爆弾事件は、ラッシュ・リンボー(トーク・ショウのホスト)のような政府批判者に大きく取りあげられた。

After the murder of six innocents, including a 9-year-old girl, and the wounding of Rep. Gabrielle Giffords and a dozen others in Tucson, Ariz., by a certifiable lunatic, Sarah Palin was charged with moral complicity.
まさしく精神異常者の犯罪だった、9歳の女の子を含む何の罪もない9名の殺害、そしてガブリエル・ギフォード議員ほか10数名の負傷者が出たアリゾナ州タクソンの事件では、サラ・ペイリンは道義的共犯関係に問われた。

The slaughter of 20 first-graders at Sandy Hook Elementary in Newtown, Conn., put the National Rifle Association in the media cross hairs. With the massacres at Columbine, Virginia Tech and Ft. Hood, Tucson and Newtown are now the primary exhibits in the prosecution case for the disarming of America.
ニュータウンのサンディ・フック小学校での一年生20名の射殺事件では、メディアが全米ライフル協会に照準を定めた。コロンバイン高校、バージニア工科大学、フォート・フッド陸軍基地、タクソン大学、そしてニュータウンの銃乱射事件の数々は、いまやアメリカの非武装化を主張するための主要な証拠物件となっている。

Are the gun controllers winning? They have surely made gains.
Maryland, New York, Connecticut and Colorado have outlawed high-capacity magazines used in semiautomatic rifles and pistols. All four have outlawed all versions of the AR-15 rifle used in Newtown. All have imposed background checks on all gun purchasers.
銃規制の当事者たちは勝利をおさめているか?たしかに前進している。
メリーランド、ニューヨーク、コネチカット、コロラドの各州は、半自動式ライフルとピストルの高性能弾薬倉を非合法化した。ニュータウンで使われたAR-15式ライフルは、四州すべてで認められていない。四州は、銃購入者のすべての身元調査(バックグラウンド・チェック)を義務づけた。

Maryland has gone further. According to The Washington Post, Maryland’s law “would force gun buyers to provide fingerprints and undergo classroom training, target practice and background checks to obtain a license to buy a firearm. No state had sought to impose a licensing requirement in nearly 20 years.”
メリーランドはそれ以上のことを行っている。ワシントン・ポストによれば、メリーランド州法は「銃の購入者に指紋登録をさせ、講習と標的訓練を施し、火器購入免許のためのバックグラウンド・チェックを強制することとした」。

To make licensing and fingerprinting a condition of buying a gun seems a prima facie violation of the Second Amendment.
At the federal level, the going has been tougher for the gun controllers. Sens. Joe Manchin of West Virginia and Pat Toomey of Pennsylvania have introduced a bill to require background checks on all gun purchases on the Internet and at gun shows.
銃の購入の条件として免許と指紋登録を必要とさせることは、明白に修正憲法第2条に違反するように見られる。
連邦レベルで見ると、銃砲規制論者は、はるかに強硬路線を歩んできていた。上院議員、ウェスト・バージニアのジョー・マンチン、ペンシルベニアのパット・トゥーミ-は、インターネットと銃展示会における銃購入者のすべてについてバックグラウンド・チェックを必要とする法案を導入した。
Yet Harry Reid has warned that any attempt to outlaw th
e AR-15, the most popular rifle now selling in America, or limit magazines to 10 rounds might not carry 40 votes, let alone the 60 senators needed to stop a filibuster.
So who is winning this ideological and cultural war?
しかしハリー・レイドは、アメリカでいまもっとも人気のあるライフル、AR-15を非合法としたり、弾薬倉の販売を10個に制限したりする試みは、賛成票40も得られまい、と警告した。もちろん上院議員60名ほどは議事妨害行為をやめるべきだが。
となると、このイデオロギー的、文化的戦いの勝者は誰なのだろうか?

Measured by media coverage, the gun controllers. Mayor Michael Bloomberg is treated with a deference Wayne LaPierre of the NRA and Larry Pratt of Gun Owners of America will never know.
But measured by wins and losses, LaPierre and Pratt seem to be holding their own.
銃規制側に立つメディア論調から判断すると、NRA(全米ライフル協会)のウェイン・ラピエールやアメリカ銃保有者会のラリー・プラットが決して受けることのなさそうな敬意を以て、メディアはマイケル・ブルームバーグ市長を遇している。
しかし、勝ち負けの観点から見れば、ラピエールもプラットもしっかりとした基盤に乗っているようだ。

Polls show support for new gun laws dropping steadily. And there has been an explosion in sales of AR-15s and high-capacity magazines. Makers of the rifles cannot fill back orders. A number of Americans seem so fearful of new restrictions on their gun rights they are stocking up on weapons and ammunition as though the revolution were at hand.
世論調査は、新しい銃規制法に対する支持が着実に落ちていることを示している。またAR-15と高性能弾薬倉の購買ブームが起こっている。このライフルのメーカー各社は注文殺到に応じきれていない。多くのアメリカ人は、銃保有の権利を冒す新しい規制を懸念するあまり、あたかも革命が眼前に近づいているかのごとく、武器弾薬をストックしつつある。

Going back further, gun sales have soared in recent years. According to CNS News, there have been 70 million FBI background checks for gun purchases since February 2009.
In the last two decades, many states have passed laws allowing citizens to carry concealed weapons and reduced the number of sites where weapons may not be carried.
なおいえば、ここ数年、銃の販売は伸張していた。CNSニュースのつたえるところによれば、2009年2月以降、FBIによって7千万の銃購入者の身元調査が行われたという。
過去20年で多くの州が、武器を隠して携帯することを市民に許す法律を通過させ、武器の持ちこみ禁止区域を減少させた。

Gun manufacturers like Beretta in Maryland and Colt in Connecticut are talking about moving to more friendly states.
Another problem the gun controllers seem unable to overcome is the suspicion they are not being honest about their ultimate goal — and that goal is a place far beyond having criminal background checks.
メリーランド州のベレッタ、コネチカット州のコルトなどのメーカーは、もっと友好的な州に移転することを検討している。
もう一つの問題点は、銃規制派が指向するその最終目標―購入者の犯罪歴バックグラウンド・チェック問題などよりはるかに遠い所にある―に偽善があるのではないかという疑惑を、かれらが払拭できていないと見られる点にある。

What is behind the suspicion?
How many gun controllers who today profess their love of and loyalty to the Second Amendment spoke out against the new Maryland law that requires fingerprints and licensing?
その疑惑のもとには何があるのか?
修正憲法第2条を愛し守り抜くと、いま本音を語る銃規制派が、どれほど指紋押捺と免許制を必要とするメリーランド新法に抗議をしたか?

How many said Gov. Martin O’Malley had gone too far?
How many spoke out against the infamous Washington, D.C., gun law that was overturned by the Supreme Court in the 2007 Heller decision? How many would object to fastening something like that gun law on the entire nation?
マーチン・オマリー知事は行きすぎているというものが、どれほどいたか?
2007年のヘラー判決で最高裁が引っくり返した、悪名高きワシントンDCの銃規制法について、どれほどのものが反対の論陣を張ったか?そういった規制法を全土に張り巡らせることに反対するものがどれほどいたか?

Under that law, city residents were forbidden to own handguns, semiautomatics or any unregistered weapon. Only guns registered before 1976 were permitted to private citizens, and guns kept in the home had to be “unloaded, disassembled or bound by a trigger lock or similar device.”
銃規制法のもとで、都市住民は、ピストルや、半自動銃ないし未登録武器の保有を禁じられていた。個人に認められているものは、1976年以前に登録済みのもの、および、家庭において保持が許される銃は、「弾薬未装填で、分解された状態ないし引き金ロックまたは同様な装置で固定されているもの」でなければならなかった。

Law-abiding citizens were left naked to a criminal class in a city then known as the murder capital of America.
Joe Biden might call gun rights militants the “black helicopter crowd.” But if Second Amendment folks fear that outlawing the AR-15s is only the beginning for the Biden crowd, they may be not far off the mark.
遵法精神横溢の市民は、当時アメリカの殺人首都と名づけられた街で、犯罪人に対して丸裸の状態だった。
ジョー・バイデンは、銃保有権利を過激に叫ぶものたちを「ブラック・ヘリコプターの連中」と呼ぶかもしれない。しかし、修正憲法第2条崇拝者が、AR-15の非合法化はバイデン一派の戦闘開始であると懸念しているとしても、当たらずといえども遠からずだろう。

One need not be paranoid to get the sense that what gun controllers saw in Newtown was not only an atrocity but an opportunity — to advance toward their ultimate goal of overturning Heller and disarming America.
After all, only one more Obama justice is needed.
ニュータウンで規制派の見たものは、凄惨な現場だけではなく、ひとつのチャンス―ヘラー判決を覆し、アメリカを非武装化するというかれらの最終目標への一歩前進のチャンスだった。しかしそれが意味することについて大げさに考える必要はない。
結局、もう一つだけオバマには正義が必要なのである。

How often, for example, have Biden and Obama condemned their Hollywood bundlers for glamorizing automatic weapons in a thousand films that have reaped Hollywood untold billions of dollars?
たとえば、バイデンとオバマは、ハリウッドに何十億ドルもの無限の金を稼がせた無数の映画で、自動小銃の魅力を称えたハリウッド・セレブを非難したことがあっただろうか?

Has Obama ever called on the Hollywood moguls and actors who have contributed mightily to his campaign, or ex-Sen. Chris Dodd, head of the motion picture association, for restraint in the use of guns in films?
オバマはこれまで、選挙戦で大きく貢献したハリウッドの大物や俳優たち、ないし映画協会会長の元上院議員、クリス・ドッドを、映画のなかで銃の使用を抑制する趣旨のために訪問したことがあっただろうか?

未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/04/24

パット・ブキャナン「ツアルナエフ兄弟は失敗したのか?」

Did the Brothers Tsarnaev Fail?
ツアルナエフ兄弟は失敗したのか?
Tuesday - April 23, 2013 at 10:30 am


inShare0
By Patrick J. Buchanan
“Whatever they thought they could ultimately achieve, they’ve already failed,” says President Obama of the Boston Marathon bombers.
“They failed because the people of Boston refused to be intimidated. They failed because as Americans we refuse to be terrorized.”
「かれらが必ず成功すると思っていたとしても、もう失敗している」、とボストン・マラソンの爆破犯人についてオバマ大統領は語った。
「ボストン市民が脅迫に屈しなかったことで、彼らは失敗した。われわれアメリカ人がテロに毅然と対応したことでかれらは失敗した」。

Bostonians did react splendidly. From first responders to folks who gave blood, from hospital staffs to the FBI, ATF and state troopers, from the Boston and Watertown cops to the hostage rescue team that talked Dzhokhar Tsarnaev out of that boat.
But did the Brothers Tsarnaev really fail — as terrorists?
ボストン市民はめざましい反応を見せた。最初に動いた人たちから輸血提供者まで、病院スタッフから、FBI、ATF、州兵にいたるまで、ボストンとウォータータウンの警官から、ジョハール・ツアルナエフをボートから引っ張り出したといわれる人質救出チームまで。
しかしツアルナエフ兄弟は本当に失敗したといえるのか―テロリストとして?

On Sunday’s talk shows, a sub-theme was that this had been the “most successful terrorist attack since 9/11.”
For consider what these brothers accomplished.
By brazenly exploding two bombs right at the finish line of the marathon, with TV cameras all around, they killed three and injured, wounded and maimed 178 people for all the world to see.
日曜日のトーク・ショウのサブ・タイトルでは、この事件は「9.11以来もっとも成功したテロ攻撃である」となっていた。
この兄弟がやったことを考えてみよう。
TVカメラが周辺を取り囲むなか、マラソンのちょうどゴール地点で二発の爆弾を情け容赦なく爆発させて、兄弟は、世界中から見物にきた3名を殺害し、178名に重傷、傷害、四肢切断を負わせた。

Within hours, their atrocity had riveted the attention of the nation. Cable channels went wall to wall, as did major networks. By the evening of the attack, Massachusetts Gov. Deval Patrick and President Obama had gone live to reassure us they would be apprehended and justice done.
時をおかず、この暴虐は国民の視線を釘づけにした。主要ネットワーク、ケーブルテレビのチャネルもすみずみまで事件一色となった。マサチューセッツ州知事のデバル・パトリックとオバマ大統領は生中継で、犯人を逮捕して正義を貫くことを保証した。

Day two, Obama appeared again as the greatest manhunt in U.S. history was underway. On day four, the FBI released photos, imploring citizens to come forward and identify the men in the white and black caps.
二日目、オバマはまた登場して合衆国の歴史のなかでも最大級の探索が行われていることをつたえた。四日目、FBIは写真を公表し、市民に、白と黒のキャップをかぶっている男たちの身元捜しに協力を求めた。

That evening, the brothers murdered an MIT police officer, hijacked a Mercedes van and engaged in a gunfight with Watertown police that left Tamerlan Tsarnaev dead and his brother a fugitive.
その夜、兄弟はMITの警官を一人を射殺し、メルセデスのヴァンを乗っ取って、ウォータータウンの警官たちと銃撃戦となった。タメルラン・ツアルナエフは死亡し、弟は逃走した。

On Friday morning, Gov. Patrick went before the cameras to tell a stunned nation he was imposing a lockdown on all of Boston and half a dozen neighboring communities. Red Sox and Bruins games were canceled.
金曜日の朝、パトリック知事はTVカメラの前で、みなが驚いたことに、ボストン全市街と六つほどの隣接市町村を封鎖すると発表した。ボストン・レッド・ソックスとボストン・ブルインズの試合は中止となった。

A million people in and around the city of Paul Revere, of the Lexington and Concord patriots, of Bunker Hill, locked their doors and hid inside because a lone armed teenager with pipe bombs was on the loose.
Boston, said The New York Times, was a “ghost town.”
レキシントンとコンコードの戦い、バンカー・ヒルの愛国者、ポール・リビアの街、の内と外に住む100万の住民は、行方不明のたった一人のパイプ爆弾を所持するティーンエージャーのためにドアを閉めて家のなかに閉じこもった。
ボストンは、「ゴーストタウン」になった、とニューヨーク・タイムズが報じた。

“The scene was extraordinary. The hub of the universe, as Boston’s popular nickname would have it, was on lockdown from first light until near dark Friday. A massive dragnet for one man had brought a major U.S. city to an absolute standstill.
「その有様はとくべつである。宇宙の中心とも綽名がつけられそうなボストンは、金曜日、朝から夕暮れまで閉ざされた街となった。一人の男を捉える膨大な逮捕網が、有数のアメリカの大都市を絶対的静寂においた」。

“The people were gone, shops were locked, streets were barren, the trains did not run. The often-clogged Massachusetts Turnpike was as clear as a bowling lane.”
「人々はいなくなり、商店は閉じ、街は活気を失い、鉄道は動かなかった。しばしば渋滞するマサチューセッツ・ターンパイクはまるでボウリングのレーンのようにまっさらだった」。

Saturday, all six newspapers this writer receives led with the capture of Dzhokhar. “Frenzied Hunt Paralyzes Boston,” ran the Times banner.
TV and print media are still consumed with the brothers, their motives, their travel history, their Chechen background, their Islamic beliefs. And Washington is in a ferocious debate over whether Dzhokhar should be interrogated at length or read his Miranda rights.
土曜日、筆者の受け取る新聞紙6紙すべてに、ジョハール逮捕の見出しがおどった。
「逆上した逮捕劇、ボストンを麻痺させる」、タイムズのトップ記事である。
テレビと新聞はいまだに兄弟の話で持ちきりである。その動機、旅行の経歴、チェチェン人としての背景、イスラムの信仰心について。ワシントンでは、ジョハールは徹底的に調査すべき、またはミランダ権(自己負罪拒否権)が認められるべきと、猛烈な論議がまきおこっている。

Each side of the gun control and immigration debates claims the marathon massacre and its aftermath validates their position.
On April 15, the day the Tsarnaevs set off the pressure cooker bombs on Boylston Street, there were 40 bombings and shootings across Iraq that took the lives of 75 and wounded 350. No one in the outside world knows the names of those who set off these bombs, and no one cares. And Baghdad was not locked down.
銃規制、移民問題の賛否両サイドが、ボストン・マラソン虐殺事件とその余波について、自らの立場を正当化する議論を行っている。
4月15日、ツアルナエフがボイルストン・ストリートで圧力鍋爆弾を仕掛けた日、イラク国内では40件の爆破、射撃事件が起こっており、75名の犠牲者と350名の負傷者が出ている。外の世界では、こういった爆弾を仕掛けたものの名前を誰もが知らず、関心を持とうとはしていない。そしてバグダッドは別に封鎖されてもいない。

How, then, when these brothers are now as well-known as Timothy McVeigh, if not Osama bin Laden, and they committed an atrocity that mesmerized America for a week, and they forced a lockdown of one of our greatest cities, can it be said that they failed — as terrorists?
Worse may be yet to come.
オサマ・ビン・ラディンほどではないにしても、ティモシー・マクベイ(元死刑囚、1995年のオクラホマシティ連邦政府爆破事件の主犯)なみにこの兄弟が有名になった、かれらの残虐事件のために一週間ほどアメリカ全土が催眠術にかけられた、わが大都会の一つに封鎖が余儀なくされた、それでもかれらは―テロリストとして失敗したというのだろうか?
まだまだ悪いことは起りそうだ。

For, just as some of the perpetrators of the Columbine, Virginia Tech, Tucson, Aurora and Newtown massacres found inspiration and exemplars in mass murderers before them, so the Brothers Tsarnaev may have shown the way for those who hate us to go out in their own special blaze of glory.
なぜなら、コロンバイン高校、バージニア工科大、タクソン大学、オーロラ(映画館)、ニュータウン(小学校)の銃乱射事件で、あるものたちがインスピレーションを得たり、大量殺戮を眼前の模範としたりするように、ツアルナエフ兄弟も、かれらなりのとくべつな栄光の輝きとして、われわれを嫌うものたちにそのやり方を見せつけたのかもしれない。

All true Americans were with the people of Boston last week. Yet there are individuals to whom these brothers are heroes. Lest we forget. Millions across the Muslim world still believe bin Laden struck a blow for them when he sent those planes into the World Trade Center.
先週、真のアメリカ人たちは全員ボストン市民に心を寄せた。とはいえ、この兄弟をヒーローと崇めるものたちもいる。忘るなかれ。イスラム圏の数百万は、ワールド・トレードセンターに飛行機をぶつけたことで、ビン・ラ-ディンがかれらに一撃を与えたと信じている。

Al-Qaida has been growing and gaining recruits since 9/11. Yet, while Osama targeted the symbols of U.S. economic, military and political power — the Trade Center towers, the Pentagon, the Capitol — the Tsarnaevs hit a “soft target.” They went after innocent people engaged in the purely innocent activity of competing in and watching a sports event.
アル・カイダ勢力は伸びており、9/11以降、新人が増えている。しかし、オサマが合衆国の経済的、軍事的、政治的シンボル―トレードセンター・タワー、ペンタゴン、国会議事堂―を狙ったのに対して、ツアルナエフ兄弟は、「ソフトな目標」を狙った。かれらはスポーツの競い合い、そしてその見物という純粋無垢な行動をしていた純粋無垢な人々を追い回した。

And from the weapons and bombs they were carrying Thursday night, they were prepared to keep on killing, until killed themselves.
Suicide-seekers going after soft targets such as ballgames, concerts, malls, parades or school events is something other nations have known but we have largely avoided. Our luck may have run out.
Let us pray the Boston Marathon massacre is not the new paradigm for the sick souls
within.
そして木曜日の夜 、武器と爆弾を持ち歩いていたことから、かれらは、自分たちが殺されるまで人を殺し続けるつもりだった。
球技場、コンサート会場、ショッピング・モール、パレード、学校行事などのソフトな目標を狙う自爆テロは、ほかの国々ではみられるとしても、わが国ではほとんど回避されてきた。幸運は終ったのかもしれない。
ボストン・マラソン爆弾事件が、辞める心の新しいパラダイムとはならないことを祈ろう。


inShare0
These might be related:
下記に関連サイトがあります。

1. Why the War Party May Fail
2. The Brothers & Sisters War
3. Nixon and Obama Soul Brothers
4. The Unraveling of Obama’s Foreign Policy

未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。